上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.27 3月の予定
いよいよ、2月も明日で終わりですね。

3月は、昨日でレッスンが一旦終了したため、練習も少しペースダウンさせる予定です。

普段は、レッスンのためのギターとピアノの弾き語りの練習に時間を費やしていました。
特にギターは練習しなければレッスンがきついので必死でした。
出張で家にいない時以外は、1日5分でもギターを弾くようにしていました。

ピアノの弾き語りを始めると、今度はピアノ練習を必死にやっていました。
やり始めたばかりなので、少しでも練習を休むとあっという間に指が動かなくなってしまいます。
それでも、最近ようやく1~2日くらい練習を休んでも、影響が少なくなってきました。
考えて見れはれ、ピアノの弾き語りを始めて1月の始めまで5か月間ほとんど休みなしに1曲集中で練習していたからですね。

ピアニストみたいには弾けませんが(^^;)、最近は歌に合わせてピアノの強弱も少し付けられようになりました。
練習してみるものですね。

さて、これから1か月は、まずは家族サービスかな~。
息子が4月に家から独立して本州に就職します。
私も、ほぼ7年ぶりに本格的な単身赴任する予定です。
そして自宅には嫁さんということで、4月には家族がそれぞれバラバラなってしまうので、この1か月は仕事もドタバタするし送別会などのイベントもありますが、少し家族との時間を作りたいと思っています。
とは言っても、息子も息子なりに予定があるらしく、卒業旅行にも行くと言っていました。

そんなことで、今までの練習時間を家族との時間に割き、そして4月からの準備をしようと思います。
ただ練習も、少しずつですが指が鈍らないように続けたいと思います。
スポンサーサイト
昨日から降り続いた雪が今朝には20センチくらいになっていました。
それも、気温が高めなのか、前回雪跳ねした時よりもはるかに重くなっています。
出来ればこの時期には雪は降って欲しくないですね。(^^;)
また明日も雪マークなので、雪跳ねかな~。

さて、今日はボーカルレッスンでした。
一応、転勤前の一区切りとして今日が最終レッスンでした。

ボーカルレッスンを始めたのは2年前の7月からで、その年の3月からsuger.nさんと30年ぶりにライブ活動を始めたこともあって、ギターだけではなく歌も少しは上手く歌えたらいいな~と考えて思い切って始めました。
ギターと違って、ボーカルはなんとなく恥ずかしくて、レッスンを受けるのには少し勇気がいり、とりあえずは体験レッスンから受けることにしました。

体験レッスンでは、呼吸法や発声方法などを教えていただき、最後に先生のピアノで歌にならないStand by meを歌って終わりました。(^^;)

教えていただいた先生は明るく、はっきりとおしゃべりする方で、音楽の話でも昔聞いていた音楽が一緒で、なんとなく馬が合う方だったことから、この先生のレッスンだったら楽しくできるかな~と思い、レッスンを始めるお約束をしました。

ところで毎回レッスンの始めにはストレッチの後に、先生のお気に入りの曲を聴きながらブレスの練習をするのですが、最初は正直きつくて、やっとこ練習していた記憶があります。
それが、今では、何曲でも続けられそうなくらいになりました。

レッスンでは、毎回先生と楽しいおしゃべりが続き、いつも時間オーバー気味で、その後のギターレッスンに遅れることもしばしばあり、ギターの先生に気を遣っていただき、1コマ後のレッスン時間に変更してくれました。

レッスンを始めて、しばらくはなかなかレッスン効果が見えず、少し焦った時期もありましたが、良~く考えてみればもともと歌が苦手だったので、そんな私が1年や2年で簡単に上手くなるはずかありませ。(^^;)

そんな私も、あれ?少し変わってきたかな~と感じるようになったのは、昨年8月の先生の生徒が集まってやったライブあたりからでした。
当然、私以外の方は皆さん上手くて、そんなことに刺激され、生まれて初めてあんなに歌の練習をしました。

それだけ練習したのに、当日は風をひいてしまい、声が出ないという最悪の結果となってしまいました。
ただ、私の音楽人生の中で、中学生の時に始めてsuger.nさんとライブをやった時みたいな、新鮮な気持ちでギターの弾き語りを経験させていただきました。

それとともに、ライブ後、何を思ったのか突然ピアノの弾き語りに挑戦し始めて、いつの間にか弾きたかった曲が出来るようになりました。
それもこれも、全てボーカルレッスンを始めてから、いろいろな影響をうけた結果で、はっきり言って私の音楽人生にかなり大きな変化があったと思います。

そんなボーカルレッスンも今日で一応終わりと言うことになってしまいました。

さて、今日もいつもと変わらず淡々とレッスンは進みました。
そしていよいよ、最後の練習曲のピアノ弾き語りの時間がきました。
実は、前回マイクの位置が左過ぎて、それを気にするあまり、ピアノがあれれれれ・・となってしまったため、今日は少し右よりセットしてみました。
私は自分では気付かなかったのですが、ライブの映像をみると必ず右方向に顔が向いているため、そのくらいが丁度良いのかな~と思いました。
ところが、歌い始めると、あれ~っ、マイクが思い切り右に寄っている~という状態になったしまいました。
マイクのセッティングて本当に難しいですね。
結局は、いろいろとミスタッチや間違いがあって、完璧には弾けませんでした。

だけど、それはきっと、今日のレッスンが最後ではなくて、まだまだ完成するのは先の話で、その続きがあることを意味しているのかな~と自分なりに考えてみました。
そして、完成したらまた先生に聞いてもらいなさいと言うことなんですね。きっと・・・・(^^;)
なんとなく不完全燃焼でしたが、今日のレッスンは終わりです。

先生からは、転勤から帰ってたらまたレッスンに来ることをお約束して、教室を後にしました。

それと、先生とはもう一つ、昨年と同じく8月のライブにもし休暇が取れれば、マキさんのギターのサポートに帰って来ることをお約束しました。

実は、先週のギターレッスンの前にマキさんともそのことについてはお話ししていました。
まだ、4月以降のことは、はっきりとは分からないのですが、ちょうど夏休みを取る時期なので、仕事のスケジュールと上手く合えばと思っています。

なんたって、これはマキさんと昨年のライブの時にお約束したことなので、なんとか一緒に参加したいと思っています。

ボーカルレッスンは1年と8か月と短い期間でしたが、先生からいつも楽しいおしゃべりとレッスンをしていただき、感謝しています。
私の歌もまだまだですが、レッスン前と比べると明らかに声の質が変わり、歌も少しは聴けるようになった・・・・かな?(^^;)

