上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいユニットで、本年最後のライブをやってきました。
昨日は、私が今まで何度かお世話になっている、「ありがとう」という、こちらのお店です。
http://www17.plala.or.jp/arigatojp2004/
いつも、演奏や歌に情熱あふれる方々が集り、聴いているだけで大変刺激になるお店です。
なんと言っても、皆さんが静かに演奏を聴くというマナーが確立されたお店で、演奏される方も真剣勝負さながらのパフォーマンスを披露してくれます。

今回も、私たちを含め14組の皆さんが参加し、それぞれの方々が熱唱してくれました。
私たちの出演順は、当初15組中の14番目でしたが、最後の方が欠席されたと言うことで、一番最後の出演となりました。
・・・えっ!ということは、初参加の私たちがトリですか~(^^;)

私は、ここのお店での演奏は5回目になるのですが、なぜか緊張します。
それは皆さんの熱い演奏を聴いて、自分たちもしっかりやらなければとプレッシャーとなるからだと思います。

今まで経験のある私でも緊張するのですから、ほかの2人は初めての場所で、そしてその雰囲気を感じて緊張しないはずがありません。
Vo&Guのしずかさんは、「私こんなところで歌って良いんでしょうか~」と不安な様子でした。
なので、私は、毎年やっている教室の発表会ライブを例に出し、「あれよりも緊張しないでしょう」と落ち着かせます。
と言いながら、私もここでやるのは半年振りなので緊張もピークを越えていました。(^^;)

そんなところで、いよいよ私たちの順番がやってきました。
それぞれの組の持ち時間は10分なので、演奏は2曲が暗黙の了解となっています。

私たち以外の参加していた方々は、ほとんどがここの常連さんで、私たちがステージに上がると、会場から、初参加の私たちの演奏に注目している視線をとひしひしと感じました。

まず、1曲目は、しずかさんの歌で吉田拓郎の「落陽」です。
ここには、拓郎ファンの方が結構いらっしゃるので、拓郎の曲をやるのは冒険でしたが、もともとしずかさんは拓郎の曲が好きなこともあって、いつも練習では良い感じで歌えていたし、今までとはひと味違う女性が拓郎の曲を歌うと言うことで、いけるかなと思っていました。

さすがに横で聴いていて少し緊張ぎみかな~と感じるところもありましたが、今回のステージでも、いつものように「落陽」を熱唱してくれました。
聴いてくれた方々も、女性が拓郎の曲を歌っているのと、Bassのしんちゃんが良い感じで演奏してくれた相乗効果で、まずは良い印象を得てくれたみたいでした。

つづいて、2曲目は私の歌でガロの「学生街の喫茶店」です。
先週のライブで少しとちったこともあり、1週間で出来る限り修正しました。
やっぱり、歌は低いところのピッチが苦しかったのと、予想外の緊張で悪戦苦闘しましたが、「懐かしいね~」という言葉を皆さんからいただきました。

こんな感じで、あっという間の2曲でしたが、演奏が終わると、ほかの参加していた皆さんが、しずかさんに「女性の落陽もなかなかいいですね~」などと声をかけていただき、しずかさんも感動しておりました。

正直、今のユニットではまだここに出るのは少し早いかな~とも思ったのですが、しずかさんや、しんちゃんは普段から一生懸命練習してたし、お店に来て、自分たちの演奏を待っている間、ほかの参加者の方々の演奏を聴いて、良い刺激を受けたみたいで、今回の演奏は今までで一番良い演奏をすることが出来ました。
なので私は、少し背伸びしてもここでやり、ユニット自体が少しレベルアップできたな~と感じました。

それにしても、いつにもまして、マスターやお店に来ている方々が初参加の私たちに、暖かく声をかけてくれることが一番嬉しかったです。
本当に、いつも感謝しています。m(_ _)m

今のユニットでなんとか演奏できたので、これからは定期的に「ありがとう」のステージに参加させていただこうと3人で決意しました。

こんな感じで、今年最後のライブは終了しましたが、まだまだ未完成なユニットなので、これからもっと練習して、来年は今年以上に良い演奏ができるように頑張っていこうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/292-bd4cf11c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。