上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、「海岸通」のボーカル録りをしたのですが、どうも出来が気に入らず、水曜日に再挑戦します。

ところで、先日のボーカルの先生のライブでは、色々と勉強になることがありました。
私は、先生に勧められ前列の2列目に座ったため、出演者を間近で見ることが出来ました。
そして、ちょうど先生が前に出てきて歌っている時に、歌い方などを見取り稽古していました。(^_^;)
先生の高音は素晴らしかったな~。
結構低いところの声も響いていて、とてもレンジが広いんだ~と感心しました。

それから、一番興味深かったのは、ロングトーンを出している時に、口が大きく開き、中が見えたのですが、(先生、見ちゃってごめんなさい。m(_ _)m)先生の舌が下あごにピッタリと張り付いていました。

私も昨日から真似をして下あごに付けようとしますが、なかなか上手く付かないですね。
私の想像では、喉を大きく開くためにあんな風になるのかな~と勝手に考えています。

舌と言えば、声を出している時に舌を動かすだけで音程が変わることを教えてもらいました。
なので、歌っている時に音程が自分の意志とは別に変わる時は、自分の舌の動きなんかをチェックすると意外と修正できる時があります。
それにしても、舌の動き一つで歌に影響するなんて、人の声って非常にデリケートなんですね。


さて、話は変わって、先日の予告通り、音楽の編集システムにPRO TOOLS を導入しました。
初めて使った印象ですが、いままでのSONARは、意外と初心者向きで、音の編集でも許容範囲が広かったのですが、PRO TOOLSは、やはりプロ使用なので音の扱いは非常にシビアです。
ただ、編集時の音と、ミックスダウンした音の差は小さく、より編集時のイメージ通りの音作りが出来るような気がします
まだまだ、さわり初めたばかりですが、これからもう少し研究してみたいと思います。

ついでに、2台のパソコンのうち1台を取り外して、そのディスプレイを使って、デュアルディスプレイにし、トラックの画面とミックスウィンドを同時に表示して、編集しやすいようにしました。

protools.jpg

やっぱり、録音に使うのなら、Mac Book Proの小さいやつが欲しいな~。
取り外したパソコンのパーツを売って買おうかな~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/76-5cdc01b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。