また札幌に帰ってきたら、是非、続きのレッスンを受けたいと思っています。
ありがとうございました。m(_ _)m

そんなことで、次の楽しみを残してボーカルレッスンが終了しました。

あっそうそう、今日レッスンの帰り道にいつも通る道路でこんな風景を見ました。
時計台

そう、時計台です。
いつもと同じはずなのに、今日はなぜかライトアップされた時計台がきれいに見えました。(^_^)
2011.02.25 冬に逆戻り
昨日まではそこそこ暖かくて、このまま春に突入・・・と思っていましたが、今日はまた冬に逆戻りです。
朝から、雪が降り、夜帰宅すると自宅前にはまた雪が積もっていました。
ただ、雪が降っていたと言っても、今までとは寒さが少し違うような気がしています。
だって、来週から3月ですからね。
なごり雪にはまだ早いですが、プレなごり雪かもしれませんね。

ところで、今年はもう溶けないのではないかというくらいの大雪が降りましたが、今週は一気に溶け始めています。
やっぱり春の力って凄いですね。

さて、明日は教室でのレッスンに区切りをつける日となります。

今の教室は、3年前にエレキギターのレッスンを受け始め、その1年後からボーカルレッスンを追加して、ほぼ土曜日には両レッスンを楽しんでいました。

そのレッスンも、先週エレキギターレッスンに区切りを付け、明日はボーカルレッスンです。
ボーカルレッスンについては、明日また書きたいと思いますが、色々な思い出を作らせていただきました。
ピアノの弾き語りもその一つです。
今日は、仕事が遅かったので練習出来ませんでしたが、明日はいつも通り弾いてみたいと思います。

ここまで来ると、成功とか失敗とかではなく、ピアノの弾き語りで自分の気持ちが表現できたらと思っています。
いずれにしても、明日は楽しみたいと思います。
2011.02.24 不思議な感覚
今週は、なぜかモチベーションが上がりません。
やっぱり、3年間続けていたギターレッスンが終わってしまったせいなのでしょうか・・・

今週は、最後のボーカルレッスンがあるというのに、なんとなく練習に力が入りません。
そんなことで、ピアノの弾き語りが出来るのかと思うのですが、不思議とその力が入らないのが逆に良い感じなのです。(^^;)

今までは、上手く弾いてやろうとか、上手く歌ってやろうという気持が先行して、変な力みが入っていました。
おまけに練習中に上手くいかなければ、どんどんがむしゃらになってしまい、がちがちになってしまいます。

その力みがなくなってきて、先週までよりも、楽に弾いたり歌ったり出来ています。
それが良いのか悪いのかは分かりませんが、ナチュラルな感じは出ています。

どうして、いつもあんなに力んでしまうのでしょうね。
特に、レッスンなんかでは普段の練習では考えられないくらい力が入ってしまいます。
だから上手くいかないんですよね。(^^;)

ただ、力が入っている時は自分でもかなり集中しているのが分かりますが、リラックスしている時は、なんとなく集中力を欠いているような気がします。

もしかしたら、そんな気がしているだけなのでしょうか。
だいたい、リラックスしている時は、間違えないですからね。
あとはリラックスして、どれだけ張りのある声が出せるかです。

そんなことでギターも歌もリラックスが永遠の課題なのかもしれませんね。
ふっとカレンダーを見ると、来週の今日はもう3月2日になっていました。
本当に2月は去るように過ぎていきますね。
気持の中では、そろそろ引っ越しの準備をしなければと思っているのに、なかなか手が着かない状態です。
来週は、北見の出張もあり、その次の週からは送別会や仕事の引き継ぎの準備なんかもしなければならないのに・・・・
気持だけ忙しくて、行動が伴っていません。
私は、どちらかというと切羽詰まらなければダメなタイプなのかもしれませんね。(^^;)


ところで、ここのところ毎年特定保健指導の対象になっています。
えっ?特定保健指導って何だ・・・いわゆるメタボ検診の対象と言うことです。

実は、3年前は本当にやばくて、腹囲と血液検査の数値で引っかかり、もうこれ以上太ったらヤバイというところまで行き、半年で6Kg落とさないとダメだと言われました。
それで、コツコツと体重を落として結局は8Kg落としました。
それで、次の年は大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、腹囲は、かる~くパスしたのに、血液検査の数値で引っかかってしまいました。
それで2年連続対象となりました。
2年目は、もう少しだから、あと2Kg落としたらほぼパーフェクトと指導を受けましたが、それまで8Kg落としていたリバウンドで、去年は2Kgリバウンドしてしまいました。(^^;)
その結果、またもや血液検査の数値でひっかかり、3年連続のメタボ検診となりました。

それで、先日指導を受けてきて、やっぱり後3~4Kg落としましょうと言うことになり、今年は少し真剣に取り組もうと思っています。

私はたまには、羽目を外し時がありますが、普段は暴飲暴食はしない規則正しい食生活を送っているため、指導してくださった方は、これ以上は食事で体重を落とすのは無理とのことでした。
しからばどうすれば良いのかというと、後は脂肪を燃焼させるのに運動しかありません。
6か月で3~4Kg落とすためには、1日あたり120キロカロリーを消費すれば良いらしいです。

実は、3年前に8Kg落とすのに購入したエアロバイクがあります。
120キロカロリー消費するには1日20分で良いらしいのですが、時々甘いものを食べたいので(^^;)、先週から、10分間延長して30分間、せっせと自転車を漕いでいます。

さて、今年は何キロ落とせるかな~。
2011.02.23 3番目って?
今日は、室蘭方面に仕事で出かけました。
そして昼食ですが、室蘭と言えばこれですね。
カレーラーメン

そう、カレーラーメンです。
今日は、室蘭で1番のおすすめのお店が休みと言うことで、同僚いわく3番目に美味しいところ?で食べました。
それにしても、3番目ってどういう基準なんでしょうね。(^^;)
ラーメンは非常に好みの違いがある食べ物で、ある人が凄く美味しいからといって全ての人が美味しいとは限らないものです。

好みと言えば、音楽もかなり人それぞれにあると思います。
今は、どちらかと言えば、歌よりも、見た目がカッコイイとか、カワイイとかが先行して売れているみたいですね。
昔もそれはあったのですが、最初は見た目が先行しても、それぞれ歌が上手くなるように努力して、実力が後からついてきていましたが、今はどうなんでしょうね。
ちょっと疑問に思います。
できれば、歌とは区別してくれれば、本当に歌を目指している人はすっきりするのではないでしょうか。
少なくても、人前で歌う時に口パクをやる人は、歌を歌っているとは言って欲しくないです。

おっと、これ以上書くと石が飛んできそうですね。(^^;)

