上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の歌ではありません。
実は、今年は正月から軽いギックリ腰になり、痛い目に遭っていました。(T_T)
消炎剤を塗りながら、なるべく腰に負担がかからないように生活していて、ようやく昨日あたりから少し良くなりました。

それにしも、正月からギックリ腰とは・・・・
何となく今年は波乱の年となりそうな、そんな予感がしています。(^^;)

なぜかというと、私の家族には、一般的に厄年と言われる年男、年女が2人います。
私の嫁さんと息子は同じ卯年産まれで、2人の厄が私に来るのかもしれません。(>_<)
今年は、早く家族を連れて厄払いに行かなければ・・・・

今日は札幌周辺でもかなりの雪が降り、時々吹雪き模様でした。
おかげで、帰りのJRがポイントの故障などで、大混乱していました。
その影響で、帰りの電車が大幅に遅れて、帰宅時間も遅くなってしまいました。
ちょっとした誤算で、今日の練習は、ほんの少しだけとなりました。
まあ、天気が相手なので仕方ないですね。

ところで、最近ちょっとだけ気になることがありましたので、書いてみようと思います。
それは、ギターのチューニングです。

ギターって、結構チューニングが不安定な楽器だと思います。
それは、いくらきっちりチューニングしても、温度や湿度であっという間に木が動きチューニングが狂います。
また、弾いているうちに少しずつ音下がってくるのも、これはどうしようもないことだと思います。
それともう一つ、チューニングが合っていても、フレットの押さえ方でチューニングか微妙に変わります。

ただ、今はチューナーという便利なアイテムがあるので、こまめなチューニングが楽に出来るようになりました。
昔の話をすれば、またか~と思われるかもしれませんが、私がギターを始めた頃は、音叉を叩き、その音に5弦を合わせ、後はハーモニックスや同音でチューニングしました。

音叉でのチューニングは、自分の耳でチューニングするため、いつのまにか耳がかなり鍛えられたような気がします。
その癖が未だに抜けなくて、チューナーでチューニングしていても、メーターだけではなく、音も一緒に聞いて合わせています。
 
さて、最近youtubeなどの動画を見ていて、明らかにチューニングが狂っている演奏を聴いて、弾いている人はチューニングが狂っていることを知っているのかな~という疑問が浮かび上がってきます。

実はある人から、最近の人は、ちゃんとチューニング出来る人が少ないと言うことを聞きました。
私は、その人に「チューナーがあるのになんで・・・」というと、「チューナーがあっても出来ないらしい」とのことでした。

チューニングも慣れです。
もし、自分でちゃんとチューニング出来ないと思う方は、とにかく毎日しっかりとチューニングする癖を付けてください。
それも、ギターを1曲弾く度に必ずチューニングを確認することです。
そうしているうちに、知らず知らずのうちに、しっかりとしたチューニングが素早く出来るようになると思います。

チューニングの狂った演奏は、いくらテクニックがあってカッコイイ演奏をしても、ちょっとまずいと思います。
私は、きちっとチューニングしているギターであれば、多少テクニックがなくても安心して聞いていられます。

とにかく、ギターを弾く上でというか、楽器を演奏する上で、チューニングは基本中の基本です、ちょっとチューニング苦手なんだよな~と思われる方は、是非頑張ってやってみてください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/327-bfadd39e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。