上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は、年明けから体調を崩し、1月は不調のまま、あっという間に過ぎてしまいました。
そして、今週からいよいよ2月に突入です。
2月はよく逃げると言いますが、つまり逃げるように1か月が過ぎてしまうと言うことですね。
そうなると、あっという間に3月になるのでしょうね。
なんとなく、この時期は気持ちの落ち着かない季節です。
暖かくなってきて気持がフワフワしてくるのか、そう言えば、この季節は子供の時は入学や進学、進級に伴うクラス替えがあった季節です。
大人になっても、就職や転勤の季節なので、体がなんとなく落ち着かないことを知っていて気持もそわそわしてくるのでしょうね。


今日は1か月ぶりにレッスンに行って来ました。
1か月もレッスンがなかったので、なんとなく自分の中で気持のペースがつかめなくて戸惑いも少しありました。(^^;)

さて、ボーカルレッスンからスタートです。
いつものようにストレッチから始まり、ブレス、発声練習といつもの流れでレッスンは進みました。
ところで、ブレス練習の時に先生が流した曲がオリビアの「Have you never been mellow(その風の誘惑)」です。
私は、この曲は聴く度に春だな~という気分になります。
というのも、この曲が日本で発売されたのは1975年の春で、ちょうど春にこの曲を良く聴いたことから、私の記憶がこの曲を聞く度に春を連想されるようになったんですね。
そして同じように、カーペンターズの「I won't last a day without you(愛は夢の中に)」もその前の年の春に発売されて、同じようにレコードを買って良く聴いたので、春を感じさせる曲になっています。

そんなことを思いながら、今日この曲を聴いた時に「春だな~」って言う言葉が出てしまいました。
その言葉を聞いた先生も、「私もこの曲と「なごり雪」が春を感じる歌です。」と言っていました。

「なごり雪」ですよね・・・・・(^^;)
私も「なごり雪」には特別な思い入れがあります。

私は、中学を卒業後、地元を離れてちょっと遠い場所へ進学したのですが、地元から電車に乗って離れる時に、なぜか当時好きだった人が頭の中に思い浮かび、好きな人と離ればなれになってしまうことに心の中で涙を流して歌いながら、その電車で地元を後にしました。(T_T)
まあ、青春時代の淡い思い出ですね。

私も歌には色々な思い出があって、今練習しているDesperadoにも特別な思い入れがあります。
まあ、そのことはまた後ほど・・・

今日は、最初から、なんとなくいつもより力が抜けてリラックス出来ていて、発声練習でも、いつもはAあたりが限界なのに、今日はBまで出たみたいです。
いつのまに、こんな高い声が出るようなってんでしょうね。
2年近くレッスンを受けている成果なのかもしれませんね。

さて、いよいよメインイベントのピアノの弾き語りです。
いつもは、ここで「よし!今日は絶対に完奏するぞ~」と意気込むのですが、今日は、最初からの流れで、気負いもなく、少しだけ気持を整えてピアノを弾き始めることが出来ました。

実は、先日の日記にも書いたとおり、約2週間全く練習出来ていなかったし、今週も仕事の関係であまり練習出来ていなかったのですが、なんか楽にピアノを弾き始めることが出来ました。

歌い始めで、久しぶりにPAを通して歌ったため、自分の声をモニターすることが出来ず、少しピッチを取るのに
苦労しましたが、慣れてくると少し安定してきて、ピアノもミスタッチが何カ所かあったものの、止まらずに最後まで演奏することが出来ました。

気がつくとエンディングを弾いていて、あら?最後まで出来ちゃった・・・・(^^;)
という感じで、レッスンで弾き語りを始めて、5か月にして始めて最後まで弾き語ることができました。
歌も、なんか自然に楽に歌えて、気持ちよかったです。

まだまだ修正しなければならないところはあるものの、なんとなく「やった~!」という気持でした。(^_^)v
この調子で、来週も弾けたら良いんですけどね・・・・


続いて、エレキギターです。
前回に引き続き、クラプトンの「Old Love」のソロのレッスンです。

今日は、ところどころ取りづらいところのリズム練習が中心でした。
今回のソロは6連符がふんだんに出てきて、その頭に休符が入り、変速なリズムで弾かなければなりません。
また、そのリズムも先生は、「ブルース独特のリズムで、けしてかっちりしたリズムではないけれども、それなりに乗らなければならないから、難しいんだよね。」とのことでした。
それでも、何度かリズム取りの練習をしているうちに少しずつ、指が覚えてきました。

なんとなく、イントロは弾けるようなったみたいですが、先生からは「まだリズムに乗れていないから、自分でバッキングを録音して、それに合わせて練習すると良いよ」とアドバイスをしてくれました。

イントロに続いて、歌の合間のオブリの部分も少しだけ練習しました。
ここでは、ほとんどが6連符で、聞くと凄い複雑なような感じがしたのですが、先生が起こした譜面を見ると、チョーキングが入っているものの、なんとペンタトニックスケールのうちの3の音しか使っていませんでした。
3つの音しか使っていないのに、なんと広がりのあるフレーズに聞こえるんでしょうね。
やっぱり、リズムなんですね。

私は、アドリブでソロを弾く時は、いつもいかに音を多く弾くかということを考えてしまいがちなのですが、けして音数が大事なのではなく、流れの中で、広がりのあるリズムでフレーズを弾くことが大事だと言うことを、今日はあらためて知らされ、勉強になりました。

さあ、来週からはいよいよバンド練習も再開します。
とは言え、あと3回ほどしか出来ないので、メンバーと少しでも楽しめるようにやりたいです。

また、昨年末から少し体に無理をかけ過ぎて年始めから体調を崩したので、これからは体と相談しながら、無理をせずに少しずつ練習を積んでいきたいな~と思っています。

今日も、久しぶりのレッス疲れました。
こんな時は、早寝に限りますね。(^_^)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/344-5a64cdc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。