ところで音楽の好みの話ですが、私は、音楽を始めた頃は、ちょうど中学生の頃で、当時はスター誕生というどちらかというとアイドル歌手を輩出する番組からデビューする歌手が主流でした。
それでも、先ほど書いたとおり、見た目だけではなく実力があって始めてその番組からデビューできる時代でした。
もう一つは、フォークからちょうどニューミュージックと呼ばれた音楽に変革しようとしていた時期で、フォークともポピュラーともロックともつかない、微妙な音楽が次々と出てきた時代です。
そんな中、私の同級生の中に、バリバリのロック好きなやつがいて、当時ローリングストーンやキッス、クイーン、イーグルス等々を聞いていました。
大体そんな人は、私が聞いていたような音楽を軽視する傾向があって、「お前はそんな音楽を聴いているのか」なんてよく言われたものです。
私から言えば、「そんな電気楽器のうるさい音楽のどこが良いんだ~」なんて言ってやりたかったです。

そんな私も、大人になって色々な音楽を聴くようになり、あながちロックも悪くはないな~と思うようになりました。
当然、アコースティックの繊細な音楽も良いのですが、歪んだギターの音も心に響くようになりました。
不思議なもので、年を重ねるごとに、どちらかというと、好みがロックよりなってしまいました。

自分のスタイルも、優しさだけではなく、力強さを求めるようになってきたような気がします。
まあ、これはあくまでも私個人的な好みなのでどうでもいい話なのですが、人の真似ではなく自分が目指すオリジナリティが確立できればいいなと思っています。

また今夜も、なんとなく奥歯に物が挟まった日記になってしまったな・・・・・(^^;)

2011.02.20 休暇の法則
私は、昔からなぜか休暇を取ると体調を崩します。
最近では、年末年始の休暇で思い切り体調を崩して、1月を棒に振ってしまいました。(^^;)
おそらく、緊張感がなくなって気持に隙が出来るんでしょうね。
病は気からとよく言われていますが、ある程度の緊張感が人の病気に対する抵抗力を上げているのだと思います。

それが教訓となって、これからは、休暇でも何か目的を持って過ごしたらいいのかな~と思っています。

今回の3連休は、どうだったかというと、エレキギターの最後のレッスンという緊張感があって、幸いにも体調は崩れませんでした。
明日から元気に仕事へ行けそうです。(^_^)v

ただ、昨日でエレキギターのレッスンがなくなったことで、一つ心の張りがなくなったようなそんな気がします。
今までは、レッスンで出た課題に四苦八苦しながら練習をしていたのですが、それがなくなり、目標が一つなくなり、なんとなく寂しい気持です。
おそらく、これもそのうち慣れるのでないかと思います。
人間は環境に適応する動物です。
そのうち時間が解決してくれると思います。

今日もそんな寂しい気持をギターが癒してくれました。
なんか変ですね。(^^;)

今、もう一つ気にかかることがあります。
ある約束があって、転勤することによってそれが実現できないかもしれないと言うことです。
実際には4月以降にならないと何とも言えないのですが、できるだけこの約束だけは何とかしたいと思います。
詳しいことはまたということで・・・・




今日は午前中に、町内会の排雪作業があり、朝早くから起きて家の周りの雪を少し整理しました。
今日も気温は暖かく、この調子でいけば雪解けも早く進みそうですね。
今年もあと1週間ちょっとで3月です・・・・早いですね~。

昨日の日記どおり、今日で約3年間通っていたエレキギターのレッスンが、一応終了しました。
今日が最後とはいっても、レッスン内容はいつも通りで、課題にしていたクラプトンの「OLD LOVE」のギターソロの練習でした。
1月に2週休んだのが響いて、この曲に取り組み、1コーラスのサビの前までしか行けませんでしたが、凄く内容は濃くて色々なことが勉強になりました。
たとえば、16分音符と6連符が連続したリズムや頭から入らない変速リズム、音の強弱の使い方など・・・

今日、最後のレッスンで先生が教えてくれたのは、
~曲のギターソロをコピーするのは、ただ単に同じ音を真似するだけではなく、いいフレーズがあったら、そのリズムを他の音に置き換えて、自分なりのフレーズに応用することが出来る~
ということでした。
なるほど、確かにそう考えれば、自分のフレーズは無限に広がりますね。

私はアコギの弾き方しか知りませんでしたが・・・・・基本的に私は、アコギとエレキは弾き方が別物だと思います。
エレキギターのレッスンを受けた3年間で、色々な弾き方を吸収することができました。
その演奏スタイルは、少なからずアコギにも影響を与えたと思います。
そして、弾き方だけではなく、音楽の幅が広がり、色々なジャンルの曲にも興味を持つようになりました。
最近は、アコギの音だけではなく、エレキの音も聴く度に、「お~っ、このギターの音いいじゃない~」という感じになりました。

そして3年間、熱心にレッスンをしてくれた先生には感謝しております。
また、機会があったら、同じ先生にレッスンを受けたいなと思っています。

最後に、先生は「去年も仕事で発表会ライブにでれなかったので、本当はあと1回くらいはライブに出られたら良かったのに」と言っていました。
それは私も心残りですが、この続きはまた次回のお楽しみにとっておきたいと思います・・・・。
今日は、先月末の週末出勤の振り替えがようやくもらえて休みでした。
これで先週に引き続き今週も3連休となりました。
また、3月に入ると少し忙しくなるので、今のうちに休息しておこうと思っています。
ただ、私の場合休むと行っても体を休めるだけではなく、気分もリフレッシュというのが基本です。

まずは、先週いただいたホットチョコレートに挑戦しました。
え?なぜ挑戦かというと、実は私は今まで、ホットミルクを飲んだことがないからです。

もともと小さい時は牛乳が嫌いで、小学生の高学年になってようやく冷たい牛乳限定で飲めるようになりました。
そして、そのまま大人になったと言うことで・・・・・(^^;)
生まれて初めて牛乳を温めてみました。

とりあえず電子レンジでカップに入れた牛乳を温め、いただいたチョコレートバーをカップの中へ入れてぐるぐるとかき混ぜます。
hc1.jpg

そして、それを2分くらい続けているとあら不思議、チョコレートが溶けてミルクとミックスされるではありませんか。
hc2.jpg
あっはっはっ・・・完成です。(^_^)

さて、臭いは紛れもなくチョコレートです。
そして初体験でしたが、何の躊躇もなく、口の中へ・・・・美味しかった~。
ココアにも似ていましたが、また少し違った味わいがありました。
今度は、自分で買ってみようと思います。

今日のメインイベントは映画です。
とりあえず、さっと出かける準備をして、いざ札幌へ・・・・
駅の上にある絵画館で「RED」というアクション映画を見てきました。
いや~、これがおもしろかったですね。
映画は昨年9月の「BECK」以来でしたが、とても楽しめました。

その後、一昨日見つけられなかった狸小路の楽器屋さんを見に行きました。
以前より、こぢんまりしてギター等の楽器の量は以前と比べてかなり少なくなったような気がします。
なんとなく、寂しいですね。

