上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 音域
最近、歌っていて気付くのは、音域によって声の出し方というか、発声と言って良いのかわかりませんが、声の質自体が変わります。
大まかに私の音域は、なんとか音になるのはA2~A4の2オクターブです。
ただ、G4~A4は、かなり調子に左右されます。
それで、声に出すときは3つのブロックに分かれていて
A2~E3、F3~D4、E4~
となっています。
特に、A2~D3くらいまでのピッチを安定させるのに苦労します。
レンジ的に楽に出せるのはA3~E4くらいです。
比較的高くなればなるほど、呼気圧で支えるので出しやすくなり、F#4を越えると少し、かすれ気味になってきます。

問題は、低音域もそうですが、レンジの変わり目で、発声の仕方を変えることを意識しなければ、上手くつながりません。

そんな意味で、今回ライブで歌った「学生街の喫茶店」は、いい材料となりました。
Aメロ、Bメロは、低音域なので、低い声を声を支えるのに、どこで響かせるとか色々と試行錯誤しました。
それから、サビの最初の部分は比較的得意なレンジで、後半のクライマックスに向かうときに、中音域から高音域に一気に上っています。
このときに、スムーズに切り替えが出来るように練習をしていました。

まあ、当日は、緊張でブレスコントロールが思うようにいかなくて、特に低音域でピッチを安定させるのに苦労しました。
当日のビデオを聴いてみると、低音域でかなり苦労して、フレーズの終わりに向けて微調整しているのが分かりました。

それにしても、低音域と高音域での声質の違いに少し戸惑っています。
声質を変えなければ、高い声は出ないんでしょうかね。
まあ、出るだけよしとしなければならないのかな~。

それと、いつもなのですが、歌っていて中間くらいで、ふっと気を抜くところがあって、聴いているとよく分かります。
今回は、2コーラス目のサビの部分で気を抜いてしまい、コーラスにつられてしまいました。
得意な音域だったのに、ガッカリです。

とこんなところで、自分の歌を分析するのに、良い材料となりました。
今年の残りは少し、基礎固めの練習に力を入れて、来年に備えて行きたいな~と思っています。

それでは、今年最後のライブで私が歌った曲をアップします。



スポンサーサイト
新しいユニットで、本年最後のライブをやってきました。
昨日は、私が今まで何度かお世話になっている、「ありがとう」という、こちらのお店です。
http://www17.plala.or.jp/arigatojp2004/
いつも、演奏や歌に情熱あふれる方々が集り、聴いているだけで大変刺激になるお店です。
なんと言っても、皆さんが静かに演奏を聴くというマナーが確立されたお店で、演奏される方も真剣勝負さながらのパフォーマンスを披露してくれます。

今回も、私たちを含め14組の皆さんが参加し、それぞれの方々が熱唱してくれました。
私たちの出演順は、当初15組中の14番目でしたが、最後の方が欠席されたと言うことで、一番最後の出演となりました。
・・・えっ!ということは、初参加の私たちがトリですか~(^^;)

私は、ここのお店での演奏は5回目になるのですが、なぜか緊張します。
それは皆さんの熱い演奏を聴いて、自分たちもしっかりやらなければとプレッシャーとなるからだと思います。

今まで経験のある私でも緊張するのですから、ほかの2人は初めての場所で、そしてその雰囲気を感じて緊張しないはずがありません。
Vo&Guのしずかさんは、「私こんなところで歌って良いんでしょうか~」と不安な様子でした。
なので、私は、毎年やっている教室の発表会ライブを例に出し、「あれよりも緊張しないでしょう」と落ち着かせます。
と言いながら、私もここでやるのは半年振りなので緊張もピークを越えていました。(^^;)

そんなところで、いよいよ私たちの順番がやってきました。
それぞれの組の持ち時間は10分なので、演奏は2曲が暗黙の了解となっています。

私たち以外の参加していた方々は、ほとんどがここの常連さんで、私たちがステージに上がると、会場から、初参加の私たちの演奏に注目している視線をとひしひしと感じました。

まず、1曲目は、しずかさんの歌で吉田拓郎の「落陽」です。
ここには、拓郎ファンの方が結構いらっしゃるので、拓郎の曲をやるのは冒険でしたが、もともとしずかさんは拓郎の曲が好きなこともあって、いつも練習では良い感じで歌えていたし、今までとはひと味違う女性が拓郎の曲を歌うと言うことで、いけるかなと思っていました。

さすがに横で聴いていて少し緊張ぎみかな~と感じるところもありましたが、今回のステージでも、いつものように「落陽」を熱唱してくれました。
聴いてくれた方々も、女性が拓郎の曲を歌っているのと、Bassのしんちゃんが良い感じで演奏してくれた相乗効果で、まずは良い印象を得てくれたみたいでした。

つづいて、2曲目は私の歌でガロの「学生街の喫茶店」です。
先週のライブで少しとちったこともあり、1週間で出来る限り修正しました。
やっぱり、歌は低いところのピッチが苦しかったのと、予想外の緊張で悪戦苦闘しましたが、「懐かしいね~」という言葉を皆さんからいただきました。

こんな感じで、あっという間の2曲でしたが、演奏が終わると、ほかの参加していた皆さんが、しずかさんに「女性の落陽もなかなかいいですね~」などと声をかけていただき、しずかさんも感動しておりました。

正直、今のユニットではまだここに出るのは少し早いかな~とも思ったのですが、しずかさんや、しんちゃんは普段から一生懸命練習してたし、お店に来て、自分たちの演奏を待っている間、ほかの参加者の方々の演奏を聴いて、良い刺激を受けたみたいで、今回の演奏は今までで一番良い演奏をすることが出来ました。
なので私は、少し背伸びしてもここでやり、ユニット自体が少しレベルアップできたな~と感じました。

それにしても、いつにもまして、マスターやお店に来ている方々が初参加の私たちに、暖かく声をかけてくれることが一番嬉しかったです。
本当に、いつも感謝しています。m(_ _)m

今のユニットでなんとか演奏できたので、これからは定期的に「ありがとう」のステージに参加させていただこうと3人で決意しました。

こんな感じで、今年最後のライブは終了しましたが、まだまだ未完成なユニットなので、これからもっと練習して、来年は今年以上に良い演奏ができるように頑張っていこうと思います。
2010.11.27
今日は、久しぶりにこのビデオをみました。

we are the world

1985年ですから、今から25年前のビデオです。
当時、アフリカの飢餓で苦しんでいるの人々を救おうと、名だたるアーティストが集まって作った曲です。
その時のメイキング映像入りのミュージックビデオです。
何が凄いって、参加アーティストですが、
マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー、スティービー・ワンダー、レイ・チャールズ、ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス・・・・上げればきりがありません。
おまけにプロデュースは、クインシー・ジョーンズですよ。

特に私がお気に入りのアーティストは、シンディー・ローパーとスティーヴ・ペリーかな。
そうそう、シンディーがめっちゃカワイイ~(*^_^*)

このビデオは、本編のミュージックビデオもさることながら、メイキングも見所満載です。
25年経った今でも、色あせることのないビデオでした。

さて、明日は・・・・・

えっ!今日のピアノの弾き語りはどうだったのかって?
あれ、今日はそんな日でしたっけ・・・・・(^^;)
ハッハッハッ・・・・今日もダメでした orz

何でこんなところでという簡単なところで間違えてしまいました。
先生も、ちょっとガッカリしていましたが、それ以上に私もガックリでした。

今日は、家での練習もちょっと調子が良くなかったのですが、最初からピアノのプレッシャを感じながら歌ったため、反対に歌い始めから歌の調子が崩れ、あれ?歌がおかしいなと思った瞬間に、見事にコードを忘れてしまいました。(>_<)

もう何回弾いたか分からないくらい練習していますが、忘れるはずのないコードが吹っ飛んでしまいました。
まあ、仕方ないですね。
もう一度、1週間練習し直して、再度来週挑戦します。
今年のレッスンも残り2回なので、なんとか今年のレッスンのうちに完奏したいです。

まあ、弾き語りは失敗でしたが、レッスン中にはいくつか自分の声の変化にも気付きました。
以前は必死で声を出していたのですが、最近は少しリラックスした状態で声が出せるようになってきました。
と言うことで、悪いところだけではなく、良いところも感じられるようになってきました。


ところで、レッスン室の外に待合の椅子がいくつか並んでいるのですが、そこで座って待っていると、中で歌っている声が聞こえるんですよね。
いつもは、私のレッスン中は誰もこの椅子に座っている人はいないのですが、今日、レッスンが終わって外に出ると、あっ!・・・・(^^;)
私の失敗バージョンの歌を完璧に聴かれてしまいました。

