上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.20 発音
今日は、急な仕事が入って、帰宅したのは先ほどでした。
おまけに、明日まで続く仕事なので、明日の北見出張は急遽中止し、別の同僚が行くことになりました。
まあ、この時期あまり遠出したくなかったので、良かったんですけどね。
今日練習出来なかった分、明日出来るようになったので、良しとしましょう。

さて、昨日、のんびりとyoutubeを見ていました。
何を見ていたかというと、今練習しているDesperadoを他の皆さんどう歌っているのか見て研究していました。

その中で気になったのが、ある女性がギターで弾き語りしているDesperadoです。
とても歌が上手く、色々調べ見ると、彼女の歌がTV番組の挿入歌みたいなものにも使われていて、おそらくアマチュアとプロの境目にいる人なのかな~と思います。
おまけに興味をひいたのは北海道出身と言うことでした。

それで、その方のライブの動画がアップされていて、自分の参考にしょうと思い、その人の歌に合わせて口ずさんでいました。
その方は、とても良い雰囲気をもっていて、自分自身の歌に入りながら歌っています。
私でしたから、ギターなら入りながら歌えますが、ピアノではちょっと無理ですね。

さて、その人の歌に合わせていると、突然?????
えっ!今、なんて歌ったの?と、もう一度その部分を聞き返してみましたが、分かりません。
何度聞いても、歌詞の単語には聞こえないんです。
一応、私も40代のころ、英語に興味があって、レッスン中は日本語禁止のネイティブが講師の教室で4年ほど英会話を習っていました。
それで、当時は、日常の英会話では不自由することないくらい話せましたし、2級ですが英検も取りました。

英語は話していないとしゃべられなくなるので、今でこそ会話は出来なくなりましたが、リスニング力はまだまだ落ちていないと思っています。
ちなみに、今でも映画では字幕を見なくてもおおむね分かるくらいです。

そこで、日本人ではなく、外国人が歌っているこの歌を数曲聴いてみましたが、はっきりと聞き取れました。
なんとなく、ほっとしました。(^^;)

ということはと思いもう一度聴いてみると、予想通り何語かわからない単語を使っていました。
おそらく、耳で聞いて覚えたのか、こんな風に発音しているのではないかと詞を見ないで歌っているのだと思います。

私も、中学の頃、良くカーペンターズの曲を聴きながら歌っていましたが、詞を見てもその詞通りに聞こえないので、耳で聞こえたとおりに歌っていたのですが、英会話を習っている時に、発音を一から勉強し直して、英語が聞けるようになると自分でもちゃんとその通り発音できるようになるから不思議でした。

つまり、英語の発音の仕方を知らないのだと思います。

なんか、格好良く歌っているのに、ガッカリ・・・・・
まあ、けっこう彼女にはファンが付いているみたいなので、これ以上は書けませんが、だれか教えてあげればいいのにな~と思っています。

そのほかに、他のプロの方が歌っている動画には、おそらく英語圏内の人から、「あんたの発音はなってないよ~」と厳しいコメントされている方もいました。
怖いですね~。(^^;)

私が英語圏の講師の方から聞いた話では、「日本人はちゃんと発音できないのにかっこつけてネイティブの真似をする人が多い。そんな英語は通じないから、かっこを付けないで基本通りのしっかりとした発音をした方が我々には聞きやすい。」と日本人の陥りやすい欠点を指摘されました。

それで自分はどうなのよと、今日チェックのためにiPhoneに入れた昨日アップした音源を聴いてみると、単語の終わりの子音が抜けているところが2~3か所ありました。
これは、最初の頃よく先生に注意されたことでした。
発音も、習ってた頃よりは日本人的になっていますが、できるだけ丁寧に発音しているつもりでした。

子音は、会話では抜けることはないのですが、私の場合、歌では発声のタイミングとかで落ちることがあるみたいです。
まあ、それくらいならまだ良いのですが、致命的な発音ミスを発見し、慌てて先ほど昨日の音源を削除しました。(^^;)

何をミスったというと、mの発音をnで発音していました。
これではまるっきり違うの単語になってしまいます。
だから、いつも自分の録音を聴いてチェックするのって大事なんですよね。

歌っている時は、自分なりにちゃんと歌っていると思っているので、あらためて録音した自分の歌を聴くのは、歌の上達には不可欠だと思っています。

皆さんも、上手くなりたいな~と思う人はギターでも歌でも、録音して客観的に分析してみることをおすすめします。
特に、英語の歌を歌う時には、省略形などのルールに従って発音している場合は別として、かっこつけずに、わかりやすい発音で歌いましょうね。
というのが、今回の教訓でした。

あ~あ、また余計なこと書いちゃったかな~(^^;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/312-9d1f1d08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。