とりあえず、思い出の楽器屋さんがまだなくなったことを確認して、帰宅するためまた駅に戻りました。
ここで、電車まで少し時間があったので駅ビルの中にあるCDショップに入り、以前から気になっていたCDを購入しました。
al.jpg

そして、帰ろうとしたところ、もう1人のアーティストのCDが目に入りました。
なぜ目に入ったかというと、カワイイ・・・・(^^;)
私はカワイイ子には弱いのかな~。
ちょうど、試聴のCDもあったので聴いてみると、これがなかなかの実力を持っているシンガーですね。
若いですが、今の他のアーティストの曲とはひと味もふた味も違う歌を聴かせてくれそうです。
アレンジも私好みです。
ということで、もう1枚を手に取りいざレジへ。
ts.jpg
ねっ、可愛いでしょ~、私の好みです。(*^_^*)
Taylor Swift・・・一目惚れ・・・いや一聴惚れしちゃいました。

今聴きながらこの記事を書いていますが、歌が上手いというか、私はこの人の声が好きです。
最近の中では一番かな~。

さあ、明日は、エレキギターの最後のレッスンです。
有終の美を飾れるでしょうかね・・・・(^^;)
今日は午後から外で仕事があり、その後、職場のレクでした。
仕事先から、レクの時間まで少し余裕があったので、パルコにある楽器屋さんに行こうとしましたが、入り口が閉まっていてました。
え~っ、ここのデパートが休みなんて珍しいな~と思い、それでは狸小路にある楽器屋さんに向かいました。
そして、その楽器屋さんがあるはずの場所に来たところ、あれ?確かここあったはずなのに・・・・なくなっていました。(^^;)

けっこう老舗の楽器屋さんなのですが、どこかに移転したという話も聞いていません。
実は、この楽器屋さんは、私が中学生の時に今持っているギターを購入した楽器屋さんで、思い出のある楽器屋さんでしたが、どこに行ってしまったのでしょうね。

とにかく、目当ての楽器屋さんが2店ともダメだったので、更に足を伸ばして、すすきのの入り口にあるデパートの楽器屋さんでギターを眺めたりして時間をつぶしました。

それにしても、ギターは眺めているだけでも飽きませんね~(^_^)

その後は、レクで久しぶりにボーリングをしたのですが、途中で右手の爪を割ってしまい、ちょっと意気消沈(>_<)
その後の飲み会でもおとなしく飲んでいました。

ところで、今日はかなり暖かくて本当に春の気配が近くに感じられるようになりました。
あと10日で3月です。
春がそこまで来ていますね。(^_^)
そう言えば、一昨日の日曜日で札幌の雪祭りが終わりました。
期間中は最近にない人出だったらしいです。
私は時々、職場から帰宅途中に地下を通って札駅に向かいますが、先週は人通りも多く、凄かったです。
ところが、今日も地下を通って駅に向かう途中、えっ?と思うくらい人が少なくなっていました。
まるで一気に人が消えたみたいな雰囲気でした。
本当に、雪祭りの人出は凄かったんだな~とつくづく感じました。

今週は、最近になく順調に練習が出来ています。
昨日は少し気合いを入れてピアノの弾き語りをしたため、今日はちょっとリバウンドがありましたが、それでも、昨日の録音で気付いたところを細かくチェックしながら、繰り返し練習してみました。

ギターも、先週のレッスンで進んだところのフレーズのタイミングを何度も音源を聴きながら、練習しました。
なんとなく、少しずつですが、格好良くなってきたかな~。(*^_^*)

ところで、今日練習していてふっと思ったのが、4月以降、転勤で引っ越した後、ピアノをどうしようかと言うことです。
まさか、自宅のグランドピアノを持って行くことなんて不可能だし、向こうではピアノの音を出して練習なんておそらく出来ないと思います。
そうなると、せっかく覚えたピアノの弾き語りが・・・・(^^;)
今考えているのは、夜でも練習出来るように、期間限定(転勤先にいる時だけ)で中古の電子ピアノを買って普段の練習をして、休日にピアノのあるレンタルスタジオに行って、ギターと一緒に練習しようかと考えています。

基本的に、タッチが違うので、あまり電子ピアノは考えたくないのですが、転勤先の環境を考えれば、それがベストなのかな~と考えています。

ただ、4月以降どれだけ余裕が出来るかも分からないので、向こうに行ってから考えてみたいと思います。
気持の中では、できればギターとともにピアノもずっと続けたいな~と思っているので、なんとか頑張ってみようと思います。
今日は、私の思い出を一つお話しします。

まだ私が22歳くらいの時だったと思いますが、その時に好きな子がいました。
私より3つほど若くて・・・とても、色白でかわいい子でした。(*^_^*)
彼女とは、仲間の何人かで時々遊びに行ったりしていたのですが、当時いつも飲みに行くところは決まっていて、そこのお店のマスターがオープンリールのデッキで、お店に音楽を流していました。
そして、私たちが行くと、いつも流れていたのがイーグルスの「Desperado」でした。

ここまで話すと、はっは~、「Desperado」はその時の思い出なんだな~と大体は想像がつきますよね。
そうなんです、「Desperado」を聴く度に彼女のことを思い出します。

まあ、普通はそこでこの話は終わるのですが、彼女とは、結局はそれだけだったのですが、15年前に風の噂で、彼女が病気にかかり入院しているとのことでした。

彼女とは知り合ってからずっと年賀状の交換だけはしていたので、ちょっとだけ心配になって「体を壊したと聞きましたが、大丈夫ですか?」と年賀状に添え書きをしたところ、彼女からは「元気になりましたよ」と返事が返ってきて、なんとなく安心しました。

ところが、その年のちょうど2月14日に当時の仲間から彼女の訃報が入りました。
私は、彼女の「元気になりましたよ」と書かれた年賀状を何度も見直しては、信じられない気持で一杯になりました。

それから、毎年2月14日になると、彼女が他界してからもう○年経つんだな~と、「Desperado」を聴くのと同じように彼女のことを思い出します。

そんなこともあって、その時から、いつかは「Desperado」を弾き語れるようになりたいな~と思うようになり、ギターで弾き語りをしてみたのですが、なぜか上手くできなくて、ずっとあきらめていました。
ところが、昨年の8月に「この曲はギターではなくてピアノだよな~、ピアノで弾き語りが出来るようになればいいんだ」と、ふっと思ったのです。
ところが、私はギターは弾けますが、ピアノなんてまともに弾いたことなんかなく、まして弾き語りなんて無謀な挑戦に近かったです。

それでも、何かの力が働いて練習する度に少しずつ弾けるようなってきました。

なんとか次の2月14日には弾き語りが出来るようになりたいと、それだけを目標に練習してきました。
その目標だった2月14日が今日です。
ちょうど14回目の2月14日です。

