上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、新しいメンバーと初めてのライブでした。

夕方、メンバーが集まり、教室にあるスタジオを借りてライブ前のリハをしました。
リハでは、最後の曲のチェックが主で、それぞれ確認しながら、本番への調整をしました。
予定では、メインボーカルの子(19歳の男の子です)が4曲とギター担当のSさん(女性です)が1曲と計5曲です。

リハ中にどうしても1曲だけエンディングがしっくりこなくて、みんなでどうしようと話をしているうちに、私のボーカルレッスンの時間がきてしまい、途中で一旦リハを離れました。


さて、レッスンでは、先生が「今日のレッスンは、ライブのウォーミングアップですね。」と言ってくれましたが、今回は歌う予定がないので・・・・
ストレッチや、発声練習のあと、練習曲のピアノの弾き語りです。
自宅では、ピアノは、ほぼ間違わないように弾けるようになったので、教室でも大丈夫かな~と思いきや、昨日は、いつもと違うレッスン室で、ピアノも違うピアノでした。
そんなことが、微妙に影響したのか、またしても途中でピアノを間違ってしまいました。
先生も「家では間違わないように弾けてるんですよね。」と不思議に思っているみたいでした。

私にとってピアノって非常にデリケートで、歌い方を少し変えただけでピアノに影響して間違ってしまいます。
まだ、未熟なだけなんですけどね。
ピアノを始めて2か月ちょっとなので、こんなもでしょうか。

私の中では、レッスンで間違わないで弾けるようになったら、ライブでも大丈夫だと思っているので、ここで弾き語りできたら、ライブでもやってみようと決めています。

あとは、細かいところのアドバイスをいただいて、レッスンは終わりました。


引き続き、そのままリハスタジオに戻り、最後の1曲を併せてリハを終了させました。

・・・・あっ!Sさんとの曲をやるのを忘れていました。(^^;)
まあ、大丈夫でしょう~。


ライブの会場は、ススキノにあるバーです。
そこのマスターも音楽をやっていて、Sさんが友人から紹介してもらい、そこのお店でライブをやらせてもらっているとのことでした。

とりあえず、皆で夕食をとり、午後9時頃お店に着きました。
そして、突然、見たことのある方がお店にはっいて来ました・・・・・あっ!ギターの先生だ~(^^;)
やっぱり来たんですね。
前回も書きましたが、私を含め先生の弟子が3人いるので、先生も来てくれたみたいです。


ライブを始めたのは午後10時少し前でした。
今回は、ビデオを用意していたのですが、初めての場所で勝手が分からず、ビデオを設置することが出来ませんでした。
次回は、なんとか設置したいと思っています。

ライブでは、まずメインボーカルの子の曲4曲をやりました。

1曲目は、BIGNの「恋しくて」です。
私は、ライブ慣れしているので特に緊張はしなかったのですが、なんと言っても、私のギターの先生が目の前に座っていたので、少しプレッシャーを感じながらの演奏でした。
そして、イントロで、ちょっとミスってしまいましたが、全体的にはまずまずでした。

2曲目は、森山直太朗の「愛しき君へ」です。
この曲は、指弾きのアルペジオでしっとりと弾きました。
良い感じで2曲目も終わります。

3曲目はサザンの「真夏の果実」です。
この曲は、ピックでアルペジオ&ストロークで決めました。

さて、問題は4曲目で、ケミストリーの「君をさがしてた」です。
この曲はコードワークが複雑で、曲の9割がバレーコードです。
おまけに、ふんだんに♭5が出てくるので、この曲1曲で左手が痺れてしまいます。(>_<)
なので、曲順も一番最後にしてもらいました。
案の定、いたるところでミスしました。(^^;)
もう少し、練習すれば慣れるとは思いますが…

ここで、Sさんにボーカル交代です。
Sさんは、井上陽水の「傘がない」1曲をやる予定でしたが、いきなりSさんが「その前に2曲やって良いですか?」と私の言いました。
私は、えっ?いきなりぶっつけ本番ですか~・・・・・(^^;)
私は、ここで根性を決めて、Sさんの用意していた譜面を一緒に見ながら弾くことにしました。

