上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から8月に入り、今朝のテレビの天気予報では、「いよいよ今日からエゾ梅雨があけます。」とのことです。
昔は、北海道には梅雨なんてなかったのですが、ここ何年かは7月に雨が続いて、いつのまにかエゾ梅雨と呼ばれるようになりました。
これも温暖化の影響なのでしょうかね。

昨日、私の動画サイトから今までのアップした動画が消去されると書きましたが、未だに消去されていません。
もしかしたら、新たにアップできないだけで、今までファイルはそのままなんでしょうかね。
まあ、そんな都合の良いことはありませんね。

さて、いよいよライブまで1週間を切って、3曲の練習も佳境に入ってきました。
弾き語り曲は、相変わらずピッチが安定せず、ほとんど開き直り状態で練習してます。

ところで、この3曲のキーなのですが、歌う順番からいけば、
弾き語り曲~F
サポート曲~F#
コーラス曲~最初はD→E♭→G♭多分(^^;)
とこんな調になります。
この微妙に半音ずつの変化がたまりにませんね。

コーラス曲は一番最後に歌うから良いのですが、弾き語り曲とサポート曲は連続です。
この半音の違いが・・・(^^;)
ただ、先に、自分の弾き語り曲でよかったです。
サポート曲は、1コーラスはギターだけで、歌を聴いてるうちに、そのキーに入れます。
これが逆だったらと思うと・・・(>_<)

問題は弾き語り曲で、今日も練習ではなかなかピッチがあわずにどうしたものかと考えていました。
なぜ合いづらいのかというと、ギターがアルペジオだからです。
本当は、ストロークでコードを弾いた方が断然歌いやすいんです。(^^;)

え~っそんなの伴奏なんだから、ギターのアルペジオに合わせて歌えばいいじゃんと言われそうですが、出だしが、アルペジオで歌うのって、ストロークより難しいんです。・・多分私だけかな~。

最初の1小節のF、Amは良いのですが、2小節目のB♭、Cの時には、ギターは短音でB♭→D→C→Fと進行します。
歌は、D、F、B♭、Aです。
微妙なハーモニーですよね。

B♭とDは3度、FとDは6度と和音です。
ところが、CとB♭は、7度で7th。
そして、FとAは、3度です。

どれ一つとして一致している音はありません。

Bメロでは、Cコードでフレーズの終わりにA音のメロディが入ってきたりします。
これは、6度です。
CコードのアルペジオでA音のロングトーンですよ~。
それもフレーズの終わりに。
あり得ないですよね。
だって、Cでメジャーコードなのに、歌の音から見たらコードのキーは短3度のマイナー調になっているんですよ。

なぜAmにしないんだ~と思い、Amを弾いてもなんとなく合いません。(^^;)
そんな感じで、常に、ギターと歌が和音を意識しなければなりません。
実は、これに気づいたのは今日譜面を見て気づいたんです。

まあ、こんな後ろ向きの言葉から考えても仕方ないので、なんとかならんのかと考えていると、
ちょっと待てよ、ということはギターの音と歌がハモれば良いんじゃない~と考えました。
そして、ギターの短音と歌を合わせて見て、お~っなるほどこうハモれば良いのか・・・・・
と、そう簡単にいけば苦労はしません。

なんでもっと早く気づかなかったのか、後悔しても始まらないので、残された期間で少しでもギターの音とハモって歌えるように・・・・なったらいいな~とほとんど願望に近くなってきました。
あと5日しかない。(^^;)ムリだ~

この期に及んで、まだジタバタしている自分が情けないです。(T_T)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/185-c12a0636
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。