上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ボーカルとエレキギターレッスンの日でした。
レッスンに向かう前に家で、最後の練習をして、そろそろ出発しようかと思った時に、いきなり、B弦が切れちゃいました。(>_<)
え~っ、時間がないのにと思いましたが、速攻で全弦を取り替えていざ出発です。

ボーカルレッスンでは、ファルセットの出し方についてアドバイスをいただきました。
私は、地声ではGが限界というか、調子が悪かったらF#かな~。
そしたら、ファルセットはというと、限界がB♭です。
なんか、裏声だともっと出るのか~と思って先週から何度か出してみましたが、全然出ないです。
やっぱり、レンジが狭いのでしょうか。

さて、このファルセットの出し方ですが、高い声よりさらに上あごの奥の方に声を当てます。
ところが、当てる場所が不安定らしく、かすった声になってしまいました。

先生からは、「力を抜いて少し優しく声を当てながらピンポイントで響く場所を探って見てください。」とアドバイスをいただきました。

響く場所がわかれば、地声でも響かせることは同じだと思うので、少しは楽に高いところが出せるようになったらいいですね。

レッスンでの課題曲では、今日は少し優しくリラックスして歌ったのですが、メリハリがなくなってしまい、曲のテンポが曖昧になってしまいました。
特に、バラードの曲はそういう間違いに落ち入り易いとのことでした。
なので、優しく歌っても、その中でしっかりとアクセントをつけてテンポ感を出さなければならないというアドバイスをいただきました。
なるほど、そうですよね。
音楽はテンポが刻めなくなったら、骨抜きになっちゃいますね。(^_^;)

もう一つ、自分の声の出し方で気付いたことがありましたが、それはまた後日にします。

そんな感じで、今日もいろいろと勉強になりました。m(_ _)m


さて、問題のエレキギターレッスンですが、前半は無難に課題曲をこなし、新しい課題曲が出るのかと思いきや、先生が「さあ、ちょっと戻ってこの前の・・・」、えっ!(^_^;)

そうです、予想したとおりの展開で、前回までの課題曲に逆戻りしたのです。
ところか、前回予想していたにの、すっかりノーマーク状態で、ここ2週間一度も弾いていませんでした。
わかっていたのに、油断していました。
とりあえず、2週間前まで必死で練習していた指の記憶に頼るしかありません。
指をもつれさせながら、なんとか思い出し冷や汗をかきながら弾きました。
先生は、「ちょっと指がもつれてますね。次は指を鍛えるテクニカルを中心にやりましょう。」
まあ、仕方ありません。
それにしても、この曲指使いが本当に難しいですよね・・・と言い訳してみました。
来週は、ギターレッスンが休みなので、2週間またみっちりと練習します。orz・・反省
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/50-eb59951e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。