そして、そんな思いのあった「Desperado」の今日の練習での録音がこれです。

[VOON] desperado0214

まだ、ピッチが甘かったり、フレーズの終わりが雑だったりしていますが、今、私が出来る限りの弾き語りです。
どこかで聴いていてくれたらうれしいな~。

それにしても、今日ピアノ弾き語りの練習をしている時も、なんでピアノの弾き語りが出来るようなったんだろうと、ふっと思ったりしてみました。
不思議ですね。

私の心の中で「Desperado」は、これで一区切りがつきました。

人間、50年も生きていれば、色々とこんな映画みたいな思い出もありますよね。
そんな私の思い出、なぜ「Desperado」のピアノの弾き語りを始めたのかをお話さていただきました。m(_ _)m



昨年の8月から始めたDesperadoも、いよいよ仕上げる時がきました。
だからといって、いつもが本気でないかと言ったらそうでもないのですが、その度合いが少しアップしています。

まずは、第一段階は明日で、最終段階は2週間後です。
明日のことは、また明日の日記で書きますが、2週間後はボーカルレッスンの最終日です。
なんとか最後のレッスンでは、それなりに弾き語りしたいなという気持でいます。

そんなことで、今日からレコーダーでの録音をしながらの練習を始めました。
だいたい、今、自宅で練習している時には、自分で、あっ!ここの歌い方が気に入らない・・と思う時くらいしか、ピアノの演奏は止まりません。
間違って止まったとしても、10回1回あるかどうかです。

それなのに、レッスンでは今まで1回しか最後まで弾けていません。
マイクを使っていないとか、鍵盤の重さが違うとか、自分一人で演奏しているとかなど、いろいろ自宅の練習環境との違いはあれど、弾いているのは同じ形をした鍵盤です。
出来ないはずがない・・・・と思っています。(^^;)

今日の練習では、まず昨日先生から指定されたところを譜面でチェックしながら、2~3度その部分を歌ってみて、そして、最初からの通しで弾き語りました。

練習後、録音を聞くと、まだ細かいピッチの外れや、テンポの揺れ、それと、そこはもう少しこんな感じで歌いたいな~等々、チェックを入れました。

それと、今日も感じたのは、良い感じで歌えていると、ピアノと自分の声が絶妙にからんでハーモニーになり、歌っていて気持ちが良くなるのですが、そうでないと、歌っていて疲れてきます。(>_<)

本当に、あともう少しのところまできていますが、その1歩が遠いような気がしています。

こんな感じで少し練習のテンションを上げ始めました。
さて、どうなるでしょうね。
3連休も中日となり、休みもあと一日となりました。
この連休は特に何の行事もなく、自分のペースで時間が過ぎています。
なんとなく、この感じって良いですね。
そして、この連休が終わればいよいよ2月も半分が過ぎたことになります。
やっぱり、2月はあっという間に終わりそうですね。(^^;)

さて、今日はレッスン日でした。
いつものようにレッスンの前に少しだけ練習します。
ギターもピアノの弾き語りも少しずつ調子は上向きになっているような気がします。

まずはボーカルからです。
その前に、先週のお誕生日ケーキのお礼ということで、先生からチョコをいただきました。

choco.jpg

ホットチョコレートドリンクバーとオレンジピールショコラでした。
帰ってきてから、さっそくオレンジピールショコラをいただきましたが、チョコとオレンジの味が絶妙にミックスされてとても美味しいチョコでした。
ホットチョコレートドリンクも明日いただこうと思います。
先生ありがとうございました。m(_ _)m

さて、レッスンはいつものように発声練習からでした。
発声練習では、いつも声を出そうとか、高い声が出るようにとか、かなり力んで出していましたが、先週からなぜか少し脱力出来るようになってきて、今日は先週より力を抜いて発声出来ました。

おかげで、いつもより力が入らない分、高い声が出るようになってきました。
力を抜いて高い声が出るようになるなんて、感覚的には逆なのですが、実際は力が抜けると声を出しやすくなります。
レッスンを受け始めてから、まもなく1年8か月ですが、最近また1歩前に進めたのかな~なんてそんな気がします。

先週ようやく最後まで弾けたピアノの弾き語りですが、今日はまた失敗してしまいました。(^^;)

最初の入りでいつも気をつけているフレーズのピッチを外してしまい、いきなりやっちゃった~と気落ちしてしまい、立て直しをしたものの、途中で、鍵盤を弾く手の感覚が1音ずれてしまい、そこから一気に崩れてしまいました。
自分なりには、なぜというのは分かっているので、修正は可能です。

最初のフレーズと、ピアノをミスった後は少し乱れましたが、自分的には先週よりも良い感じの手応えがありました。
先週はビアノの弾くのに必死だったのですが、今週は少し余裕がありました。
結果的にはピアノをミスりましたが、次回はなんとなく上手くいきそうなそんな予感がしています。

まあ、私の予感くらい当てにならないものはありませんけどね。(^^;)


続いて、エレキギターレッスンです。
先週までのフレーズを復習して、その流れで続きのフレーズ練習でした。
実は先生が起こした譜面は先週のフレーズまでで、今日は、譜面なしで、先生の演奏を聴きながら、それをコピーするという練習でした。
フレーズ的には、リズムが6連符と16分音符の複合となっているので、難しくいつものように冷や汗をかきながら弾いていましたが、音的にはペンタトニックスケールが基本となっているので、何度かゆっくりさらっていくと少しずつですが、弾けるようなってきました。

そう言えば、エレキギターもまもなく3年がきますが、ずいぶんと慣れてきました。
最初は、譜面を追うのに精一杯でしたが、今日みたいに先生の演奏を聴きながらコピーできるようになるとは、最初の頃からは考えられなかったです。
もともと、アコギでも耳コピーをしていたので、全く出来ないというわけではありませんでしたが、人の演奏を聴きながら、その場でコピーしながら弾くというのはやったことはありませんでしたので、これも少しの進歩を感じることが出来ます。

さあ、今日のレッスンが終わると、エレキギターも、ボーカルも残すところあと1回ずつのレッスンとなりました。
まずは、来週がエレキギターの最終レッスンです。
しっかりと練習して有終の美を飾りたいと思っていますが、やっぱり冷や汗をかきっぱなしのレッスンになるんだろうな~。(^^;)
今日から3連休ですね。
ニュースでは本州方面の雪が降ったと流れていました。
北海道に住む私たちからしたら、えっ?このくらいでニュースになるの~と思うくらいの雪ですが、普段降らない地域の方にしたら、このくらいでも凄いことなんでしょうね。
ちなみに、私の住む街は1月からの降雪量が3メートル以上になっています。
北海道だから仕方ありませんが、少し手加減して欲しいな~。
ただ、この雪ももう少しでとけ始めるでしょうね。
2月ももう半ば、春の予感を感じ始めました。

