上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前エレキギターのレッスンで教えてもらった、トニックスケールコードですが、たとえばCのスケールの4声コードならばならば、

 CM7、Dm7、Em7、FM7、G7、Am7、Bm7♭5

となります。

さて、なぜこのコードになるのかというと、実のところあまりよく分かりませんでした。

ところが、先日なにげなくピアノを弾いていて、4声のコードをCのキーで白鍵を1つずつ右にずらしていくと、あらら・・・これってトニックスケールコードじゃないの~と気付くのが遅いくらいですが、一瞬にしてその意味がかわりました。

そんなの当たり前じゃないの~と思う人は、この先読んでも仕方ありませんので、一応お断りしておきます。

つまり、Cメジャーのキーということは、ピアノのスケールでは、Cから始まってオクターブ上のCまで行きます。
当然、譜面にはシャープもフラットもないので全部白鍵です。

そこで、まずは、最初のCのコードを押さえますが、3声ならCを基準にして3度ずつ(白鍵の一つおきの鍵盤)3つの音を押さえます。
Cは、C、E、G(ドミソ)です。
それに4声目を加えるとBなので、Cの場合はC、E、G、Bとなり、CM7コードとなります。
これと同じように、次のDだと、D、F、A、CとなりDm7という風に、順番に押さえていくと上のコードになります。

ギターだとフレット上を音さえるのであまりこの感覚がイメージできませんでしたが、ピアノだと一目瞭然で、一瞬にしてひらめきました。

おそらく、ピアノを弾いていなければ、一生、Cのトニックスケールコードは・・・・と暗記したコードしか出てこなかったとおいます。
そんなことで、ピアノをやっていることで思わぬ効果が現れました。


さて昨日、練習を休んだおかげで、気分的にはリフレッシュ出来たものの、今日の練習では予想通りギターもピアノも歌も全然ダメでした。
おまけに、思い通りに行かないので普段より時間がかかり、午後7時過ぎに練習を始めて予定では10時ころ終わらせるはずだったのに、なんとか終わらせたのは午後11時少し前です。

あまりにも、時間をかけすぎです。
このままだと、悪循環にはまってしまいますね。

とにかく、上手くいってもいかなくても、決めた時間でスパッと止めるしかないのですが、そうするとストレスがたまりそうだし・・・・
今のところ解決策は見いだせません。

やっぱり3つ掛け持ちはきついのでしょうかね。
何とかしたいな~。(-_-)

・・・・なんて、そんなこと考えたら今日は、寝られなくなるので、今日のことはすっぱり忘れて、また明日、1から出直すつもりでやろうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/282-ad4924b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。