上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.25 譜面に忠実に
最近またBSで「のだめカンタービレ」をやっていたので、毎回録画してみていました。
番組の中で、千秋がのだめに「譜面と正面からぶつかれ」みたいなことを言っているのが妙に印象に残っています。

さて、最近ギターでは、リズムを読むために譜面をよく見ながら、ギターを弾きます。
譜面をちゃんと読まないで練習していくと、レッスンの時になって先生から「そこ違うよ」と言われ冷や汗をかいてしまします。(^_^;)
そんなおかげで、かなり複雑なリズムでもゆっくりさらうと、なんとか読むことができます。
特に、最近は16分音符の裏拍から入ったり、わざとリズムをずらしたやつとかが課題で出たおかげで、譜読みがかなり正確になってきました。

それともう一つ、歌うときに、音程を正確にとるために譜面を見ながら、怪しい音はギターで音を出してその音を拾って発声しています。
ただ、ギターはご存じの通り、フレットの押さえ具合によっては音がシャープ気味になるので本当はピアノの方がいいのですが、その辺はチューナーを確認しながら慎重にやってクリアしています。

そんな感じで、最近歌っている「Bridge over troubled water」の譜面を昨日見ながら、さらっていると、えっ?と思うくらいのミスに気づきました。

ミスは2カ所で、ワンコーラス目の ・・・・when tears in your eyes I will dry them all・・・のところで、eyes I willのフレーズの3つの音がすべて同じBでした。(オリジナルはCです)
実は今まで、2コーラス目の音で歌っていたことに気づいたのです。

もう一カ所は、さびの・・Like a Bridge over troubled water ・・・の部分で、waterが違っていました。
本当はwa-terが付点8分-付点4分なのに、4分-4分で歌っていました。

私の場合はどちらかというと、ギターもそうですがオリジナルを聞きながら耳コピーをして演奏したり歌ったりして、あまり今まで譜面を真剣に見ることはありませんでした。
なので、やっているうちに自分の良いようにだんだんと、勝手にオリジナルを変えてしまう傾向にあるみたいです。
最近、真剣に譜面を見るようになり、見るたびに、へ~っここはこうだったんだ~と、古い曲なのに新鮮な気分になれます。(^_^;)
つまり、正確に曲を把握していないと言うことだったんですね。

それと、歌でなかなか正確な音程がとれないのは、私の歌い方の癖が一つの原因なのではと思い始めました。
その癖とは、多分聞いている人はわかると思いますが、フレーズ終わりなんかをしゃくってしまいます。
そこで、前の音がいい加減になると最終的な譜面の正しい音に持って行くときに微妙にずれたりして安定しないのではないかと分析しています。
それでここのところ、意識してしゃくらないようにストレートに音を出すように気をつけていますが、なかなか音が飛ぶときはストレートに音を出すのって外したらどうしようと考えて、なかなか勇気がいりますよね。
この前の「22歳の別れ」も気をつけていたつもりですが、聞き直してみるとけっこうしゃくっていました。
ただ、歌とは別に、ギターの音が、すばらしい音で録音されていて、我ながらギターの音に惚れてしまいました。(*^_^*)

そんなことで、人の作った曲は勝手に作曲してはいけない、しっかりと譜面を確認すれと、自分に言い聞かせています。

やっぱり譜面には忠実ならないと、曲を作った人に失礼ですよね。
そんなことで、今日は半分、反省文のつもりで書いてみました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/62-a7e0f52c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。