さて、今日は、午後から少しのんびりと練習を始めました。
ピアノ弾き語りを1時間半くらい、エレキギターを1時間半くらいやり、夕食を摂ったあと、少し体力に余力があったので、アコースティックギターをチューニングして弾いてみました。

どのくらい弾いていないのかな~と数えてみると約1か月弾いていませんでした。
おかげで1時間くらい弾いていると少しずつ左手の指先が痛くなってきました。
エレキギターとは弦の堅さが違うので、毎日エレキギターを弾いていてもアコギの弦には慣れないんですよね。
それと、1時間くらいしたら少しずつエネルギーが切れてきて、ヘロヘロになってきたところで断念しました。
そんな感じで、アコスティックギターでも1時間半くらい弾き語りをしていました。

以前だとアコスティックギターだったら2時間以上は平気で弾き語れたのですが、まだまだ体力が戻っていませんね。

ところで、春の予感と言えば、資生堂の春のCMですよね・・・・古いかな~。
確か私が18歳くらいの時のCMで、尾崎亜美・・・いや南沙織が歌っていたのかな~。
そのCMに誰が出ていたのかさえ覚えていませんが、曲だけは覚えています。

そしてその前の年の春の資生堂のCMも、尾崎亜美の曲で「マイピュアレディ」という曲がかかっていました。
このCMは、小林麻美が出演していたのを覚えています。

この2曲とも聞くと春だな~と感じます。
それでは、どうぞ。
マイビアレディは、同時のCM動画です。





小林麻美がかわいいですね。(*^_^*)

昨日の日記で何気なく紹介したAvril Lavigneですが、最初はアイドル系の・・・と思っていたのですが、色々と動画なんかを見るとこれがどうして、結構Rockしているではありませんか。
バリバリとまでは言いませんが、ギターも私の琴線に触れるものがあります。
まだ若いですが、Orianthi Panagaris(マイケルの「THIS IS IT」に参加していたのギタリスト)といい、最近の女性アーティストは中々良いですね。

日本では、どちらかというとアイドル系全盛期ですが、こんな子たちが出てくるともっと日本の音楽界も盛り上がり、質的にも良くなるんですけどね。
音楽番組も今みたいにアイドルばかりでは、正直つまらない質的にも?ですね。(^^;)

さて今日は、そのOrianthiの動画を紹介します。
まずは、これから

歌は昨日の彼女の方が好きですが、こんな渋いギターを弾かれたら、参っちゃいますよね。

続いてこれです。

これは、もう反則ですよね。
もう、惚れちゃいそうです。(*^_^*)

ん?やっぱり金髪か~(^^;)
2011.02.09 練習する体力
今週も少しずつ練習時間を取っていますが、週初めは、帰宅して夕食のあと練習しようと思っても体が疲れていて、思うように体が動きませんでした。
体調を崩す前までは、自然と体が練習室へ向かっていたのに、かなり体力が落ちていたみたいです。

それでも、今日あたりから、少し体か軽くなってきて、なんとなくすんなりと練習する気になれました。
一旦途切れた練習のモチベーションを上げるのも大変ですが、それ以上に練習を休んだことによる体力の低下が思ったよりも大きかったです。

ピアノやギターを弾くだけでしたらそうでもありませんが、ピアノやギターを弾きながら歌うことはきつくて、かなり体力を消耗します。
今週は、そこそこブログも更新していますが、練習後のブログの更新もけっこうきつくて、半分居眠りをしながら更新しています。

きっと練習中はカロリーも消費しているんでしょうね。
そう言えば、練習を休んでいて少し体重が増えたような気がします。(^^;)

練習時間も少しずつ長くなってきて、今日あたりは2時間くらいまで出来ました。
まあ、平日はこのくらいが限界ですね。


さて、今日も練習していてつまづいたのが高い声を出すことで、リラックスして歌っていても、どうしても高い声のところは、出そうとして力か入ってしまいます。
力を入れると、喉に力が入って閉まり、なおさら声が出ません。

一旦、同じ音をファルセットで出して喉の脱力をし、再び地声で出すと少しは良くなりますが、どうしても声が細くなってしまいます。
そして、もう少し太い声を出そうと思うと、また力が入ってでなくなるという繰り返しでした。

もう一つは、高い声になればなるほど喉を開かなければ出ないのですが、高い声の喉の開きでその音より低い声を出そうと思っても上手く出ません。
ということは、地声の時はあまり開いていないと言うことなのでしょうね。
そして、地声からミックスでも高い声に移行する時に声の当てる場所や喉の開きがスムーズに行かないです。

おそらく、これも練習を重ねて歌う筋肉を鍛えるしかないんですね。
そんなことを今日の練習で感じました。

ギターもそうですが、上手く歌もうことの道のりは果てしないな~。


最後に、今日は癒しの動画をどうぞ・・・



えっ?金髪が好きなのかって。
いや違います。
私は、ただかっこ良くギターで弾き語る女性に魅力を感じるだけです。
今朝電車の中で、ブログやニュースをチェックしていた時に、目に飛び込んできたのが、Gary Mooreの訃報でした。
私は、彼のファンではありませんが、この曲が好きで良く聴いていました。
この泣きのギターがたまりませんでした。



まだ58歳という若さだったのに、非常に残念ですね。
1人の偉大なギタリストがこの世を去ってしまいました。
ご冥福を祈ります。

さて、その後メールでバンドのメンバーのSさんから、最近体調が悪くて今月は練習に参加できそうもないと入りました。
今年に入って、先月は私が体調を崩していたので、今月から練習をと思っていたのですが、無理するわけにもいかず、残念ですが見送ることにしました。

これで昨年の10月から始めたこのバンドでの活動が終わることになります。
なぜかというと、実は、今年の春に私は転勤する予定で、札幌から離れることになります。
バンドに参加する時に、メンバの方には2月一杯くらいまでならということで、了解をいただいての活動でした。
短い期間でしたが、楽しませていただきました。
メンバーの皆さんには感謝しています。m(_ _)m

いったいどこへ行くんだ~というのは、正式に決まってからお知らせしますが、ちょっと練習に行きま~すというような近くではありません。(^^;)
そのため、3月は引っ越しの準備や、仕事の引き継ぎなど忙しくなるので、バンド練習だけではなくエレキギターやボーカルのレッスンも今月一杯で終わらせていただくことにしました。

転勤先での音楽活動は、今のところ全くどうなるか分からない状態です。
おそらく平日は帰宅が遅くなるので、今までどおり練習は出来なくなると思います。
ただ、週末は今までどおり休みなので、何もしなくなるということはなく、おそらくは、細々とギターを弾き語ったり、また宅録を始めたりといったようになると思います。

そして、今度は4度目の単身赴任となります。
少し羽を伸ばして・・・いやきっと寂しくなるでしょう~。(^^;)

