上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、2回目の歯医者の日でした。
先週、治療が終わって会計をしたときに、次はいつ予約しますか?
の問いかけに、私は、「えっ?まだ来なければ行けないんですか?」とつい聞いてしまいしまた。
そう、まだ1本虫歯の歯があるらしく・・・・・・

ということで、今日、勇気を振り絞って歯医者に行って来ました。
先生は、私の左の上の一番奥の奥歯のあたりを見ています。
そして、「う~ん」と難しそうな声を出します。
えっ?ひどいのか~と、一瞬心臓がバクバク・・・・

先生は、「ちょうど奥歯の奥に小さな穴が空いてるだけど、その位置だと削れないんですよね。」
なに~、どうするんだ~と内心ヒヤヒヤです。
そうすると、先生は、「削れないけど、磨いてみますね。」と言いました。
私は、ん?ブラシで磨くのかと思いましたが、次の瞬間、ガッガ~と何かで歯を削っているような音がします。
そう、電気ヤスリみたいなもので歯を磨いているような感じです。

先生は、「とりあえず磨いてみましたが、虫歯は完全には取れていません。ただ虫歯は小さくて、ちゃんと歯を磨いていればこれ以上は進行しないでしょう」と言いました。
私は、「先生、私は毎日1時間近く歯を磨いていたのに虫歯になったんですよね~」と聞くと、先生は「この虫歯は最近のものではなくて、おそらくちゃんと歯を磨けていない時期があって、その時に出来たものですよ。」と説明してくれました。

実は、私は、2年前に歯周病で歯茎が腫れて歯医者に通たときに、先生に歯がちゃんと磨けていないからこんな風になるんだよと言われたため、それまでは、申し訳程度にしていた歯磨きを、丁寧にじっくりと磨くようにしました。
そのうち、それが日課となり、さすがに朝はそんなに時間は彼らませんが、寝る前には、40分から1時間くらいのんびりと歯を磨く癖が付いてしまいました。
今も、歯を磨きながらこの記事を書いています。(^^;)

結局は、右上の奥歯は手遅れで昨年抜く羽目になりましたが、以前はどす黒かった歯茎が今ではピンク色の健康的な歯茎となり、先週治療の時も、先生から「歯はしっかりと磨けてますね。」とお褒めの言葉をいただきました。

それにしても、もともと歯の健康優良児だった私が、この年になってなぜ虫歯になったかは未だに不明です。
若い時に、歯医者に勤めていた嫁さんが、「そんな年になって虫歯に罹る人なんて、普通いないよ~」と冷たく私を突き放したくらいです。

これからは、何があっても1年に1回は歯医者さんに言ってクリーニングをしてもらった方が良いみたいです。
その時に、歯の状態も見てもらえますからね。

あと、1つ願いが叶うとしたら、先週詰めたものが、一生取れないでいて欲しいです。
麻酔をかけて歯を削られるなんて、想像しただけでも、気絶しそうになりますよね。(>_<)

そんなことで、今回は2回目の今日で治療は終了でした。
あ~、本当に怖かった~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/307-f59747ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。