全然知らない人でしたら目を合わさずにさっとその場を離れればOKなのですが、運悪く8月のライブに一緒に参加していたコーラスの人でした。(>_<)
ダブルショックでした。
今日の出来事は全て忘れることにしましょう。。(T_T)


そんなショックも消えないうちに、次はエレキギターのレッスンです。
前回の課題のフレーズを2週間練習していましたが、とにかくリズムが難しくて一苦労でした。

どんなリズムかというと、私の一番苦手な16分音符ズレのフレーズです。
8分休符の後に4分音符のチョーキングで入り、16分のプリングで拍の頭に戻り、再び4分音符と付点8分音符スラーのチョーキングで、最後の16分音符分から16分音符のフレーズが始まります。
一つのフレーズが8分残しで終わり、16分休符を挟み再び16分音符タイのシンコペーションで16分音符のフレーズが始まります。
つまり、16分音符1つ分早くフレーズが始まり、それが拍の頭の16分音符1つ分まで伸びその後残りの16分音符のフレーズが続きます。
このフレーズを弾くのに2週間近くかかりました。

ところが、今日のレッスンで、またしても譜読みミスが発覚、タイミングも何あったものではありませんでした。
今日もいつものように冷や汗のかきっぱなしで、レッスンが終わった瞬間にドッと疲れが出てきました。
それでも、今回の課題曲は今日のレッスンで最後のフレーズまで行き、いよいよ大詰めです。
後は仕上げるのみですが・・・・

さて、明日は今年最後のライブです。
今日は、レッスンから帰ってきて明日の練習をしようと思ったのですが、今朝から少し喉か痛いのと、疲れで体が動きませんでした。(^^;)
ここのところ、少し疲れがたまっているのかもしれませんね。
なので、今日の夜は少しのんびりしています。

このライブが終わると少しは気分的に余裕が出ると思います。
今はどちらかというと、気力だけで続けているような気もしないではないです。
今年のレッスンもあと2週間なので、その後は1日くらいは、体を休めたいな~と思っています。
やっぱり、楽しくなければ音楽ではありませんからね。

来年は年明け早々、1月の9日にsuger.nさんとのライブ、22日は今のユニットとのライブが予定されているので、来年も1月から音楽漬けになりそうです。(^_^)

今年もあと1か月あまりですね。
もうひとがんばりかな~。
今週も無事に終了しましたね。
12月に近づくにつれて少しずつ寒さも厳しくなり、週末からは雪マークもちらほら・・・

さて、今週から少しずつピアノの弾き語りの新曲に挑戦しています。
それで、I love youの時もそうでしたが、今回の曲もイントロで苦労しています。
なぜ、イントロって難しいんでしょうね。

イントロって、それを聴いただけで曲が分かるくらい大切なものだからでしょうか。
つまり、曲の顔ってことですよね。
作曲者の曲に対する思いが一番込められた部分でもあるかもしれませんね。
そう考えると難しいのも、妙に納得できたりします。

今度の曲も良い曲です。
譜面は全部で6ページなので、私にしてみればちょっとした大作ですが、Desperadoと同じように、焦らずコツコツと頑張って練習したいと思っています。
それにしても、そろそろレッスンでもちゃんと弾きたいな~。
明日のレッスンで・・・・やっぱり出来ないかな~。(^^;)

最近、ピアノで弾き語りできるようになって、音楽の幅が広がったような気がします。
とにかく、ピアノでもギターでも弾き語りする楽しさを感じながらやっていきたいと思います。




今日、3月に転勤していった同僚が出張でやってきました。
そして、私の顔を見るなり

同僚:「最近元気ですか~」
私 :「元気バリバリだよ~」
同僚:「そうですか~、なんか白髪が増えたんじゃないですか~」
私 :「・・・・・・・・・・」

と言う会話がありました。
ちょっとショックでした。(>_<)

確かに、最近顔を洗うときなど鏡を見ると、「最近ちょっと老けたかな~・・・・」なんて、気になっていたことは確かです。

もともと、若いときから老け顔で、おまけに歳とともに髪の毛も・・・・(^^;)
まあ、それはそれで仕方ないことなので、特に気にはしていないのですが、白髪が追い打ちをかけてくるとはね~。
帰宅してから、嫁さんに「白髪が増えたって言われたんだよね~」と話すと、嫁さんは「えっ?気付いてなかったの~」ですって。(-_-#)

もう50歳を過ぎると、そろそろ老いを受け入れなければならないんですかね。
気持ちはまだ20代なのですが、体はそれなりですね。

この際、もう仕方ないので、この人を目指しましょう!



渋いな~。
これなら許せますよね。

ということで、自虐ネタを最後は音楽ネタで締めました。(^_^)v
2010.11.23 指が痛い~
あなたが噛んだ~♪、小指が痛い~♪
なんて、別にかまれたわけではありませんよ~。(^^;)
おまけに小指ではなくて中指です。

なぜかというと、最近アコギで弾いている曲の中で、ソロでチョーキングを多用するフレーズがあるのですが、その練習をしているときに、中指の爪と肉の間に弦が入ってしまい、それがなんとなく癖になってしまい、チョーキングする度に痛い思いをしています。(>_<)
おまけに、この曲は、次の日曜日のライブでやる曲なので、練習しないわけにはいきません。
ちょっと参っています。
エレキギターだとそんなことはないのですが、アコギの場合はちょうど弦高が中指の爪の位置なんですね。
指の立てる角度を少しずつ変えながら、弦が入り込まないようにしているのですが油断すると直ぐに入ってしまいます。

さて、ピアノの弾き語りも、今のDesperadoの仕上げに入っているため、ほかの曲をやる時間がありません。
なんたって、レッスンでは未だに最後まで止まらずに弾けないのですから、まだまだ練習が足らないということですよね。
そのためレパートリーも中々増えません。

あっ、I Love Youは、コード弾きだとなんとか弾き語れるようになっています。
とは言っても完全に弾けるわけではありませんからね。(^^;)

それで、そろそろもう1曲真剣に練習しようかと思っています。

前に、練習しようと思ったWe're all aloneは、今私には、少し難しいので、もう少し弾けるようになってからにしようと思っています。

さて候補は何曲かあるのですが、今日、弾き語りのスコアー集を見ていて、ちょっとビビッと来る曲がありました。
ピアノは、Desperadoみたいに、基本はコード弾きなので、なんとか頑張れば弾けそうなそんな感じがしました。
ただ、キーがB♭で、E♭等々、今まで弾いたことのないコードがいくつかあって、コードの形を覚えるのに少し時間がかかりそうです。
Desperadoに少し余裕が出来てきたら、挑戦しようと思っています。
良い曲ですよ~。お楽しみに。


昨日は暖かかったのに、今日は天気は良かったですが、寒~い一日でした。
今週末には、再び、雪マークが付いています。
気付けば来週から12月なので、雪が降っても積もっても当たり前の季節なんですね。
皆さん、これからどんどん寒くなりますので、くれぐれも風邪には気をつけてくださいね~。(^^)/


 
先週末のライブの疲れもとれ、今日からまた新たな1週間の始まりです。
実は、まだ確定はしていませんが、次の日曜日も同じメンバーでライブの予定なので、引き続き気合いが乗った状態です。
次は時間の都合上2曲のみですが、今の自分にはちょうど良い曲数です。(^^;)

さて、昨日のピアノの弾き語りとライブの音源をiphoneに入れて、通勤時間にじっくり聞いて、反省&対策をねりました。
基本的には、ピッチと高い声の発声です。
あとは、ここはこんな風に歌おうといった感じですね。

ピッチは何度も何度も繰り返し繰り返し・・・・・繰り返し~です。(^^;)

高い声の発声は、喉の辺りの力を抜くことを意識しながら、喉を出来るだけ開き、表情筋で引っ張って、あとは呼気圧の調整で発声しますが、なかなか上手くはいきません。

頑張ればAまで出るのですが、土曜日のライブみたいに、調子が良くないとF♯辺りからきつくなってくるので、F♯からAまでが、もう少しスムーズに出るようになると良いんですけどね。
そう、あまり高望みはしません。
とにかくAまで気持ち良く出るようなるだけで良いんですが・・・・もしかしたら高望みかな~。(^^;)

ギターは、日曜日の予定曲のイントロ、間奏、エンディングのソロの練習をしました。
やっぱり、ソロはかっこよく決めたいですからね。(^_^)v
それから、先週はちょっとだけ練習の手抜きをしたエレキギターも今週はレッスンがあるので今日から気合いを入れ直しています・・・・
とこんな感じで、結局は引き続き3足のわらじを履いています。(^^;)
2010.11.21 感覚のズレ
昨日は、ライブが終わって帰宅したのが夜中の1時半でしたので、そのままベットへ・・・・疲れました。

