上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も殺人的な暑さです。
まだこの時間で30度以上あります。(>_<)
今日も、エアコンのお世話にならなければ寝られないですね。

さて、昨日の続きです。
私のピアノの弾き語りのリハが終わったときに、rosemaryさんが、「さて次は・・・、あっ、tomoさんのDesperadoですね。」とい言います。
私は、えっ???・・・状態です。
ちょっとした、行き違いでした。
ということで、プログラムに載ってしまったので、なんとか弾いてみますが、そう簡単にはいきません。
実はライブの3週間くらい前から、いとしのエリー1本に絞って練習していたため、Desperadoは弾いていませんでした。
せめて、1週間前に分かっていれば何とかなったのですが、もう後の祭りでした。
事前にプログラムを教えていただいていて、私の次の曲がDesperadoとなっていたので、誰が歌うんだろうな~と思っていましたが、そのときに誰が歌うのか聞いていれば良かったです。

それにしても、1年近く弾いていたのに、たった3週間くらいで弾けなくなるなんて情けないですね。
取り合えず、来年の課題とすることにしました。
ちょっとrosemaryさんは、残念そうでした。m(_ _)m

全部のリハが終わったのは、午後3時少し前でした。
リハが終わると遅い昼食を取り本番に備えます。

のんびりしている暇もなく、あっという間に本番の時間が来ました。
まずは、全体コーラス曲のギター伴奏です。
昨日も書きましたが、最後の決めのところで、ピアノとなかなかタイミングが合わず、どうなることかと思いましたが、不思議と本番は、きれいに決まりました。(^_^)v
終わった瞬間に、ピアノのryocoさんと目が合い、やりましたね~とニッコリ(^^)/

全体コーラス曲が終わり、次は、私のピアノの弾き語りの順番を待つだけです。
なんて思っていたら、あっという間に心の準備も出来ぬまま、私の番が来てしまいました。(>_<)
とにかく、歌はさておいて、ピアノだけでも間違えずに弾きたいという思いで、ピアノに向かいました。
ここで、若干のインターバルがあったため、rosemaryさんのMCが入りますが、私の指は早く弾かせて~と悲鳴を上げているのがわかりました。
とりあえず、リハの時みたいに指が震えないことを祈りながら待ちます。
途中、rosemaryさんが、私に何か聞いてきたのですが、このときは上の空で、何を聞かれてなんて答えたのか、記憶がありません。
ところが、昨日ビデオをチェックして、思わず赤面してしまいました。
なんであんなこと言ったんだろうな~。(>_<)

さあ、いよいよ、演奏が始まります。
今回は、イントロとサビの部分を、きれいな女性ばかりのコーラスグループのみなさんが、歌ってくれました。
そして、我が師匠のrosemaryさんは、私の隣で鈴を鳴らしてくれ、そして歌に入ってもずっと、心配そうに見ていてくれました。
ありがとうございます。m(_ _)m

演奏ですが、イントロは無難にこなし、続いてAメロです。
最初少し上ずりましたが、なんとかメロディーを維持できています。
続いてBメロです。
あれ?、えっ?なんで~。
ピアノから聞いたことのない伴奏が聞こえます。
誰が弾いてるの~・・・私ですね。
もう頭の中が真っ白です。
どこで元のコードに合わせようかと考えているうちに、あっという間にBメロが終わってしまいました。(>_<)
これも、昨日ビデオをチェックしてようやく、どうなったか分かりました。
この曲はAメロもBメロも最後のコード以外は同じで、D、F#monC#、D7と頭の音が1小節単位で半音ずつ下がっていくのですが、聞いてみると、半小節ずつ下がっていました。
いや~、今まで何度も練習して、コードこそ間違ったことはありますが、こんなふうに弾いたのは初めてです。
本番でこんな間違いをするとは、情けないです。(T_T)

1コーラスのサビからはなんとか取り戻し、間奏へ行きます。
私的には、この間奏が一番やばいと思っていたのに、間奏は、前半少し走りましたが、あっさりクリアしてしまいました。
ここで少し油断して、2コーラス目の頭の歌が少し崩れましたが、その後も難なくこなし、結局、1コーラスのBメロだけ大崩れしました。
まあ、悔やんでも仕方ないし、私にとっては、ピアノの弾き語りをライブでやること自体に意義がありました。
初めてのピアノ弾き語りでこれだけ出来れば良しなのかな~と逆に、ほっとしております。
なにより、歌が止まらなかったのが大収穫です。

