上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日アップした、3月9日の弾き語りを撮っているときに、ふっと気づいたことがありました。

まずは、声を前に出すことです。

いつも、レッスンの時に、先生から「もっと声を前に出して」と言われていましたが、どうやって前に出して良いのかわかりませんでした。
大きな声を出すことなのかな~と思っていましたが、大きな声を出すと私の喉がすぐにつぶれてしまいます。

そんなことで話を戻しますが、弾き語っているときに、前回のレッスンの時のことを思い出しながら、声を口の中で響かせてスッと出すと、ポンと出てくれました。

次は、お腹で声を支えることです。

この声を響かせるときに、踏ん張っているわけではありませんが、お腹を支点にして出すような感覚に気づきました。
そうすると、いつもより楽に声を響かせることができました。
なんとなく、出す声にも安定感があるような気がしました。
後から聞いてみると、まだまだ、いつもの癖が出たり、音程が安定していなかったり、低いところや、高いところなどフラフラになって、これから修正しなければならないところがたくさんあるのですが、得意な音域は張りが増したような気がします。

何でもそうなのですが、感覚って人に教えてもらっても、なかなか理解できない(特に私の場合)ことがありますが、練習を重ねていくうちに、ひょんなことから、あっ!このことか~って気づくと、何となく得した気になるのは私だけでしょうか。
まだまだ、こんなことなのかな~と、なんとなく掴みかけただけのことなのですが、ほんのり明かりが見え隠れしたような気がしました。


それからもう一つ、こっちの方は、もうずいぶん前から、薄々気づいていたのですが、私自身、正やんの曲を歌うのが苦手だと言うことです。

最初は、好きな正やんの曲が苦手だとは思いたくなかったのですが、ライブなどで正やんの曲を歌い、何となく上手く歌えないな~と感じていました。
そしたら、正やん以外の人の曲は上手く歌えるのか!という突っ込みはなしにしましょうね。(^_^;)

そして、最近、いろいろな人の曲を歌っているうちに、正やんの曲を歌うよりも、正やん以外の人の曲の方が歌いやすいのです。
まあ、正やん以外の曲が全てかそうかというと、そうでもないのですが、メロディーやキーが微妙に合わないのかな~なんて思っています。

だからと言って、今後、正やんの曲を歌わないのかというと、当然、大好きですから歌うのですが・・・
好きな歌と、得意な歌とは違うんですね。

そういえば、あ~てぃさんも、そんなことを書いていましたね。
最近なんとなく思ってしまったので、私も書いてみました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/123-a0cf029f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。