さて、昨日は、ライブ練習、ボーカルレッスン、ライブ本番と忙しい1日でした。
夕方、メンバーが集まり最後のリハです。
1曲ずつ、確認しあって本番までの調整を行いました。
私は、その途中ボーカルレッスンへ・・・

昨日のレッスンでは、ファルセットの発声で、先生から「少し当たるところが分かってきたみたいですね」と言われました。
自分でも、昨日はいつもよりも声が響いていたような気がしたのですが、なんとなくこんな感じかな~というところです。
まだ、地声もどこに当てて響かせていいか試行錯誤のところなので、その感触が記憶できればいいのですが、その時の体調等に大きく左右されるので、未だ不明瞭です。(^^;)
ピアノの弾き語りは・・・・昨日も上手くいきませんでした。
ピアノを始めて3か月が経ちましたが、そろそろレッスンでもビシッと決めたいところですが、なかなか・・・

特に昨日は、前日が飲み会で練習できなかったこともあり、また普段飲まない私にはお酒が微妙に体調に影響を与えていたみたいで少し声の出が悪くて苦労しました。
先生からは、細かな発音やピッチのズレなどのアドバイスをいただきました。
そうそう、最後の締めの部分の尺についは、ぎりぎりセーフというこでしたので、それをキープ出来ればと思っています。

ところで、ピアノ弾き語りを最後にアップしたのは1か月前でした。
それで自分でも最近録音して聴いていなかったので、今日の練習の時に録音してみました。
3時間くらい練習した後でしたので、さすがに声が疲れていましたが、なんとなく感じがつかめました。
良く聴いてみると、ところどころピッチが不安定です。
声もひっくり返っていますね。
特に、Desperado~♪のピッチが未だにつかめていません。(^^;)
それと、発音も甘いですね。
最後は、声が疲れてきて、肝心の締めの尺も長めになり、ピッチもフラフラ~です。

ただピアノはさすがに安定してきました。
ピアノが安定してくると歌もだいぶん歌いやすくなってきたような気がします。
もう少し頑張れば良くなる気がします。
あっ、こんな感じです。


[VOON] 1121desperado


さあ、肝心のライブですが、この場所でやるのは昨日で2回目で、このお店はもともとライブをやるお店ではなく設備もカラオケしかないため、やるときは自前でギターのアンプ持ち込みです。
それで、昨日の一番の失敗ですが、もう一人のギターのSさんと比べて、私のギターアンプの音が少し小さく、バランスが悪かったです。
それと、私のボーカルマイクの最初はこのくらいで良いかなと思い調整はしたのですが、レベルが低く、ギターの音に隠れてしまいました。
まあ、昨日は、声が出なかったので、変な声を大きく聴かせなくて良かったかな~とも思っています。(^^;)

それで、演奏した曲は全部で9曲です。
本当は8曲しか用意していなかったのでが、強制アンコールで予定外の曲を1曲だけやりました。
ただ、練習していなかったので、歌もギターもぼろぼろで、聴いている人には申し訳なかったです。m(_ _)m

さて、その中で私が歌った曲を1曲アップします。
ふきのとうの「白い冬」です。
ちょうど今の季節にちょうど良いと思い、選曲しました。
歌もちょうどギターの音に隠れて良い感じですね。(^^;)
上にも書きましたが、本当に昨日は声がでなくて苦労しました。
普通は、レッスンの後は声が軽くなるのですが、昨日はレッスンの後でも声は軽くならず、四苦八苦しています。

そうそう、歌い出しのところでいきなり走ってしまい、指がついて行くのがようやくでした。
歌が入らないかと思いました。(^^;)

それと、良くあるパターンなのですが、間奏のリードギターに集中しすぎて、2コーラス目の頭の歌に入れませんでした。
まだまだ練習が足りませんね。


[VOON] 4白い冬


さて、もう1曲アップします。
今日の日記のタイトルどおり、感覚くがずれてしまいました。

というのも、昨日は、声の調子が悪く立ちでやったのですが、演奏している場所が微妙に狭くて少しギターを抱える感じで演奏しながら歌ったのですが、左手のフレット感覚がずれてしまい、歌い出しのところで、あれ?変な音が出ている~(>_<)状態でした。

当然、ギターを弾くときには、ローコードだったらフレットを見ないで弾くわけですが、変な音が鳴り、あっ!と思ってフレットを見てみると1フレット下にポジションを取っていました。
まずいと思い、感覚の修正を図りますが、完全に修正されたのはAメロの終わり頃でした。
人間の感覚って本当にいい加減だと言うことが分かりました。
それから、サビの部分にG、Aと出てきますが、1コーラスはなんとか出ましたが、2コーラス目でひっくり返ってしまいました。
ちょっと限界を超えているのでしょうか・・・・
ただ、この曲はコーラスがきれいな曲なので、次回はもっと練習してやろうと思っています。
それでは、最初の部分は聞き苦しいので、修正されたとろこから編集してアップします。


[VOON] fin学生街の喫茶店

いかがですか、懐かしいでしょう~。
エンディングのリードのちょい失敗や、私のピッチのふらつきなどがありますが、もう少し練習すれば、もっと良くなるような気がします。

今回のライブで、ユニット自体の課題がだいぶん明確になってきたので、修正しながら次回も頑張って行きたいと思います。(^^)/








今日は、レッスンと今組んでいるユニットでの2回目のライブでした。
少し前に、終わって帰宅して、今ようやくベットの中でiPhoneを使って日記を更新しています。(^_^;)
そんなことで今日は、疲れましたので、詳細は明日書きますね。

それでは、お休みなさい(( _ _ ))..zzzZZ
今日は、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
実は、3年前までは、中学以来受けたことがなかったのですが、加齢とともにインフルエンザにかかったときのことを考えてしまい、受けることにしています。

そして問診が終わり、注射をうってくるお姉さん(私から見て)が、私の腕をつかみ「痛いですからね~」・・・・・痛くない注射なんてあるか~!(-_-#)
注射をうつ前から、痛いですからねなんて言われたら、もうドキドキになるじゃないですか~。
それでなくても、まだこの年になっても注射が嫌いなのに・・・

だけど、痛いですと言われ、もの凄~く痛いだろうなと思っていましたが、確かに痛かったですが、想像していたより痛くありませんでした。(^_^)v
しかし注射は、いくつになっても嫌ですね。(>_<)

ところで、この予防接種は効果が出るまで3週間くらいかかるそうです。
ということは、その前に感染したらどうなるんでしょうね・・・(^^;)



さて、ちょっとした誤算が・・・・

火曜日に練習を休み、昨日はさんざんでしたが、今日は、インフルエンザのワクチンを接種したので、あまり体に無理はかけられないので、軽~く・・・なんて、練習し始めたらそれで終わるわけがないです。
いつものようにハードな練習になってしまいました。
おかげで、昨日よりは少しだけ上向いてきました。
この調子だと、明日1日練習すれば仕上がるな・・・・・あ゛っ!、明日は飲み会でした。orz

ということは、後は、本番前の練習とレッスンだけしかありません。
やば~い・・・・・(^^;)
ってなことになっても、ライブの曲はギターは大体できあがっていて、歌の方も、土曜日の練習とレッスンでウォーミングアップすれば、それなりに行けるかな~と思っています。
後はどれだけ仕上げられるかなので、とりあえず土曜日にかけるつもりです。

ただ、あまり練習で歌いすぎると、本番で声が出なくなっても困るので、加減が微妙ですね。
私は、どちらかというとスロースターターなので、声が出なくなる寸前の状態が一番良いかもしれません。
なんて、紙一重なので80%くらいの仕上がりが一番良いかもしれませんね。
以前エレキギターのレッスンで教えてもらった、トニックスケールコードですが、たとえばCのスケールの4声コードならばならば、

 CM7、Dm7、Em7、FM7、G7、Am7、Bm7♭5

となります。

さて、なぜこのコードになるのかというと、実のところあまりよく分かりませんでした。

ところが、先日なにげなくピアノを弾いていて、4声のコードをCのキーで白鍵を1つずつ右にずらしていくと、あらら・・・これってトニックスケールコードじゃないの~と気付くのが遅いくらいですが、一瞬にしてその意味がかわりました。

そんなの当たり前じゃないの~と思う人は、この先読んでも仕方ありませんので、一応お断りしておきます。

つまり、Cメジャーのキーということは、ピアノのスケールでは、Cから始まってオクターブ上のCまで行きます。
当然、譜面にはシャープもフラットもないので全部白鍵です。