いつものようにyoutubeをさまよっていたら、こんな懐かしい曲を見つけてしまいました。





2曲とも十代の頃にディスコで良く踊りました。
この曲を知っている人はおそらく、私と同じくらいかそれ以上のお年の方ですね。(^^;)

ところで、この曲が流行っていたのは、もう30年以上前なのですが、その当時のことは良く思い出すのに、最近のことは中々思い出せなくなってきました。年でしょうかね。(T_T)

Sunnyは少し前の曲だったような気がしますが、当時はビリーのStrangerとか、アバのSummer night cityとかが好きでしたね。
それと、サタデイナイトフィバーという映画が流行り、ビージーズの曲が何曲流行りました。
私はビージーズの曲はテンポの良い曲も好きでしたが、この曲が一番好きでした。


い~や、本当に懐かしいですね。
自分の中では、このあたりから音楽の趣向が変わってきたような気がします。

今でこそ、幅広く音楽を聴いたり、演奏したりしますが、この頃はフォークとかニューミュージックと言われたジャンルの曲に限界を感じてきて、ディスコミュージックに聞き入り、その後、本格的に洋楽に魅了され、そしてロックに魅力を感じるようになりしまた。

最後に、この頃に流行った曲と言えばこの曲を抜きには語れないですね。(^_^)v


フィリップ・ベイリーのボーカルは切れが良いですね。
あこがれます。(*^_^*)


今年は、年明けから体調を崩し、1月は不調のまま、あっという間に過ぎてしまいました。
そして、今週からいよいよ2月に突入です。
2月はよく逃げると言いますが、つまり逃げるように1か月が過ぎてしまうと言うことですね。
そうなると、あっという間に3月になるのでしょうね。
なんとなく、この時期は気持ちの落ち着かない季節です。
暖かくなってきて気持がフワフワしてくるのか、そう言えば、この季節は子供の時は入学や進学、進級に伴うクラス替えがあった季節です。
大人になっても、就職や転勤の季節なので、体がなんとなく落ち着かないことを知っていて気持もそわそわしてくるのでしょうね。


今日は1か月ぶりにレッスンに行って来ました。
1か月もレッスンがなかったので、なんとなく自分の中で気持のペースがつかめなくて戸惑いも少しありました。(^^;)

さて、ボーカルレッスンからスタートです。
いつものようにストレッチから始まり、ブレス、発声練習といつもの流れでレッスンは進みました。
ところで、ブレス練習の時に先生が流した曲がオリビアの「Have you never been mellow(その風の誘惑)」です。
私は、この曲は聴く度に春だな~という気分になります。
というのも、この曲が日本で発売されたのは1975年の春で、ちょうど春にこの曲を良く聴いたことから、私の記憶がこの曲を聞く度に春を連想されるようになったんですね。
そして同じように、カーペンターズの「I won't last a day without you(愛は夢の中に)」もその前の年の春に発売されて、同じようにレコードを買って良く聴いたので、春を感じさせる曲になっています。

そんなことを思いながら、今日この曲を聴いた時に「春だな~」って言う言葉が出てしまいました。
その言葉を聞いた先生も、「私もこの曲と「なごり雪」が春を感じる歌です。」と言っていました。

「なごり雪」ですよね・・・・・(^^;)
私も「なごり雪」には特別な思い入れがあります。

私は、中学を卒業後、地元を離れてちょっと遠い場所へ進学したのですが、地元から電車に乗って離れる時に、なぜか当時好きだった人が頭の中に思い浮かび、好きな人と離ればなれになってしまうことに心の中で涙を流して歌いながら、その電車で地元を後にしました。(T_T)
まあ、青春時代の淡い思い出ですね。

私も歌には色々な思い出があって、今練習しているDesperadoにも特別な思い入れがあります。
まあ、そのことはまた後ほど・・・

今日は、最初から、なんとなくいつもより力が抜けてリラックス出来ていて、発声練習でも、いつもはAあたりが限界なのに、今日はBまで出たみたいです。
いつのまに、こんな高い声が出るようなってんでしょうね。
2年近くレッスンを受けている成果なのかもしれませんね。

さて、いよいよメインイベントのピアノの弾き語りです。
いつもは、ここで「よし!今日は絶対に完奏するぞ~」と意気込むのですが、今日は、最初からの流れで、気負いもなく、少しだけ気持を整えてピアノを弾き始めることが出来ました。

実は、先日の日記にも書いたとおり、約2週間全く練習出来ていなかったし、今週も仕事の関係であまり練習出来ていなかったのですが、なんか楽にピアノを弾き始めることが出来ました。

歌い始めで、久しぶりにPAを通して歌ったため、自分の声をモニターすることが出来ず、少しピッチを取るのに
苦労しましたが、慣れてくると少し安定してきて、ピアノもミスタッチが何カ所かあったものの、止まらずに最後まで演奏することが出来ました。

気がつくとエンディングを弾いていて、あら?最後まで出来ちゃった・・・・(^^;)
という感じで、レッスンで弾き語りを始めて、5か月にして始めて最後まで弾き語ることができました。
歌も、なんか自然に楽に歌えて、気持ちよかったです。

まだまだ修正しなければならないところはあるものの、なんとなく「やった~!」という気持でした。(^_^)v
この調子で、来週も弾けたら良いんですけどね・・・・


続いて、エレキギターです。
前回に引き続き、クラプトンの「Old Love」のソロのレッスンです。

今日は、ところどころ取りづらいところのリズム練習が中心でした。
今回のソロは6連符がふんだんに出てきて、その頭に休符が入り、変速なリズムで弾かなければなりません。
また、そのリズムも先生は、「ブルース独特のリズムで、けしてかっちりしたリズムではないけれども、それなりに乗らなければならないから、難しいんだよね。」とのことでした。
それでも、何度かリズム取りの練習をしているうちに少しずつ、指が覚えてきました。

なんとなく、イントロは弾けるようなったみたいですが、先生からは「まだリズムに乗れていないから、自分でバッキングを録音して、それに合わせて練習すると良いよ」とアドバイスをしてくれました。

イントロに続いて、歌の合間のオブリの部分も少しだけ練習しました。
ここでは、ほとんどが6連符で、聞くと凄い複雑なような感じがしたのですが、先生が起こした譜面を見ると、チョーキングが入っているものの、なんとペンタトニックスケールのうちの3の音しか使っていませんでした。
3つの音しか使っていないのに、なんと広がりのあるフレーズに聞こえるんでしょうね。
やっぱり、リズムなんですね。

私は、アドリブでソロを弾く時は、いつもいかに音を多く弾くかということを考えてしまいがちなのですが、けして音数が大事なのではなく、流れの中で、広がりのあるリズムでフレーズを弾くことが大事だと言うことを、今日はあらためて知らされ、勉強になりました。

