上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.22 根気!
今日は、怪我からちょうど3日目となり、アルペジオで右手人差し指がどの程度使えるようになったか調子を見ることにしました。

まずは、ギターのチューニングから・・・・バッツ~ン(-_-#)
いきなり、G弦が切れました。

実は、怪我をした3日前にも10日前に張り替えたばかりのG弦が切れ、買い置きしていた弦と交換したばかりでした。
出足をくじかれてしまいました。
普段は、1週間に1~2回しかチューニングしていませんでしたが、ここのところ毎日チューニングしては緩めての繰り返しです。
いくらなんでも3日しか持たないなんて・・・参りました。

以前、D-28を購入したばかりの時もG弦が頻繁に切れるた時に、ブログの友達が、ナットの溝を鉛筆でなぞると良いと教えていただき、試してみたところ、これが以外と効果的でそれ以来必ず弦を交換する時は、ナットの溝を鉛筆でなぞっていたのですが、今回は全然ダメです。
エレキギターもフレットが3弦のところだけ減っているので、もしかしたら、私の弾き方に問題があるのかもしれませんね。

それで、もうG弦の買い置きがなかったので、ピックアップは付いてませんが、古女房のS.yairiをチューニングしました。
約1ヶ月ぶりにyairiを弾きます。
D-28ほどの派手さはありませんが、何となく懐かしい音色を響かせてくれます。

さて、チューニングが終わり、アルペジオで右手の人差し指の爪を、そろ~っと(^^;)少しずつ引っかけて弾いてみます。
まずまず回復しているみたいです。
右手人差し指の爪は、折った次の日に切ったため、そんなに深くは引っかけることは出来ませんが、今の爪の長さでは、問題ないみたいです。
ただ、調子に乗ると痛い目にあうので、今日はそこそこで止めました。

続いてストロークでは、まだ少し痛みが残っています。
おそらく、今の感じでは、あと2~3日で完全復帰出来そうなそんな雰囲気です。
まずは、一安心です。(^_^)

弾き語りのギターの方はとりあえず光が射してきましたが、歌の方は未だに闇の中を彷徨っています。(^^;)

安定感が全くなく、いつものように、ゆら~ゆら~・・・です。
とりあえず、安定されるために、ロングトーンで発声練習をしています。
この練習の時は、自分の前にチューナーを持ってきて、自分の声のピッチを確認しながらやります。

昨日は、ミドルのEが自分の感覚より4分の1くらい下がっていました。
ギターの弦を弾い自分の声を合わせようとしますが、合うのは最初だけで、直ぐに4分の1くらいピッチが下がって安定します。
自分の体が持っている感覚がそうなんですね。

ところが、今日は、昨日ダメだったEが安定していました。
お~っ、昨日の練習の効果が早速出たなと喜んだのもつかの間。
その下のDが同じ状態です。(-_-)

こんな感じで、ピッチは本当に苦労しています。
ここまで苦労している人はあまりいないですよね。(^^;)

長年あまりピッチなんて気にしないで、いい加減に歌っていたツケですね。
特に、フレーズの終わりは、なんとなく気を抜いてしまうために、ピッチが下がってしまうことに気づきました。
しかし、意識すると逆にシャープしてしまうので、とにかくフレーズの終わりには集中しなければダメです。

まあ、こんな感じで、少しずつ感覚を体に覚えさせるしか近道はないですね。
自分的には、集中して歌えばそこそこ合わせられるようになってきているので、これからも根気よく練習していきます。

今度のライブまで完璧に歌えるようになることは不可能ですが、その時の自分のベストで歌って気持ちを伝えられれば、自分なりに合格点を付けたいな~と考えています。

ライブまであと2週間と少し、とにかくがんばります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/174-1adebee0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。