そこで、まずは、最初のCのコードを押さえますが、3声ならCを基準にして3度ずつ(白鍵の一つおきの鍵盤)3つの音を押さえます。
Cは、C、E、G(ドミソ)です。
それに4声目を加えるとBなので、Cの場合はC、E、G、Bとなり、CM7コードとなります。
これと同じように、次のDだと、D、F、A、CとなりDm7という風に、順番に押さえていくと上のコードになります。

ギターだとフレット上を音さえるのであまりこの感覚がイメージできませんでしたが、ピアノだと一目瞭然で、一瞬にしてひらめきました。

おそらく、ピアノを弾いていなければ、一生、Cのトニックスケールコードは・・・・と暗記したコードしか出てこなかったとおいます。
そんなことで、ピアノをやっていることで思わぬ効果が現れました。


さて昨日、練習を休んだおかげで、気分的にはリフレッシュ出来たものの、今日の練習では予想通りギターもピアノも歌も全然ダメでした。
おまけに、思い通りに行かないので普段より時間がかかり、午後7時過ぎに練習を始めて予定では10時ころ終わらせるはずだったのに、なんとか終わらせたのは午後11時少し前です。

あまりにも、時間をかけすぎです。
このままだと、悪循環にはまってしまいますね。

とにかく、上手くいってもいかなくても、決めた時間でスパッと止めるしかないのですが、そうするとストレスがたまりそうだし・・・・
今のところ解決策は見いだせません。

やっぱり3つ掛け持ちはきついのでしょうかね。
何とかしたいな~。(-_-)

・・・・なんて、そんなこと考えたら今日は、寝られなくなるので、今日のことはすっぱり忘れて、また明日、1から出直すつもりでやろうと思います。
今朝は天気予報通り雪が積もっていました。
とはいっても、ほんの少しですけどね。
朝

いつもは自転車で駅まで向かうのですが、さすがに今日は歩きです。

そして、駅のホームで電車を待っているときに、ふっとホームの風景を見て、雪国ならではの情景だな~としみじみ感じながら、パチリと1枚。
ホーム

駅のホームって雪が似合いますね。
そう、そしてあの歌が聞こえてきそうです。
季節は今とは違いますが・・・・季節外れの雪が降ってる~♪

昔は列車や駅のホームが歌になったのですが最近の曲には出てきませんね。
昔はここからストーリーが始まったり、終わったりしたものですが、今は時代が変わってしまって、そういう人の心を歌に出来る人がいなくなったのかな~。

さて、今週は日曜日からどうも疲れが出ていて調子が上がらないので、今日は思い切って練習は休養日にしました。
今週末にライブがあって、ここで無理して体調を壊すとほかのメンバーに迷惑がかかりますからね。

これは、8月ライブの教訓です。(^^;)

そう言えば、ここ1か月くらいは仕事から帰ってきて食事が終わると直ぐに練習にかかり、平日は、飲み会があったとき以外は、ほぼ毎日2時間半~3時間ギターを弾いたりピアノを弾いたり歌ったり、そして風呂に入った後、一日の締めにブログ更新して、寝る時間がそれまでよりも30分から1時間遅くなっていました。
良く考えてみれば体が休まる暇がなかったのかな~。

調子が上がらないのは、体から「休ませろ~!」のサインだと思うので、今夜はのんびりと過ごして、早めにベットについて、また明日からの練習のために充電しようと思います。
今日の午前中は、健康診断で引っかかった項目の再検査に行ってきました。
結果は、「異常なし」でした。
ちょっと安心です。
ただ、お医者さんからは、「そういう数値が出やすい体質だから気をつけた方がいいよ」とアドバイスを受けてきました。
それは、もう何年も健診を受けていて分かっていることだったので、私は「はい、ありがとうございました」とお医者さんに礼を言って、来年は絶対に来ないように摂生しようと心に決めました。・・・毎年かも(^^;)


最近ここのブログは、すっかり日々の練習記録になっていますね。
レッスンもそうですが、その時々に気付いたことなどを記録しておくと、あとから見直したときに、そう言えばこんなアドバイスを受けたな~とか、なるほどこの時はこうだったんだ~とか、思い出せるから良いですよね。

何となく日々練習していたりレッスンを受けていると、やもすれば惰性に流れてしまうこともあると思いますが、節目節目で日記を読み返してみると参考になることが一杯あるような気がします。

今日からは、完全に練習のシフトを替えました。
まずは、いつも一番最後に練習しているピアノを最初に持って来て、そのあとにエレキギター、最後にライブ練習にしました。
これは、音の出る大きさの順番で、ピアノやエレキギターは時間が遅くなると音が出させなくなりますが、アコスティックギターは、少しくらいなら音が出せるので、少しくらい練習時間が延びても出来るように工夫しました。
おかげで、今日はいつもより40分くらい遅くまで練習することが出来ました。
とりあえず、今週はこのパターンで行こうと思います。

本当は、これでも時間が足りません。
平日だとピアノは、テクニカルや発声練習を含めて約1時間です。
なので、弾き語りの練習は正味30分くらいです。

それじゃテクニカルや発声練習を削れば良いんじゃないと思いますが、私は逆の発想で、弾き語りの練習時間を削ってでもピアノのテクニカルや発声練習をやります。

これは、普段のコンディションを維持する上でとても大事なことで、ギターもそうですが、しっかりとした土台があってこその演奏や歌だと思います。
特に、ピアノや歌は全然土台が出来ていないので、まずはしっかりとした基礎体力作りが必要だと思っています。

その点、ギターはある程度できあがっているので、テクニカルもピアノや歌に比べて少ない時間でOKかなと思っています。
ただ、ギターも平日出来ない分は、しっかりと休日に補っていますけどね。

さて、今日気付いたことを・・・
以前から、ギターで弾き語りしていてどうしてもピッチのとれない部分がある曲があったのですが、ライブとは全然関係ない曲だったのに、なんとなく歌いたくてギターで弾き語りしてみると、その部分がサラッといきました。

えっ?ここのピッチがとれるようになった・・・・(^_^)v
こんなことがあると、日々の練習も少しずつですが身になっているんだな~と、また明日の練習のモチベーションになりますよね。

ある人が、「練習は絶対に裏切らない」と言っていたのを思い出しました。
少しずつでも、日々の積み重ねが大事ですね。(^_^)
いよいよ、今のバンドでの2回目のライブが来週の土曜日となりました。
そこで問題は、立ってやるか座ってやるかです。
私の場合、ギターはどちらでもOKなのですが、肝心の歌が座るとちょっと声がきついかな~という感じです。
今回、アンコール予定曲も含めて4曲用意していますが、そのうちの3曲が限界付近の声を出さなければなりません。
絶対出せないというわけではありませんが、立った方が少し楽に声が出るので迷っています。
というのも、ほかのメンバーは座ってやるので、私一人立つと目立ちますよね・・・・(^^;)
まだ、1週間あるので同日の調子などもみて、ぎりぎりまで考えようと思います。

さて、今日は午前中にちょっと買い物へ、そして午後から練習の予定でした。
練習前に、ボーカルの先生からダビングを頼まれたビデオがあり、録画をセットして練習へ・・・・、ところでどんなビデオかな~とさわりだけ見るつもりが、引き込まれて最後まで見てしまいました。(^^;)

う~ん、と考えされるとともに、挿入されている音楽に涙が・・・・(T_T)
良いビデオでした。

ところで肝心の練習ですが、今日は、目に見えない疲れが出ていたみたいです。
エレキギター、ピアノの弾き語りと終わり、夕食後にライブの練習をしたのですが、声のスタミナが切れてしまいました。
こんなことは、あまりないのですが、昨日の疲れでしょうかね。

ただ、その代わりに声帯が伸びたり縮んだりする感触がふっと感じられるようになりました。
今まで、仕組みは分かっていたのですが、自分の体の一部としての感触がありませんでした。
おそらく、声を出すときに喉の脱力が出来てきたのかな~。
それとも、だいぶん動くようなって来たからでしょうか。
よく分かりませんが、あとはそれが自分の思い通りに動かせるかどうかですね。

ライブ曲のギターは少しずつイントロやソロを確認しながらの練習です。
ライブまで間に合えば入れてみようと思っています。

・・とそんな感じで、今週はライブ練習に力を入れていこうと思っています。
今日は、バンド練習&レッスン日です。
1か月以上、毎週土曜日のパターンなので最初はきつかったですが、もうだいぶん体が慣れて来ました。

