上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の日曜日、ちょうど父の日のことでした。
実は、以前から少し小ぶりの弾きやすいギターが欲しいな~と思っていました。

今のD28はドレッドノート型で、宅録やライブですら音が暴れて扱いづらい時があります。
なので少しコントロールしやすいギターと思っていたのです。

それで、安い中古のOMかOOOでもあればと、ふらっと御茶ノ水に行ったのです。
そのときは、明確に目的があったので、誘惑に負けることはないと思っていました。

さて、何件かギターショップを回って最後にK楽器に行くと、店員さんが「お客さん、OOOタイプだとおすすめがありますよ。28ですが、うちの店のカスタムメーカーに直接オーダーして作ってもらったのが、最後2本だけあります。もうこれが最後です。値段はスタンダードと同じだから、超~お買い得です。」なんてそんなセールストークなんて今まで何度となく聞いていて、ふふ~んと聞き流していました。
なんでも、スタンダードのOOO28のドップ材だけD45グレード材を使っているとのことでした。
私は、所詮28だからな~、42でこの値段だったら・・・いやいや、今日は中古を探しに来たんだと、心に釘を刺しました。
店員さんは、「それではスタンダードとカスタムと弾き比べてください。」と言ってきました。
ほ~っ、来ましたね。
私は、前回もOM42を試奏して、う~ん、こんなものかな~、それにしてはちょっとお高いな~と、店員のセールストークを一蹴しました。

今回も、まあ、弾かせてくれるならいいか~と、気軽に、まずはスタンダードから弾くと、なるほどやっぱり28の音ですね。
OOOタイプなので、音量こそDタイプには劣りますが、音の立ち上がり輪郭はDより良いですね。
しかしD28の音です。

続いて、カスタムを、ジャラ~ん・・・・?
えっ!これって28すっか・・・・!!!
さっきのスタンダードっていったい何だったんだろう。
え~っ、これ良いんじゃないの~。

すかさず、店員は「さっきも言いましたが、昨年からのモデルで、値段の割には音が良くて、入ってはすぐに売り切れていますよ。普通この材を使ったカスタムだったらプラス10万はしますよ。それが今はスタンダードど同じ価格で出しています。おそらくこれが最後でしょう。」

そんなようなことを言っていたような気がしますが、そんなセールストークより、そのギターの音が私のハートをガッツリつかんで離しません。

音は、D28よりも深く、アメリカのメーカーから入ったばかりなのに、既に箱鳴りしています。
私のD28もけっこう鳴りが良かったのですが、最初は弦だけで鳴っていて、確か箱鳴りするまでに1年くらいかかったような気がします。

このギターは、ちょっと普通じゃないな~・・・・

と色々と頭の中で考えているうちに、気がついたらお持ち帰りしていました。(>_<)
いや~っやってしまいました。
予定よりもかなり予算オーバーです。

おかげで、これからの東京生活の小遣いがかなり少なくなり、あまり歩き回れなくなりそうです。
まあ、その分ギターを弾いて楽しめということでしょうかね。

ということで、今までD28と新しいOOO28の画像と音を比べてみてください。
音は、音量以外はノンエフェクトで、録音した位置もレックレベルも一緒です。
まあ、音はそれぞれ好みがあるので、皆さんが感じてください。

それでは、D28から

D28-1.jpg

もう4年が過ぎ、最近、少し良い色になってきました。
そして音は

[VOON] D28

続いてOOO28です。
OOO28.jpg

ボディーのくびれがD28より深くて、なにより小ぶりで抱えやすいです。
音は、

[VOON] OOO28

ちなみにどちらもピックを使わずに、指弾きです。

いかがですか、どちらもいい音ですよね。
えっ!演奏が下手くそですって、まあしばらく弾いていなかったので、勘弁してくださいね。(^_^;)

そうそう8月のライブは、このOOO28でいこうと思っていま~す。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/420-8a1321aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。