上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.27 春の予感
ここ何日かで、急激に暖かくなり、家の周りの雪が溶け始めています。
まだまだ、春は遠いのですが、いつもこの時期になると、気持ちのどこかに春が芽生え始めます。
・・・・けっして、頭の中だけが春になっているわけではありませんよ(^_^;)

そして、この時期になると聞きたくなるのが、尾崎亜美の「春の予感」という曲です。
もう30年以上前の曲ですが、当時は化粧品のCMに使われていたような気がします。
あっ!CMで使われていたのは、南沙織が歌った方でした。
私的には、尾崎亜美の歌の方が好きでした。
そういえば、同じ尾崎亜美の歌ったCMの曲でマイピュアレディもよかったですね。
小林麻美がかわいかったです。(*^_^*)
聞いてみたい方は、Youtubeで検索してくださいね。


さあ、今日はレッスン日です。
道路の雪も溶けて、冬の間は1時間くらいかかるのに、今日は40分くらいで到着しました。

まず、ボーカルからです。
先週、練習曲のサビの部分を若く歌ってと言われ、今年50才になる私に若く歌えなんて、ムリ・・・・・と思いましたが、やらないうちからギブアップするくらい嫌いなものが無い性格なので、とりあえずは色々と歌い方や声色を変えてみました。
それと、気持ちを若くして内面からも歌をバックアップしてみました。
ただ、あまり突っ込んで歌うとピッチを外しやすくなるので、その辺の微妙な加減を図りながら挑戦してみました。

結果は、まずまずでしたが、どうしてもタメて歌う癖があるのと、ピッチを気にすることで、今度はリズムに乗り遅れているみたいです。
先生からは「声は若くなったけど、リズム感は年寄り・・・・」(^_^;)
こっちを立てればこっちがダメみたいな感じで、少しずつ修正していきたいと思います。


続いて、エレキギターです。
先週まで、アドリブを弾くためのスケールの理論を教えてもらい、今週はいよいよ実践となりました。
まずは、このキーの場合は、このスケールが弾けるという説明を受けました。
たとえば、Amの場合は、Am、Dm、Emです。
そして、先生が、Amのコードを弾いてくれ、それに合わせて、3つのペンタトニックスケールを弾いてみました。
なるほど、どれも合います。
先生は、「ペンタトニックだけども良いけど、7音階の音を入れるともっとよくなるからね。」と話します。
とりあえず、3弦で9thの音を入れてみることにしました。
実際に弾いてみると、音を1つ入れるだけで、何となくかっこよくなります。

続いて、伴奏の音源を鳴らしてながら、先生が色々なアドリブを弾いてくれました。
お~っ、かっこいい~。
なんて思っていると、「ハイ、次はこのBmとAmのコードチェンジするのを弾いてみて、Bmは、Bm、Em、F#mの3つのスケールだから、うまくコードチェンジと合わせて」といきなり私に音源に合わせてアドリブを弾けとの指示でした。
ひぇ~っ、ムリっす・・・・(>_<)
なんて言う暇もなく、先生は伴奏のスイッチを入れます。
考えることもなく、ただ指の動きに身を任せ・・・・
なんちゃってアドリブを弾いてしまいました。

ところで、伴奏に合わせてペンタトニックに9thの音を入れながら弾くと、それらしく聞こえるから不思議ですね、
そして、このアドリブを弾くというのが、もの凄く楽しいんです。

そんな感じで、今日は、ギターを弾く醍醐味みたいなものを堪能できたレッスンでした。

なんか、これってやみつきになりそうです。(^_^)v
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomsakai.blog21.fc2.com/tb.php/102-1bd2b9b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。