バンド練習は、来週がライブなので今日は少し気合いが入った練習になりました。
ただ、練習時間が1時間半しかとれなかったので、ライブでやる曲を1回ずつやって終わりでした。
あとは、来週のライブ前の練習しかありません。
出来は80%位なので、細かいところを調整すればなんとかなりそうな気がします。
なんとなく、今回のライブは楽しみですね。

ライブ練習は、ボーカルレッスンの前ぎりぎりまでやっているので、慌ただしくスタジオを引き上げレッスン室へ向かい、次はボーカルレッスンです。

バンド練習を始めてから、私も持ち歌があるのでレッスン前に5曲くらい歌っています。
それで、あまり練習の時に無理をして声を出すと、レッスンで声がかすれて出なくなるので、できるだけ喉に負担をかけないようにと思っているのですが、ついつい一生懸命歌ってしまいます。
おまけに、その前には家でも練習で歌っているので既に1時間以上は歌っているのかな~(^^;)
まあ、そのおかげで最近だいぶん喉が強くなったというか、持久力が出てきたような気がします。
そんなことで、今日も少し声がかすれ気味でレッスン突入です。

今日のレッスンでのアドバイスは、

○ 高い声を出すときに引っかけて出さない

ということでした。

どういうことかというと、説明するのは難しいのですが、声を出すときに喉に引っかけて出すんです・・・ってそのままですね。(^^;)

ほんの一瞬なのですが、高い声を出すときに勢いをつけるために息を喉に引っかけるのだと思います。
なので、出来るだけストレートに声を出すようにとアドバイスをいただきました。
どうしたらいいのか、まだ分かりませんが、イメージ的にはもっと脱力する必要があると思います。

自分的には、最近かなり歌い方がナチュラルになってきたと思っています。
たとえば、以前はしゃくらなかったらピッチがとれなかったり、高い声が出なかったりしたのですが、最近はこのしゃくりがほとんどなくなりました。

歌い方がナチュラルになったら個性がなくなると思う方もいると思いますが、実はこれがゼロベースで、まずは、ナチュラルに歌たえるようになってから、そこから色づけするというのが最近のパターンです。

練習曲は、今日の一つの試みとして少し声を出すときに抜いてみました。
これも、なんか抽象的ですね。
ほんの少しだけ地声の混ぜる率を少なくしました。・・・もっと分からないかな・・・・(^^;)

そうすると、声をコントロールしやすくなり、ピッチを安定させやすくなったり、声を響かせやすくなります。
ただ、あまり抜くと芯のない声になってしまうので、これは私的にはNGです。

さて、そろそろレッスンでもピアノを間違えないで弾きたいのですが、今日もやってしまいました。
この曲で、一番歌に色づけするところで、一瞬、歌の世界に入ってしまい、ピアノの意識が切れてしまいました。
普段は、常にピアノの演奏と意識をつなぎながら、微妙なところで歌っていて、ほんの少しでも意識が切れるとピアノは飛んでしまいます。
そして、ピアノが飛んでしまうと曲のリズムが崩れて、そのあとも上手く弾けないということになってしまいます。
結局は、まだピアノが弾けていないということなんですね。

ピアノは失敗しましたが、歌がだいぶん歌えるようになってきました。
まだ今日あたりも、ところどろこピッチがずれたり飛んだりしましたが、先生からは「だいぶん色が付いてきたね」と言われました。
それと、少し抜いた歌い方については、「それはそれで良いかも」ということでした。
そうそう、先生はその歌い方について「S&Gの歌い方」とも言っていました。
特に、彼らを意識しているわけではありませんが、そんな歌い方になったんですね。
できれば、もう少し地声の足したいのですが、微妙です。

そんに感じて、今日もいろいろとアドバイスをもらいましたので、明日からまた修正したいと思います。


続いて、エレキギターレッスンです。
先週の課題をクリアしてレッスンに望みましたが、ふっと思ったのが、そういえば予習していなかった・・・(^^;)
まずい~、今日も初見演奏になる~(>_<)

案の定、見事にレッスン時間の半分が初見演奏で、いつものように冷や汗を流しながらのレッスンでした。
ただ、先週の課題の中で、ちょっとだけ弾きづらいフレーズがあったのですが、先生は、「そのポジションで弾くんだったら、こんな指遣いをした方が楽だよ」とアドバイスをくれました。
なるほど、先生の指遣いで弾くともの凄く弾きやすくなりました。
さすがですね。

さて、来週はエレキギターレッスンがないので、すこし余裕ができます。
来週がライブなので、そのぶんシフトした練習ができるのでラッキーです。

そんなことで、今日もほぼ半日の音楽漬けの日が終了しました。


あっ、そうそう忘れてました。
表題の大台ですが、実は私の動画サイトのアクセス数が、今日、とうとう10,000回の大台に乗りました。
始めてアップしたのが2年前の7月ですから、2年と4か月で達成です。
私のつたない動画を見てくださっている方にお礼を申し上げます。m(_ _)m


そんな動画サイトにアップしている動画の中で投票数が一番多いのが同数でこの2曲です。







ただ、私がアップした曲の中でベストを選ぶとしたらこの曲です。


最後のサビで声が出ていないのですが、自分では好きな声の一つです。(*^_^*)

3曲とも昨年の撮影なので、最近の歌い方とは違いますが、これはこれで良いのかな~と思っています。

これからも、もっとたくさんの人に聴いてもらえるような弾き語りを目指したいと思いますので、よろしくお願いします。m(_ _)m

あ~あ、今日も疲れました。
今夜はぐっすり寝られそうです。(-ェ-)。o○Zzz…
2010.11.12 腹八分目
何事も、あともう少し・・・・というところで止めておくのが良いのでしょうね。
食事も、食べ過ぎると良いことはありません。

そして、練習もそうなのかな~と思っています。
私は、物事を始めると納得するまでは、なかなかやめられない性格です。
つまり限度というものを知らないのかもしれませんね。(^^;)

なので今日は、う~ん、あともう少し弾きたいな~と思ったところで止めました。
なぜかというと、今は3種類の楽器の練習をとしているので、あまり1つの楽器に固執すると、その分ほかの楽器の練習時間を食ってしまうからです。

ここで難しいのが、何分くらいが一番良いのかということです。
30分だと、ようやく調子に乗ってきたところで止めることになります。
かといって1時間練習すると合計3時間になり、遅い時間になるとあまり大きな音を出せなくなるのでNGです。

そこで、折衷案として考えたのが、45分です。
すると合計が2時間15分で、いつもの時間に始めると午後10時ころに終わります。
この辺が限界と考えています。

そんなことで、今日はエレキギターを45分で切り上げました。
気分的には、もうちょっと仕上げたいな~という感じでした。

そのあと、ピアノの弾き語りですが、ピアノのテクニカルと発声練習に時間をとりすぎたため、既に30分経過していました。
これだと本来の弾き語りが15分になります。
それはあまりだろう~と思い、早速ルールを破って30分の合計1時間ピアノを弾きました。(^^;)
ただ、気分的には、まだ1時間は弾きたいな~という感じです。

さて、次は、アコースティックギターに持ちかえて、ライブの練習をします。
それで、ライブで演奏する曲を一通り練習するとあっという間に1時間でした。

結局は、最初の1種類45分というのは、無理があるような気がします。
ただ、これ以上時間を延ばすわけにも行かず、ジレンマに陥っています。
それ以上に、それぞれもっと弾きたいという欲求の方が強くて、フラストレーションがたまってしまいそうです。

さあ、明日は土曜日です。
今日の鬱憤を思い切り晴らすつもりで練習したいと思います。(^_^)v



昨日は、仕事の打ち上げの飲み会でした。
そんなに飲んだつもりはなかったのですが、疲れからか良い感じで酔っていて、帰宅してからはそのままベッドへ・・・気付いたら朝でした。(^^;)
おかげでぐっすりと寝ることが出来ました。

その分、今日はギターも歌もウォームアップに時間がかかりました。
毎日練習していると、1日のブランクがけっこう大きくなっています。
特に声が出なくなります。
結局は、1日のブランクを元に戻すのに2~3日かかってしまいます。
これが、週に2~3日の練習だったらどうなんでしょうね。
な~んて、毎日練習していることに勝るものはないですよね。

ところで、ここのところ毎日雨が降っています。
寒さも少しバージョンアップしてきました。
もう少し気温が低くなったら毎日が雪が降るんでしょうね。


さて、今日は私の好きな鎌倉にある鶴岡八幡宮の写真を1枚

鶴岡八幡宮

私は、東京方面へ行ったときは、必ずといって良いほど鎌倉を訪れます。
とにかく、この周辺は歩くだけで癒される不思議なパワーを持っていますよね。
この写真は、昨年の2月にクラプトンの武道館ライブを見に行ったときに寄ったもので、2月なのにもう桜が咲いていました。
そして、左はかの有名な大銀杏です。
確か、このあと台風か何かで倒れたんじゃなかったでしょうか。

