上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.01
今日も朝から夕方まで休日出勤でした。
そして、午後4時頃から何気なく窓から外を見ると雪・・・(^_^;)
どおりで寒いはずですね。
仕事は午後5時過ぎまでで、今日は、車で仕事に行ってたのですが、まだ夏タイヤだったので、雪が積もったらどうしようと内心ドキドキしながら仕事をしていました。
ところが、仕事が終わる頃には雪はあがり、路面にも雪は積もっておらず、ホッとしました。

雪と言えば、雪が歌に出てくる曲がたくさんありますよね。
たとえば、小さい頃よく雪が降ったら歌った「雪」です。
雪やこんこあられやこんこ~♪

同じタイトルでも猫の歌っていた「雪」
札幌オリンピックの歌だったトワエモアの「虹と雪のバラード」
雨は夜更けすぎに雪へと・・と歌った山下達郎の「クリスマスイブ」
などなど、雪は曲になるんですね。

そして、かぐや姫の曲にも
「雪が降る日に」、「なごり雪」
という名曲があります。

ところが風の曲には、かろうじて「あいつ」の中に雪が出てくるくらいで、冬の歌があるのに、なぜか雪がつく曲がないんですね。
不思議です。

さて、今日は歌のレッスンで、いろいろとアドバイスをもらいました。
特に、最近自分でも気になっている、音が低いところでのピッチが安定しないことです。
高いところでは、息が強く当たるので、ピッチを保ちやすいのですが、低いところでは、息が強く当てることが出来ず、安定させることが出来ません。
もっともっと声を出して、低いところでも安定して出せるように練習あるのみです。

次に、歌の語尾をもっと大切すると言うことです。
まだまだ、ピッチを安定させて声を出すのに精一杯なのですが、このあたりは意識すれば出来るような気がします。

最後に、声にたくさんのオプションを持つことです。
曲の雰囲気に合わせて、いろいろな声のオプションを使って歌えた方がいいと言うことでした。
おそらく、これは、一つのしっかりとした声のベースを持って、その中で、優しい声、力強い声、泣きの声などを出すことなのかな~なんて解釈しました。
いつも同じ雰囲気、同じテンションの声ばかり聞いていると飽きちゃいますもんね。(^_^;)

いろいろと課題をもらいましたが、課題は自分にとって上手くなるための道筋だと思っていますので、これをクリアするための練習が楽しくなるから不思議です。
まあ、それだけ歌うこともギターを弾くことも・・・音楽が本当に好きです。
明日も、練習でギター弾いて、歌って楽しみます~。(^_^)~♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/47-0f54cb5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。