まず、1曲目は猫の「雪」です。
この曲は弾いたことはありませんが、知っている曲なので、譜面を見ながら何とか、やっつけました。

続いて2曲目は吉田拓郎の「落陽」です。
この曲も昔弾いたことがありますが、ここ何年も弾いていません。
おまけに、女性なので、転調してあって、自分の知っているコードではありませんでした。
それでも曲はよく知っているので、譜面を見ながら一発勝負しました。

そして、最後にようやく井上陽水の「傘がない」で終了です。

とここで、お決まりのアンコールがかかります・・・・・・えっ?そういえばアンコールなんて用意してないですよね・・・・どうしましょう(^^;)

そうすると、マスターが、「そしたら私がリクエストをします。NSPの「さよなら」をやってください。」と言ってきました。
う~ん、懐かしいですね~・・・・なんてそんなこと言っている場合ではありません。

たまたま、「傘がない」を弾くために私が持って行っていた歌本にその曲が載っていたので、よしこれでやろう・・・・
えっ?誰が歌うの・・・・・σ(^^;)

私は、今回は歌う予定はなかったので、なんの準備もしていませんでしたが、仕方ありません、この曲を歌えるのは私しかいませんでした。
これもぶっつけ本番で、この曲を弾くのはおそらく30年ぶりくらいでしたが、なんとか私の弾き語りで、リクエストに応えることが出来ました。

冷や汗をかきながら、ようやくアンコールを終了して、これで終わりと思いきや、続けてマスターが「風の曲をやってよ」とまたまたリクエストです。

なぜ、風の曲かというと、ライブの前にマスターと話しているときに、マスターが「「ありがとう」ってところしっているかい?」と聞いてきました。
「ありがとう」は、私とsuger.nさんがいつもライブをやるところなので、私はマスターに「今まで4回ほどそこでやってます。最近は風の曲なんかをやりました」と話したことが発端でした。
実は、奇遇にもマスターも「ありがとう」で何度か出ているとのことでした。
世の中って狭いですね。

風の曲って・・・・マスターは「ちょっと今思い出すから、まずはやってよ」と言います。
ここで、Sさんは、「22才の別れ」ならできるとのことなので、私もこの曲なら普段から弾いているのでOKでした。
ところで、Sさんは、私と同じくらいの年齢・・少し私より年下ですが・・・なので、私と同じ年代で、聴いていた曲もほぼ同じでした。
それで、当時はアコギを弾く人はみんなと言っていいほど「22才の別れ」を弾いていました。

この曲もSさんとは今まで一度も合わせたことはありませんでしたが、私がいつものようにリードギターを担当し、Sさんがサイドを担当して演奏しましたが、不思議ときれいに決まりました。
当然、この曲も私が歌いました。(^^;)

そして、この曲が終わったところで、マスターが「曲名は分からないけど~僕の部屋の夕暮れは~という出だしの曲なんだよね」と言います。
私は風の曲を全曲知っていますので、出だしを聞いただけですぐに「冬京」だと分かりました。
おまけにこの曲は私のレパートリーです。
当然ながら、この曲を知っているのはメンバーで私一人、この曲も私の弾き語りで・・・・

そんなとで、歌う予定がなかったのに、3曲も歌ってしまいました。

ここで、ようやくライブが終了です。

ライブの後は、そこのお店でメンバーやマスターと色々とお話をしているうちに気づいたら午前1時でした。
そこで、とりあえず、今日はお開きにして帰宅することにしました。
最後は、マスターが「今度、「ありがとう」でやろうよ。」と言ってくれ、私は「そしたら今度はこのメンバーでやってみようかな~」などとお話をしてお店を後にしました。

帰宅したのは午前2時で結局寝たのは午前3時くらいでした。
おかげで、今日の起床は昼でした。
まあ、たまにはいいかな~(^^;)

いや~、本当に予定外のことばかりのライブでしたが、けっこう楽しめたので良かったです。(^_^)v
次回は、11月20日と決めているので、次回までもう少しギターを弾き込んで行きたいと思っています。
そして、次回は私も歌う曲を用意していないと今回みたいに不測の事態に対応できないのですよね。

メンバーからも次は絶対に歌ってよっと言われています。
本当は、ギターだけで一杯一杯なんですが、なんとか頑張ってみようと思います。

そんな感じで、新しいメンバーとの初ライブは無事?終了しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/253-172b0a67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。