上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな本を買ってみました。
solo

内容的には、ROCK BLUESなどのジャンルごとに、ペンタトニックスケールから始まり、♭5を加えたもの、トライアドを使った物など、色々なパターンが掲載されています。
そして、それぞれにメイキングのコツなんかが書かれています。
とりあえずは、乗っているフレーズを弾いてみて、そこから発展させる感じです。

本当は違う本が欲しかったのですが、内容を見て、まずまずかなと思い買ってみました。
本命は本屋さんになかったので、インターネットで注文しました。
届いたらまた紹介したいと思います。

早速、今日から弾いてみましたが、当然最初のフレーズだったので、案外と簡単でしたが、なんとなく応用もできそうな感じでした。
これから、またギターの練習が楽しくなりそうです。


さて、昨日、歌が上手く歌えていないことを愚痴ってしまいましたが、先生から、イタリア語の歌を練習してみてはどうですかとアドバイスをもらいました。
それで、今日インターネットでイタリア語の歌を検索してみましたが、なかなかこれっと言うのが見つかりません。
そのうちに、ふっと目にとまったのが、Josh grobanというアーティストの「Closer」というアルバムです。
ん?そういえばこのアルバム持っていたな~と思い、探してみるとありました~。

closer

8年前に、このアーティストの「You raise me up」という曲にはまって買ったアルバムでした。
そして、このアルバムにイタリア語で歌った曲か何曲か入っていたのです。

そのなかでも、この曲と


この曲


この曲も良いですね。


さて、歌詞カードを見ながら曲を聴いてみました。
あれ・・・・・
歌詞カードを見ても、発音できない~(>_<)

英語だと、ある程度歌詞の内容がわかって曲に合わせて歌えるのですが、全然ダメです。
これは強敵ですね。

今日も、少し練習してみました。
昨日ダメだったところを1音1音確認しながら繰り返してみました。
ちょっとしたスランプみたいです。
まあ、調子の良い時よりも、悪い時の方が多いというか、悪い時ばかりというか・・・
いつものことなので慣れていますけれどね。(-_-)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/136-e2bfd3fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。