上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.14 ライブ終了!
昨日、歌酔倶楽部「ありがとう」で、2月以来4ヶ月ぶりにsuger.nさんとライブをやってきました。
今回も、前回に引き続き、オール「風」のプログラムを組みました。
前回で、ほとんど出尽くしたと思いましたが、まだまだ良い曲がたくさんありました。
とて、結果は、後ほど動画をアップしますので、そちらを見てください。(^^;)


昨日は、朝一でギターの弦を張り替え、自己練習をしました。
ところが、声が出ない~(>_<)
前日に少し声を出しすぎたせいもあってか、Eも出ません。
やば~い、ちょっとパニックです。(^^;)

とにかく、少しずつ発声練習をしてストレッチしますが、なかなかでない・・・・どうしよう。

まあ、ここで時間を使っても仕方ないので、最後の音合わせのために家を出発します。
途中車を運転しながら引き続き発声練習を続けました。

suger.nさんのところについて、最初に合わせたのが、今回急遽入れることになった「君と歩いた青春」です。
まず、どっちが歌うのか、アレンジはどうするのかを決めました。

歌は、suger.nさんにお任せして、私はイントロのリードを担当、ところが、風のアレンジだと間奏やエンディングのリードはちょいとインスタントにはできる代物ではないので、間奏は太田裕美バージョンに切り替え、suger.nさんが担当、それから、途中のワンフレーズのコーラスを私が担当することになりました。

ところが、コーラスを担当すると言っても、いままで、私はコーラスをちゃんとやったことがないので、ここでもちょっと合わせるのに一苦労でした。
本番できるかな~と一抹の不安を抱えて、最後に1通り合わせて終了し、会場へと向かいます。


さあ、いよいよ本番です。
今回の試みとしては、いつも私がリードを担当しているのですが、今回は、私に変わってsuger.nさんがリードを担当しました。
リードをやりながら歌というのは大変なので、suger.nさんが歌う曲では私が担当しました。

それと、最近suger.nさんが、MartinのD-28を買ったこともあり、2人で同じD-28でやってみました。
ほかの参加する人からは、「お~っ!今日は2人でD-56だね」と言われました。(^_^)v

それから、私は今まで、あまりコーラスでハモるということはしませんでした・・・というかハモりは苦手だったのですが、今回は、少しがんばってコーラスにも挑戦することにしました。
前回も、「ささやかなこの人生」でなんちゃってで入れてみましたが、今回は、気合いをいれて入れてみました。


それでは、1曲目は「ささやかなこの人生です。」
2人でコンタクトをとり、よし!と弾き始めますが、いきなり「えっ?変な音が出ている」と私の手元を見てみると全然違うコードを押さえていました。(^^;)
とりあえず、やり直し~m(_ _)m





2曲目は「君と歩いた青春」です。
不安を残しながらもカウントをとっと、リードを弾き始めると、あっチューニングが狂っている・・・(^^;)
もう、後戻りはできません。
それをひきづりながら、最初のコーラスでしたが、最初の音がとれず、あわわわ・・・・大失敗(>_<)
ここで、気を取り直して、2回目のコーラス、引き攣りながらもなんとか合わせました。(^^;)




3曲目は「なんとなく」です。
私が、正やんの曲が苦手だからというわけではありませんが、2人でやるライブでは、初めて大久保君の曲をやりました。
ほのぼのとして好きな曲です。
ちょっとキーは高いのですが、なんとか私守備範囲なのでやってみました。




4曲目は「あの唄はもう唄わないのですか」です。
リードは私が担当です。
最後のサビで、1フレーズ私がコーラスを入れいます。
う~ん、今聞いてみると、もう3度下でも良かったみたいですね。(^^;)
どうしても高い方が出やすいので、ついつい・・・




5曲目は「地平線の見える街」です。
この曲は、男の友情というか、そんな感じのいい詞です。
最初のイントロから何度が出てくる6弦のチョーキングで指が上手くかからず、結局、ちゃんとできたのは、最後のフレーズだけでした。(^^;)
それから、この曲はハイフレットを多用するので、途中で左手が攣りそうになりました。
修行が足りませんね。
それと、昨日の音合わせで、suger.nさんから歌が歌いづらくなるので、途中で入る♪う~う~♪というフレーズをやってくれないか言われで急遽私が担当することになり、なんとかフィーリングで、こんなものかな~とてみました。
聞いてみると、できればもう一人いてハモるともっと良かったかもしれませんね。




ラストは「お前だけが」です。
いよいよ最後の曲です。
この曲は、詞が・・・(*^_^*)となるくらい、くすぐったい詞となっています。
正やんの曲は、どちらかというと男と女が別れる詞が多いのですが、こんな照れくさいラヴソングも書けるんですね。
この曲は、私にとっては難関でしたが、歌いたかった曲です。

特に、低いところの音程が定まらないため、全体的にフラフラした歌になってしまいます。
本番でも、モニターから出てくる自分の声に聞き慣れていないため、合わせるのに必死でした。(^^;)

サビの部分でGとG#が出てきます。
朝にはどうなることかと焦ってしまいましたが、本番では、なんとか出すことができました。(^_^)v

正やんは、この部分をファルセットで歌っていますが、私はファルセットを上手く使うことができないので
ね地声で歌ってみました。
ちなみに、私の下手くそなファルセットは、上のコーラスで出した♪う~う~♪がそうです。

それから、以前この曲をG#が出ないので、ファルセットで弾き語りしたことがありますが、こんな感じでした。
http://zoome.jp/tomo0909/diary/13/

最初、練習しはじめの頃は、張り上げなければ出なかったのですが、少しずつ力を抜いて出せるようになり、本番でも苦しそうに見えますが、以外とそうでもありません。
最初が苦しかったので、なんとなく苦しそうに歌う癖が付いてしまったからでしょうかね。

最後のリピートの部分で、小さく歌うアレンジにして歌ったつもりですが、今聞くと全然小さくなっていませんね。
不思議です。(^^;)失敗かも・・・




ラストの曲が終わると、まだ少し時間があるとのことで、「あいつ」を歌い、私たちのライブが終了しました。

今回も、「ありがとう」のマスターの絶妙なミキシングに助けられ、なんとかやりとげることができました。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

ここでの2人のライブも3度目となり、私も下手くそながら、回を追うごとに少しずつですが慣れてきたみたいです。
ただ未だにマイクを使って歌う自分の声には慣れなくて四苦八苦していますが、これも経験を重ねて慣れるしかないですよね。
そもそも、レッスンの時も、マイクを使って歌うと自分の声がちゃんと聞こえないんだからどうしようもないです。(>_<)
少しカラオケでも行って、マイクを使って歌う自分の声に慣れなければダメですね。
そう言えば、もう何年もカラオケに行ってないな。


ライブに参加した皆さんの演奏が全て終わると、皆さんビールなどを片手にギターを持ち寄って、第2弾が始まります。
皆で楽しくギターを弾きながら歌いました。これがまた楽しかったですよ。
私も、ソロでなんかやってということになり、2曲ほど弾き語りをしたりして、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

suger.nさん、そしてライブに参加した皆さんお疲れ様でした。

また、いつもサポートしていただいていマスターそしてママさん、ありがとうございました。m(_ _)m

次回もよろしくお願いします。


さて、次は8月のライブですね。
がんばるぞ~(^^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/145-949cd634
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。