さあ、来週からはいよいよバンド練習も再開します。
とは言え、あと3回ほどしか出来ないので、メンバーと少しでも楽しめるようにやりたいです。

また、昨年末から少し体に無理をかけ過ぎて年始めから体調を崩したので、これからは体と相談しながら、無理をせずに少しずつ練習を積んでいきたいな~と思っています。

今日も、久しぶりのレッス疲れました。
こんな時は、早寝に限りますね。(^_^)
2011.02.03 感動再び!
昨年の9月に見た映画ですが、もう一度という気持があり、ずっ~とインターネットをチェックしていて、ブルーレイディスクで発売されるのを待っていましたが、とうとう発売になり、予約注文していたディスクが今日届きました。

beck.jpg

今日は飲み会でしたが、さっと帰ってきて、早速鑑賞しました。
いや~、良い映画は何度見ても良いですね。

前にも書きましたが、あくまでも私個人的にはまっている映画なので、その辺はご了承くださいね。

それにしても、この映画を見た時にも思ったことですが、音楽って良いな~ということです。
そしてもう一つ、私ももう少し若かったら、この映画みたいに、もっとエネルギッシュに音楽が出来たかもしれないな~ということです。
無い物ねだりですが、せめて10年前にでもこの音楽環境があれば・・・・・
まあ、そんなことを思いながら、再び感動させていただきました。

あ~~、ギター弾きたい~!
2011.02.02 譜面を読む
私は、譜面が読めない・・・という方が、私の周りにも何人かいらっしゃいます。

譜面が読めない方は、耳コピーという素晴らしい能力を持っているから、それはそれで良いのかもしれませんね。

ちなみに私は、譜面も少しは読めるし、耳コピーもやります。

まず私が譜面を読む時に、最初に見るのが曲の調です。

これは、五線譜に書かれたシャープやフラットの数で調がわかります。
長・短調は、メロディーをみれば大体分かります。
これだけで、その曲の音階が読み取れます。

後は、テンポ、繰り返し記号、音の強弱記号くらいで、ほぼOKです。

さて、そんな私が一番苦労するのがリズムです。
シンコペーションがなければ意外と簡単に読めますが、シンコペーションがあると、ちょっと複雑になってきますね。
これは、リズムが裏から始まったり、表と裏が交互になったりと、リズムを取るのに体か拒否してしまう時もあります。(^^;)

私は、主にギターを弾きますが、エレキギターをやり始めてから、16分音符、3連符、6連符などは当たり前、時々シンコペーションでチョーキングが入ったり、16分音符が1つずつリズムをずらしたりなんて譜面に当たると、少し冷や汗をかきかき必死で譜面を読みながらギターを弾いてます。

おかげで、少しくらい複雑な譜面を見ても、さほど拒否反応を起こすことがなくなりました。

そして複雑なリズムの譜面になればなるほど、必ず自分でゆっくりとリズムを刻みながら、リズムを取っていけば大体は読めるようになります。
そして、チョーキングや、スラー、スライド、プリングやハンマリングなども必ず基本の音符の長さに置き換えて
そのリズムの流れをつかみます。

たとえば、ギターで16分休符、16分音符タイ16分音符、16分音符というフレーズを弾く場合は、基本的に16分音符のリズムを4つ刻み、ギターでは、ゆっくりと休符とタイで繋がった音符は空振りして弾きます。
それで、そのフレーズのリズムを体で覚え少しずつテンポを上げています。
同じパターンで、スラーの場合は、最初はスラーしないで、単音で弾いてフレーズの流れをつかみその後スラーをつなげて弾いてみます。

こんな風に、とにかくゆっくりと根気よくリズムを読んでいけば、そのうちきっと弾けるようになると思っています。

私も、音源があれば、こんな苦労はしないで耳コピーでさっとやっちゃうのですが、最近は音源がなくて譜面だけというのも多くて、やっぱり譜面が読めないと不便だろうな~と感じています。

音楽のスタイルは人それぞれですので、絶対に譜面を読みなさいとは言いませんが、譜面が読めるようになると、きっと音楽の世界が広がるのかな~なんて思います。

譜面には曲を作った人の意図が散りばめられているので、見るだけでも結構おもしろいと思います。

最後に、これから譜面を読んでみようと考えている人は、是非、簡単なもので良いので楽典を1冊買うことをおすすめします。
これは、英文を読む上での英和辞書みたいなものです。
参考にされてください。

今日は久しぶりに音楽ネタらしいものを書いてみました。
体調不良や出張で、約2週間ピアノの弾き語りやギターの練習を休んでいましたが、昨日から再開しました。
ギターは、2週間くらいならそこそこ弾けるかな~と思っていましたが、正直ピアノはもう弾けなくなっているのかな~とあきらめていました。

まずは、そのピアノからです。
テクニカルを、少しゆっくり目に弾き始め、指を動かしていきます。

次に声も全く出していなかったので、リップトリルや発声など声の準備運動を入念に行います。

まるで、少しさび付いたギヤに少しずつオイルを注入しながら動かしているような感じで、気分もゆったりと・・・。

そして、いよいよピアノ弾き語りを始めます。
最初は、指が動くかどうかドキドキでしたが、意外とすんなりと動いてくれました。
途中、少しだけ戸惑いながらも、なんとか弾くことは忘れていませんでした

声も6~7分目位の感じで歌いましたが、かえってそれが逆に力が抜けて良い感じになるから不思議ですね。
弾き語り全体としては、2週間前と同じとはいきませんが、かなり近い感じに戻りました。

もう5か月以上もほぼ毎日弾き続けているので、身体がある程度覚えていてくれたみたいです。(^_^)v

さて続いてギターですが、こちらの方は全然心配していませんでした。
ギターもピアノと同じく、メトロノームののテンポを最初は少しゆっくり目にして、テクニカルで指を少しずつ慣らしていき徐々に速度を上げて、最後は通常の速さで弾くことが出来ました。

こちらも、ギヤに油を注入しながら徐々にギヤを上げていくような感覚でした。
結局、ギターもほぼ、休む前のレベルくらいまで戻りました。
さすがにギターはピアノと比べ年季が違いました。

そして今日も、仕事が少し遅くなったので、いつも通りとはいきませんが、ピアノとギターを少しずつ練習しました。
ギターはもう良いのですが、ピアノはそう簡単には戻らず、全然ダメというわけではありませんが、2週間のブランクはやはり大きく、また少しずつ積み重ねていこうと思っています。

さて問題は、バンド練習で、まだアコスティックギターを弾いていません。
バンドも今月一杯くらいまでと思っているので、なんとか始めたいのですが、もうしばらくは睡眠時間を多く取りたいと思っているので、練習の再開は今週末くらいかな~と考えています。

とりあえずは、今週末のレッスンに向けて、ちょっとだけ歩き始めた報告でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。