そういえば、今年は鎌倉に行っていないですね。
来年は、多分行けるでしょう。
そして、いつものようにサザンの曲を聴きながら江ノ島から鎌倉まで散策したいです。(^_^)♪

先週からにわかに仕事が忙しかったのですが、明日で一段落です。
明日は、その仕事の打ち上げをやり、またもとの忙しさに戻ります。
一年のうち、そんなに忙しい時期はないのですが、まあ、たまには良いでしょう。
だけど来年の春からは、おそらく毎日がこれ以上の忙しさになるでしょう。(^_^;)

最近ピアノの弾き語りの練習を始めて、時々ピアノの指導者と思われる方のブログなんかを検索して見ると、普通の人は、当然ピアノを弾くための指の独立が養われていないわけですが、それとともに各指の関節の柔軟性や指を動かす筋肉が出来ていません。
特に、苦労するのが薬指と小指です。
これはギターでも同じで、もともと中指と薬指は同じ動きをする仕組みになっているらしいです。

さて、問題はこの薬指と小指で、ギターを弾く時もこの2本の指に悩まされます。
ですから、いつもこの指を集中的に動かすテクニカルをやっています。

この薬指を動かす筋肉の出来具合の目安として、テーブルや机の上に手の甲を水平にしながらピアノの鍵盤に5本の指を置くように指先を立てて置きます。
その状態で、ほかの指はテーブルの上に付けたままで、薬指だけ指先を下にして上げます。
皆さんは何センチくらい上がりますか。
普通の人は1cm上がれば優秀だそうです
私は、もう3か月くらい意識してピアノもテクニカルをやっているので、右が1cm上がります。
ところが、左は3cm上がります。
えっ?と思いましたが、考えてみればもう何年もギターを弾いていて、左手はかなり各指の独立と指を動かす筋肉を鍛えているからなんですね。
それでも、今でも思い通りに動かないことから、ちゃんと動かせるようにとテクニカルをやっています。

ギターを弾いていることが、ひょんな所でピアノを弾くために役立っていることを知りました。
そのピアノの弾き語りですが、明日は飲み会で練習できないため今日はギターよりも少し時間を割いて練習しました。
ギターに比べまだまだ1日の練習を休むブランクが大きいんですよね。

そしてライブまでもあと10日余りとなったので少し気合いも入ってきました。
とりあえずは今週のレッスンと来週のライブを目標に、また木曜日から調整したいと思います。
最近、ちょっと仕事が遅くなっています。
今日も、いつもより帰宅が遅くなりました。
まあ、仕事が忙しいということは、幸せなことなんですけどね。・・・かな?

おそらく、この忙しさも明日までだと思います

お~っ、今、雨音が強くなってきましたね。
この季節はやっぱり雨が多いですよね。
その次はいよいよ冬がくるのでしよう。
そして、あっという間に春が・・・・(^_^;)

この繰り返しが何回来たでしょうね。

さて、最近部屋の湿度が低くなってきました。
乾燥してくると気をつけなければならないのが、お肌のコンディション・・・・ではなくて、ギターのコンディションです。
特にアコースティックギターは湿度に敏感ですので注意しなければなりません。
私は、今アコギは2本持っていますが、2本とも乾燥し過ぎを防ぐため保湿のアイテムを使用しています。
大切なパートナーなので、いつまでもいい音で鳴ってほしいので、最低限の思いやりだと思っています。

次に大切なのは、自分の声でしょうか。
最近は特にのどが乾燥しないように、十分な水分補給を心がけています。

そういえば、よくお酒を飲んでカラオケを歌う人がいますが、実はアルコールというのは人間の体から水分を排出する作用があり、体から水分が抜けた状態とアルコールの影響でのどが充血している状態が合わさり、最悪のコンディションで、声帯に過大な負担をかけています。
もし、いつまでも良い声で歌いたいとか、自分の声を大切にしたいな~と思う人は、できればお酒を飲んで歌うことは避けた方が良いと思います。

特に、高い声を出そうと無理をすると私みたいにのどを壊してしまいます。(T_T)
私は、未だにのどに負担をかかると、すぐに痛くなり声が出なくなります。

お酒を飲んだらカラオケを歌いたくなるとは思いますが、ほどほどがよろしいのではないのでしょうか。

どうしても、歌うことが我慢できない人は歌の代わりにギターを弾きましょう。
えっ?ギターは弾けないですって。
そんな人は、今からでも遅くありませんので、明日からギターを弾いてみてはいかがでしょうか。(^_^;)
エレキギターの弦がいつもより太い弦を使っていたため、チョーキングが上手くいかなかったのですが、練習しているうちにいつの間にか慣れてしまいました。
細い弦の時みたいに楽にというわけではありませんが、普通に1音半くらいまで上がるようになりました。(^_^)v

そればかりか予想していたのですが、アコギでもチョーキングが楽になりました。

その代わり指先も今までより硬くなってしまいました。
まあ、ギター弾きの宿命ですね。

問題は、次に弦交換するときに今まで使っていた弦を使うかです。
実は、今まで使っていた弦の買い置きが5セットもあるですよね・・・・・(^_^)


さて、今日は午前中からPCのメンテナンスをしていたのですが、思ったより時間がかかり、終了したのは夕方でした。
最近、休日にはいろいろなことがあって中々練習に時間がとれないですね。
それでも、平日よりは良いんですけどね。

今日は、エレキギター、ピアノ弾き語り、ライブ練習をそれぞれ1時間半くらいでしょうか。
本当は、もっともっとギターやピアノを弾きたいのですが、腹八分目といいますので、このくらいが丁度良いのかもしれませんね。

ところで、鼻水は少し収まってきました。
声もまずまず出るようになってきました。
ただ、鼻が少し詰まっていると、めちゃくちゃ歌いづらいです。
声の響きが鼻の中で抜けないでとどまってしまうため、むずむずしてどうしようもありません。(>_<)

今日の練習はエレキも歌も昨日のレッスンの復習が主で、エレキは昨日教えてもらったテクニカルをやり、その後フレーズ練習です。
先週上手くいかなかったフレーズもポジションを替えると、少し弾きやすくなりました。
それとリズムの練習ですが、フレーズの中に複雑のリズムがあって、何度も何度も繰り返しリズム感を掴めるようにさらいました。
比較的テンポが速い曲の16分音符で頭がその前の四分音符のチョーキングからのタイで、その後にプリング、単音という感じで、慣れるまで少し時間がかかりました。

ピアノの弾き語りも、昨日のアドバイスの復習です。
歌い出しのピッチが少しぶれるので何度も歌いながら確認しました。
なかなか上手くいかないフレーズなのですが、多分発音がからんでいるような気がします。
実は、私は母音の「お」の発声が苦手です。
なんとなくスカスカに抜けてしまいます。
これからの課題ですね。
そのほかに、何カ所かのピッチと発音を修正しました。

今日の締めは、アコースティックギターに持ちかえて、ライブの曲を一通り弾いて見ました。
当然、私が歌を担当する曲は歌もです。
それと、コーラスを入れる曲は、ギターの響きに合わせてコーラスの音をイメージして歌ってみました。
おそらく、何度か歌っているうちにスムーズに出るようなって来ると思います。
優しくきれいな曲なのでなんとか上手くコーラスを入れたいと思っています。

さて、昨日も書きましたが、女性と男性とのコーラスというかデュエットというか、なぜかはまりそうです。
できればこんな歌をこんな風に歌ってみたいですね。



いや~、カッコイイですね~。
当然私はギターを弾きながら歌いたいのですが・・・・無理かな(^^;)
昨日も書きましたから、今週の木曜日あたりから鼻水が出てきました。
昨日は鼻水が止まらなくなり、今日は少し良くなったのですが、今も鼻水がたら~と・・・(^^;)
あまり調子は良くありません。

そんな体調で土曜日が始まりました。

昨日は仕事が遅くなり練習できなかった分、今日のレッスン前に調整しようと午前中から練習を開始しました。
ところが、風邪の影響なのか、声が全然でません。
声が出なくなるのは・・・・そうあの8月ライブ以来です。
そんなにひどい風邪ではないのですが、いざ声を出すとなるとかなり影響するものですね。

私は、通勤に電車を利用していますが行きも帰りも満員電車なので、この時期の風邪は宿命でしょうか。(>_<)

