上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、私がピアノの弾き語りに挑戦しているのは、皆さんご存じと思いますが、アップしている動画で私が弾いているのは、グランドピアノです。
ん?なんでピアノが弾けないオヤジの家にグランドピアノがあるのかというと、何度か日記にも書いていますが、私の息子が昔ピアノを弾いていたからです。

息子は、5歳の時に突然、「ピアノが弾きたい」と言い出し、もともとギターを弾いていて音楽が好きだった私は、当時、まあ、子供が弾くんだから電子ピアノで良いだろうと、買ってやりました。
私はもともとギターしか弾けず、鍵盤が弾けることへの憧れもあったことから、弾きたいという息子を近所のK社のピアノ教室に通わせました。
すると、毎日飽きずに練習し、時には上手く弾けないと泣きながら何時間も弾き続けていました。
なんか、誰かに似ているな~(^^;)

そんなことで、いつの間にかメキメキと腕を上げ、小学1年生でその音楽教室主催の地区の子供のコンクールで入賞してしまいました。
その時に、先生から、電子ピアノでは限界がかるから、アップライトにした方が良いですと言われ、アップライトピアノにしたのですが、コンクールではグランドピアノを弾かなければならず、息子いわくタッチが全然違って弾きづらいとのことで、え~い、この際だ~とグランドピアノを買って弾かせました。

その後、全国コンクールや道内のコンクールなどで賞を頂けるようになりましたが、中学2年生の時に受験勉強や、もろもろ本人の都合もあって(^^;)辞めてしまいました。
まあ、もったいないと言えばそれまでですが、ピアノで生きていけるほど世の中甘くないと、息子も考えたのでしょうね。

さて、中学校1年生の時の息子の演奏の記録がありますので、聞いてみてください。
多分、まだ演奏的には荒くて未完成なのでコンクールの予選会の演奏だと思います。
曲は、Mozart Sonata KV 310 の第一楽章です。

[高画質で再生]

モーツアルト ピアノソナタ

これは、今から10年前の映像で、今息子は23歳、大学院生で来年就職で家を出て行きます。


そんなわけで、昔、息子が使っていて、今は誰も使っていないグランドピアノが我が家には放置されており、私が弾き継いで弾いているというわけです。
ただ、演奏レベルは雲泥の差ですね。
まあ、弾かずに放置しておくのも、もったいないので良しとしましょう。

一応、当時は、音楽教室だけではなく、大学の教授等のところへ息子をレッスンに引率していた関係で、練習の仕方や、色々とピアノの演奏を聞く耳だけは少しだけ持っているつもりでいます。
だから、今の自分の演奏が情けなくてしょうがないですね。(>_<)

それにしても、私の遺伝子が息子に引き継がれているわけですが、逆を考えれば、私も頑張ればピアノが弾けるようになると言うことでしょうかね。・・・・・なんて訳ないですね。(^^;)

モーツアルトが弾けなくても良いので、今弾いてる簡単な曲が弾けるようになりたいです。(T_T)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/213-6b129f09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。