そんな感じで、私のピアノ弾き語りデビューはほろ苦い経験で終わりましたが、この経験が次の糧になると前向きに思うことが出来ました。

私の出番は、前半はこれで終わりです。

続いて後半ですが、オープニングから曲のギター伴奏で、1曲おいて、makiさんのギターサポート、続いてギター伴奏と立て続けに出番が来ます。
後半オープニングの曲も、少しだけハプニングがありましたが、なんとかこなしました。
makiさんのギターサポート、昨日も書きましたが、初めて三線とのセッションです。
三線のお義兄さんですが、とても好青年で、また一緒にやりたいな~と思うくらいでした。
makiさんも、ギターは昨年より上手くなっていて、私がサポートしなくても良いんじゃないか~と感じました。
makiさんとは、私がギターをサポートするということから、二人で協力して曲を演奏するという形になりつつありますので、来年も楽しみにしていますね。(^_^)

続いて、曲伴奏です。
この曲は、伴奏は私のギター1本で、間奏と2コーラス目で鍵盤ハーモニカが入ります。
この曲は、A、Bメロともアルペジオでサビがストロークというオーソドックスなスタイルですが、単調になりがちだったので、AメロとBメロのリズムを変えたり、1コーラスと2コーラスのパターン変えたりと工夫しました。
なにより、ギター1本の伴奏で、またまたきれいなコーラスグループの女性3人が美しいハーモニーで歌うので、ピアノほどではありませんが、少々緊張しました。
ただ、ギターでしたので、たとえ失敗してもなんとでもなるので、そのあたりは臨機応変に演奏できました。
やっぱり、ギターとピアノのキャリアの差は大きいですね。

これで一応、単独での曲伴奏は終わり、あとはフィナーレのコーラス曲で、ピアノとの伴奏のみとなりました。
最後の曲は、サビの部分にギターを入れるのと、後は、最後のサビの2フレーズでフェイクを入れます。
実は、ギターではフェイクを入れたことがありますが、歌でフェイクは初めてで、最初は絶対出来ない~と思っていましたが、いざ本番では、終わってみるとあっさり歌うことが出来ました。(^_^;)
そんなものなんでしょうね。

最後のコーラス曲はおおいに盛り上がり、楽しくライブを終わらせることが出来ました。

ライブ全体では、昨年と比べ、ギターはたくさん弾くことが出来て楽しかったですし、ピアノの弾き語りも経験できて、私には実りあるライブだったです。

ちょっとスケジュール的にはハードでしたが、1度経験することによ、次回はもう少し効率的にできるかな~なんて思っています。
来年の話になりますが、仕事の都合がつけば、来年も是非参加したいですね。
なんていっても、Desperadoを弾き語りしなければなりませんからね。(^_^;)

こんな感じで、今年も楽しくライブに参加することが出来ました。
いっょしに参加された皆さんや、スタッフの方々、なにより、ライブの企画、準備、司会と私とは比べものにならないくらいハードにライブの開催にご尽力されたrosemaryさんには、本当に感謝しております。

来年も、また参加できたらいいな~と思いますので、よろしくお願いします。m(_ _)m
そして、お疲れ様でした。

とまあ、ここで終わってしまったら、な~んだと思われちゃいすよね。
多少失敗しててもいいから・・・なんて人はいないですよね。

色々考えました。
せっかくのピアノデビューですので、どうしよう記念になるし・・・
それに、コーラスがとてもきれだしな~・・・・
と、悩んだ末に、失敗した1コーラスBメロだけを編集してアップしようと言うことで、自分の気持ちと折り合いがつきましたので、やっぱりアップしますね。
画像も、私だけの動画になるように編集しています。
きれいな女性のみなさんをお見せできないのは残念ですが、もしみたい方がいらっしゃったら、来年会場へいらして下さい。
それでは、私のピアノ弾き語りデビューを・・・なんて、えらそうなものではないので、よろしくお願いします。

そして長文の日記を最後まで読んでいただいてありがとうございます。m(_ _)m

[広告] VPS



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/441-7be382c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。