そうそう、声が出ないんですよね。
Desperadoは、サビのところでAまであるのですが、GはおろかFもかなり苦しい状態でした。
風邪なのであまり無理はしないようにと思うのですが、普段出る声が出ないと何でだろうと精神的に辛いものがあります。
まあ、仕方ないので今日はあきらめることにしました。

その後には、エレキギターの練習に切り替えます。
中々弾けないフレーズは、なんとか6割くらいの確率で弾けるようになりましたが、こんなのでは全然ダメです。
今週も、先週に引き続き不調のままレッスンを迎えることになりそうです。


そうそう、レッスンの前には恒例になったバンド練習があります。
今日は、ベースのSさんが用事があってこれないとのことで、ギターのSさんと2人での練習となりました。

まずは、20日にやるライブの曲を2人で決めました。
時間は約30分なので7曲、そして前回の失敗を踏まえてアンコールの曲も1曲決めました。
念のために、もう1曲くらいは決めておいた方が良いかもしれませんね。

曲は、Sさんが4曲、私が3曲で、アンコールは私の1曲に決めました。
そして、決めた曲を順に練習していきます。

まずは、私の曲からです。
この曲はさびの部分が3声のコーラスになっていますが、歌うのは2人なので、Sさんにコーラス入れてもらうようにお願いしていました。
今日は、お願いしていたコーラスを入れてもらったところ、非常に良くて、気持ちよく歌うことが出来ました。
ただ、いかんせん私が風邪で高い声が出なかったのが残念でしたが、この曲は非常に楽しみな曲です。

続いてSさんの曲、この曲はSさんが自分のテーマソングと言っているくらい気に入った曲らしく、テンポが良く私も気分良くギターを弾かせてもらっています。

・・・・とこんな感じで、約1時間半練習をしました。
そうそう、Sさんの曲の中で1曲だけ私もコーラスを入れることにしました。
まだ、不完全なのですが決まれば良い感じになると思います。

ところで8月ライブでマキさんと2人でやった時にも思ったのですが、男女のコーラスって良い感じですよね。
私だけが感じるのかもしれませんが、声質が違うせいもあって音楽的に私は気に入っています。

さあ、次のライブまで後2週間になりましたので、明日からは少しギターも歌も煮詰めていこうと思っています。

そういえば今日、Sさんが私の歌を聴いて「tomoさんて、話をしている声からは想像つかない高い声がてますよね」と言ってくれました。
私は、「レッスンを受ける前まではこの曲のサビの高いところのF#が出なかったんですよ。」と話すと、「そうなんですか~」とビックリしていました。
確か、レッスンを受ける前まではE~Fあたりが限界でしたからね。
今では、調子が良ければAまでます。
そして、2人の結論は「やっぱりレッスンを受けると変わりますよね~」でした。


バンド練習の次はボーカルレッスンです。

最初にも書きましたが、風邪で声の調子が良くなかったのでどうなるかと思いましたが、先生も気を遣ってくれてあまりハードな発声練習はやらず、どちらかというと軽めの発声練習だったでしょうか。
それでも、中音域は出るのでしっかりと発声しました。

先生からは、「最近、発声がよくなったね~」言われました。
何が良くなったのかというと、声を変に引っかけたりしなくなったと言うことでした。
つまり、ストレートに発声できるようになったのだと思います。

実は、それは自分で意識して直してきたことだったので、気付かないうちに少しずつ良くなっていたんですね。
ちょっとだけ嬉しかったです。(*^_^*)

ただ、悪いときから比べてと言うことだと思うので、まだまだピッチの安定などダメなところがたくさんあるので一つ一つ前に進んでいこうと思います。

そして最後の練習曲です。
前回アドバイスを受けた、フレーズの色づけと最後のテンポなど今週の練習成果を見てもらいます。
相変わらずピアノは引っかけたり、ピッチが不安定になったりとまだまだですが、今日の一番の収穫は、マイクを通してPAから出た自分の歌をちゃんと聴きながら歌えたと言うことでしょうか。

今までは、こんなにはっきりと聞こえたことはなかったのですが、今日はピアノの音に合わせながら歌うことが出来ました。
まあ、それでも風邪の影響で高いところが出なかったり、ブレスコントロールを失敗して外したところはあったのですが、ピアノを弾きながら歌うことにだいぶん慣れてきたのかもしれません。

今回工夫したフレーズは、先生からまずまずと評価を受けましたが、最後のテンポはもっとコンパクトにした方が
いいとアドバイスをもらいました。
帰りの車の中でイーグルスのオリジナルを聞いてみましたが、確かに私よりもずっとコンパクトでした。(^^;)
このあたりは修正も楽だと思います。

実は、この最後のテンポですが、レッスンが終わった後に色々と考えてみると、おそらく曲の最後でどちらかという一息入れているような感覚なので、最後の最後までしっかりと発声するように注意したいと思います。

後は、歌い出しのピッチの安定など細かいアドバイスをもらい、今日のレッスンは終了です。
ピッチはとにかく繰り返し繰り返し練習するしかないので、明日からまた頑張ろうと思います。


続いて、エレキギターレッスンです。
今日は、まず最初にピッキングの練習からです。
3連符のオルタネートピッキングで人差し指、中指、薬指で1弦5、2弦6、3弦7フレットを順に弾きます。
当然、拍の順番にピッキングのアップ・ダウンが逆になります。
それになれたところで、今度は1フレットずつ下にずれて行きます。
さすがに、まだピッキングに馴染んでいなかったため、3弦が引っかからなかったりしました。

先生は、「最初はピッキングの練習だけれど、これに慣れてきたら今度は、同じ指遣いで3連符ではなく16分音符に替えるなどリズム練習に発展させて練習するといい」と言われました。
これもおもしろそうなテクニカルです。

次は、課題曲のフレーズです。
まずは、先週の復習から始め、今週の課題まで進みました。
今週ずっと書いていた上手く弾けないフレーズですが、先生は、ここのフレーズは、テキスト通りでなくて、いろいろと替えてみた方が良いと言ってくれました。
なるほど、テキスト結構大きな移動をするポジションなのですが、弾く弦を変えればかなり楽にポジションチェンジが出来そうです。
ある意味、そこがギターの良いところなんですよね。
これで、今週の練習も楽しくなりそうです。

風邪を引くとかなり練習に影響があるので、たっぷり練習できる週末には風邪は引きたくないのですが、こればかり仕方ありません。
明日も、ギターは別として、歌は声の調子を見ながら練習したいと思います。

今週は、月曜日が振り替え休日、水曜日が祝日と3日しか出勤していませんが、なんとなく仕事が忙しい週でした。
まあ、性格的に仕事が暇というのは耐えられないので、まずまずです。
ただ、最近の寒さで体調を崩しかけています。
昨日あたりから鼻水が・・・・(^^;)
こんな時は、早く寝るに限りますね。

今日も帰り際に仕事が入り、結局帰宅が午後9時過ぎでした。
ということで、今日は練習できませんでした。

明日は、先週と同じくバンド練習&ボーカルレッスン&エレキギターレッスンとフルコースなので、少し午前中から調整をしながら望みたいと思います。

これで、今日の日記を終わり・・・・というのもあまりにも味気ないので、今日は好きな音楽についてちょっと書きます。

先週のボーカルレッスンで久々にCarpentersの曲を聴きました。
そういえば、私のiphoneのライブラリーの中にも最近は入っていませんでした。

Carpentersといえば、前にも書いたかもしれませんが、私が始めて買った洋楽のLPレコードがそうでした。
ところが、アルバムのタイトルが思い出せません。
当時の記憶で収録されていた曲を頼りにネットで検索してみましたがヒットしませんでした。
収録されていたのは、
Yesterday once more
Super star
Rain days and mondays
Top of the world
We've only just begun
Close to you
A song for you
・・・・
といった感じです。
おそらくベストアルバムだと思います。

ちなみに、購入したの1973年です。
もう何年経ったんだろう・・・(^^;)

そんな数ある名曲中で、どれが一番かというと、みんな一番です。
Yesterday once moreは、最初に覚えた洋楽だし、Super starも好きだし・・・

そんな中からあえて、私の青春の思い出として選ぶとしたからこの曲かな・・・



なぜかこの曲を聴くとおじさんになった今でも胸がキュンとなってしまいます。(*^_^*)
なぜなのかな~、思い出せません。(^^;)
今聞いても、カレンの歌声には癒されますね。(T_T)

今日は青春時代というか、思春期に聞いていた思い出の音楽を紹介しました。
最近、日記の更新がほぼ毎日の日課となってしまいました。
別に、さあ書くぞ~と気負って書いているわけではなく、なんとなくその日に書きたいことを書いています。

