上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、就活中の息子が、東京へ会社説明会へ行きました。
それで、朝、空港まで送り、レッスンが終わってから今度は空港まで迎えに行き、今帰宅しました。
ふ~っ、帰りは、路面が凍結してしたので、運転に少し気をつかい、疲れました。


今日は、レッスン日です。
今日は、ギターが休みでボーカルだけです。
ここのところ調子が悪くて、どうしようもなかったのです。
何が調子悪いのかというのがわからず、途方に暮れていたのですが、今週に入り、ふっと気づいたのが、声の響きでした。
先週のライブの時に、自分の声を聞いて、何か違うな~と思い、今週の練習で少しずつ探ってみたところ、いつの間にか、声の響きを忘れていたんです。(^_^;)
まだ、そんなに響かせることは出来ないのですが、出来るのと出来ないのとでは、全然声が変わってきます。

今週の練習では、その修正をしていました。

さて、レッスンでは、自分の声の響きを確認しながら、声を出していましたかが、発音練習の時に、先生から「まだ声が前に出ていないです。」と言われました。
そう、この発音練習の時は、さすがに口を動かすのに精一杯で、そこまで余裕がありませんでした。
ただ、修正は可能なので、練習の時に意識して見ようと思います。

そのほかに今日のアドバイスとしては、

 ○ メロディーにフレーズを乗せる
 ○ メロディーに合わせて音色を変える

だったと思います。
何かというと、歌の表現の部分で、いかに歌で人に話しかけるか、うったえるかが大事だと言うことです。

確かに、ギターでフレーズを弾いている時、ロメディーの中で、ここはこんな感じで音を出したいということで、ギターの音色を変えて表現しますが、歌も同じだそうです。
歌は言葉があるだけに、一見簡単そうに感じますが、実際には、表現するためには、声を出す色々なテクニックを身につける必要があり、声を出すだけで精一杯の私にはまだまだ難しいですが、これも意識してがんばりたいと思います。


練習曲では、ギターを弾きながら歌ってみました。
そういえば、先生の前でギターを弾いて歌うのは初めてでした。

元々ギター弾きの私は、やっぱりギターがないと調子がでません。
といいながら、弾きながら歌って、先生にだめ出しされたらどうしようかと心配していました。

途中、コードを間違ったり、ピックを落としましたが(^_^;)、先生からは、細かな課題はありますが、この曲は、このスタイルでやりましょうとOKをいただきました。
一安心です。(^_^)v
なんとか、ギター弾きの面目は保てました。

まあ、そんなことで、次から次へと課題が出てきますが、その課題をエネルギーにして一つ一つクリアして、前に進みたいと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/108-b8716f73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。