もともと、このブログは音楽のネタを書こうと思って始めたのですが、なかなか掘り下げた音楽ネタになっていません。
かろうじて、日々の練習日記&レッスン日記になっています。
できれば、もっと宅録の機材や方法、私のミックス方法などについて書きたいのですが、最近は、録音にも手が回らない状態で・・・・(^^;)

もう少し余裕を持ちたいのですが、エレキギターレッスンの課題や、ピアノの弾き語り練習に時間がかかってしまっています。

少し前までは、エンジニア:プレイヤーの割合が、8:2位だったのが、今では逆に1:9くらいでしょうか。
時々、弾き語りのビデオを撮ったときの音声処理にDAWを使うくらいです。

本当は、曲を作ったりもしたいと思っているのですが、なにせ時間がなくて、構想だけになってしまっています。

まあ、それでも今は、プレイヤーとしての自分を磨いていると思えば、腕を上げた後にそれを録音・ミックスすればいいのかな~とも考えています。

それにしても、先週あたりからのエレキギターの課題が私に取って難易度ウルトラCになっています。
今日も結局は、昨日弾けなかったフレーズにはまってしまい、練習時間のほとんどをエレキギターに費やしてしまいました。

ただ、昨日は全然指が動かなかったのが、今日は、少しテンポを落とせばなんとか動くようになったので、少しは進歩したような気がします。
やっぱり、ギターは弾けば弾くだけ上達するというのは嘘ではありませんね。

ピアノ弾き語りは、今日は、40分くらいしか時間がなくて、本当にピアノと歌の確認程度の時間しかありませんでした。
昨日上手く歌えなかったフレーズは、今日は少し歌えるようになったので、これも昨日の練習の成果ですね。
ただ、あまり発声練習をする時間がなかったので、そのほかについては今一でした。
とにかく、ピアノと自分の声の重なりを意識して歌っていけば良いのかな~と思っています。

今日歌っていて気づいたのは、声の抜けです。
忘れないように書いておこうと思いますが、高い声でも楽に抜けるときもあれば、同じピッチでも詰まるときとがあります。
おそらく、発音の違いで引っかかっているのだと思いますが、引っかかる発音の時は特にノドを開くようにと意識しています。

ところで高い声を出すときには、ある程度腹筋に力が入りますが、その力がどこに向かっているのかという感触を確かめている段階です。
上手く当たればスカッと高い声が抜けますが、そうでなければ最悪声がひっくり返ってしまいます。(>_<)
この辺は、まだまだ試行錯誤の段階ですね。


今日も、アコースティックギターチューニングする時間がありませんでしたが、エレキギターで最後にライブの曲を数曲コードワークを覚える程度ですが弾いてみました。

そんな感じで、今日も何となくせわしく練習をした感じになってしまい、エレキギター、ピアノ弾き語り、ライブ練習で少し消化不良を起こしていますが、なとか出来るところまで頑張ってみようと思っています。




せっかくの休日でしたが・・・・(-_-)
まあ、こんな日は家でのんびりとしていた方が良いのかもしれませんね。

そして、こんな気分がすぐれない日は、何をやっても上手くいかないものです。

午後から、エレキギターの練習をしたのですが、次のフレーズが全然弾けませんでした。
けっして難しいフレーズではないのに指が動かないんです。
きっと今まで弾いたことのない指遣いなんですね。
結局、そのフレーズにはまって3時間・・・・
最後まで弾けませんでした。(>_<)

夕方は、息子が新しいPCを組み立ていたのですが、かなり手こずっていたので手伝ってやりました。
PCの組み立ては久しぶりでした。
夕食を挟んで、OSのインストールまで約4時間です。
まずまずですね。

さて、その後は、ピアノの弾き語りの練習です。
今日もいつものように、まずはテクニカルで指を動かした後に、発声練習をして準備万端です・・・あれ、もう午後9時です。
あまり出来ませんね。
それでも約1時間練習しました。

今日は、ピアノの響きをじっくり聞きながら、自分の声の響きをピアノに重ねることを意識しながら歌いました。
最近、ようやくピアノを弾きながらの歌に強弱を付けられるようになりました。
以前は、歌なんぞ細工しようものなら、あっという間にピアノが飛んでしまっていましたからね。

それから、言葉の表現を少し付け始めています。
特に前回のレッスンで考えてと言われた「freedom」は一工夫してみました。

後は、高いところの声の出し方かな~。
出来ればもっと楽に出せるようになりたいのですが、これまた難しいです。

そんな感じで、細かいところの節回しなどをチェックしながら歌っていると、どうしても上手くいかないところが出てきました。
ピアノを弾かなければ上手く歌えるのですが、ピアノを弾こうとすると微妙にそのメロディーで歌えないんです。
不思議ですよね。
指の動きの意識と、声帯の動きがバッティングしているような感じです。
なので、ゆっくりと繰り返し繰り返し、歌えないところのメロディーをピアノで弾いて歌ってみます。
結局、ここもはまってしまいましたが、時間がもう午後10時を過ぎていたので、やむなく練習を終わらせました。

エレキギターも弾き語りも今日は不完全燃焼でしたが、明日に弾きずらないように、きっと今日練習した分だけ明日は上手くなっているだろうと期待して、今日のことは練習日記にの中の出来事にしようと思います。

そういえば、今日もライブのギター練習できなかったな~。
いくら弾きやすいとはいえ、そろそろ2週間前になるので、今週の土曜日あたりからはライブモードにチェンジしようと思います。

問題はエレキギターの課題だけですね。(^^;)
昨日アップしたはずの日記が今日消えていました。(?_?)

そんなはずがないと調べてみると・・・・見つけました(^_^)v

なんと、公開したつもりが下書きになっていました。
昨日も、半分居眠りしながら書いたので、寝ぼけながら下書きにチェックをしてしまったのですね。(^^;)

ということで、今日は、昨日アップする予定だった・・・いや、アップしたはずだった日記を公開します。

ちなみに、作成日は保存した昨日の日付なっています。


-------ここからです。----------

昨日仕事だったので、今日はその振り替え休日でした。
平日の休みって、なんとなく気分的に落ち着かないんですよね。
なんとなく、ずる休みしているみたいで・・・・(^^;)

今日はできるだけのんびり過ごして少し疲れをとろうと思っていたのですが、やっぱり午後になると少しずつ指がうずいてきて、夕方から練習を始めました。


今日は、昨日の続きで土曜日のエレキギターレッスンについて書きます。

前回出た課題がたった10小節(正味8小節)なのに思いのほか苦労しました。
最近では珍しく手こずったフレーズでした。
結局、レッスンまで仕上がらず、敗戦覚悟で望みました。

レッスンの始めに、久々にテクニカルをやりました。
人差し指、薬指、小指の3本の指を使った6連符です。
最初のテンポは、おそらく70~75位でした。

実は最近、薬指と小指のテクニカルを毎日重点的にやっていたため、このくらいのテンポでしたら、難なく弾けました。
ところが、先生は私の指の押さえ方が気になったみたいです。

何かというと、私が薬指を動かすときに、使っていない中指が上がっているのです。
それを見て先生は、「中指を上げないで、こんな風に」といって、弾いて見せてくれました。
確かに無駄のない指遣いなのですが、指の短い私には非常に辛いポジションです。

先生の押さえる形にすると、とたんにそのテンポで弾けなくなったのに、先生は「もっとテンポを上げましょう」・・・(>_<)辛いッス

とにかく、もっと指の独立を意識したテクニカルをやらなければ、上手くなれないと痛感しました。

さて、不完全のまま、課題のレッスンに入りました。
最初は、少しテンポを落としてゆっくりと指遣いの確認をします。
ここで、またしても譜読みミスが・・・・最近多いな~。

先生の模範演奏に合わせて弾いているうちに段々と指に馴染んできて、弾けなかったフレーズがレッスン中に弾けるようになりました。(^_^)v

ここで、時計をみるとまだ10分くらい残っています。・・・ヤバイこのままだったら次に進むな・・・
予想通り、次のフレーズに進みます。
正直、ここからは初見演奏になります。
1小節ずつ、先生の演奏を聞き、楽譜を見ながら弾きます。
このフレーズも少しリズムがトリッキーで、結局はレッスン中には上手く弾くことは出来ませんでした。

ただ、今回の課題は4小節で、既に昨日の段階で譜読みが出来ていて、前回よりは楽なフレーズでした。
この分だと、今週のレッスンでは少し余裕が出そうです。
な~んて、油断していると思い切りしっぺ返しをくらうんですよね。

少し予習だけしておこうっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。