上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、サポート曲の音合わせをしてきました。
その前に、自分の弾き語り曲の練習を少し。
相変わらず、自分の声をコントロール出来ません。
残り1週間でどれだけ仕上がるのか全く見当もつきません。(>_<)


さて、マキさんとの練習は、ライブ前最後となります。
サポート曲は、弾き語り曲よりも安定していたので、最近は弾き語り曲に比重を置いて練習していました。
しかし、それが油断でした。(^^;)

ギターはミスるし、歌詞は間違えるし、マキさんに申し訳なかったです。
今、今日の録音を聴きながら書いていますが、さすがに終わり頃になると、徐々に調子が上がってきて、一番最後の演奏では今までで一番良い出来でした。
ただ、こんな調子じゃ自分的にはNGです。
なにせ、本番は一発勝負ですからね。
残り1週間あるので、必ず修正します。m(_ _)m

そんな中、今日気づいたことが1つありました。
それは、間奏のリードを弾いていた時に、調子が悪かったので、間違わないようにと左指を見ながら弾いていると、段々と何を弾いてるのか分からなくなって逆にミスってしまいした。
それではと、最後の演奏の時にいつものように弾いてみるとノーミスで弾けました。
不思議ですね。
そういえば、エレキギターの練習をしている時も、指板を身がながら弾くと訳が分からなくなってミスすることが多いです。
移動がそんなに大きくなければ、指板を見ないで弾いて方がなんとなくしっくりくるんでしょうかね。
なぜかは、私もに分かりません。(^^;)

そして、最後はコーラス練習にお邪魔してきました。
前回コーラスクラスの方と合わせた時は、散々で、思い切り落ち込んで帰ったきましたが、先週の練習では少し立ち直りかけ、ただ、1オクターブ上で歌う課題をいただき、ここ1週間練習して、前回のリベンジに挑みました。

またまた、録音を聴きながら書いていますが、1回目は全然ダメで、声を出すだけで精一杯です。
先生が、ピッチが全然安定していないと指摘されていましたが、全て私一人がコーラスを乱していました。(^^;)

さて、2回目はどうでしょう・・・
お~っ1回目よりはしっかり歌えてます。
最後のところで、ちょっと外してしまいましたが、私にしてみればまずまずです。
この曲だけは練習の成果がでました。(^_^)v
それにしてもコーラスって楽しいですね。
やみつきになりそうです。(*^_^*)

さあ、いよいよあと1週間、やることがてんこ盛りですが、少しでも前に進めるようにがんばります。
スポンサーサイト
ライブまでではありません。
今月もあと今日と明日です。
このまま、今日と明日を更新すれば、おそらく月間の更新数の新記録ではないかと思っています。
そんなことを考えている暇があれば、練習しろ!と怒られそうですが、これもまた私の楽しみの一つなので、勘弁してくださいね。

さあ、ただくだらないことを書いても仕方ないので、ギターの話を一つ。

先日、コーラス練習の待ち時間の時に、ギターの先生と会話で出てきたことなのですが、
「アコースティックギターとエレキギターは、全くの別物だね」
と言うことです。

同じギターなのに何が違うのかというと、エレアコは別として、弦の音を箱で鳴らすか、電気で増幅して鳴らすかの違いです。
この違いがなんなのかというと、まずピックのタッチが違います。
アコギは、生音を出すので強めに弦にタッチしなければ良い音が出ませんが、逆に、エレキは弦の音の大きさはアンプやエフェクターで加工して出すので軽いタッチでOKです。
軽いタッチというか、軽くなければあのニュアンスは出ませんよね。

それと、弦の堅さの違いもあります。
アコギの場合は、弦が細いと音も細くなってしまうので、普通はライトゲージやミディアムゲージを使いますが、エレキは、ライトゲージよりも更に細い弦を使いますよね。
特にチョーキングのことを考えたら、細くなければちょっときついですよね。
まあ、私は、アコギでもチョーキングをやりますが、ライトゲージだとかなり指に負担がかかります。(^^;)

等々、そんなことを話していました。
ただ、最近は、アコギでも細い弦を使って、ピックアップで鳴らす人が増えてきたので、スタイルも変わってきたのかな~なんてことも話していました。

ちなみに、今度のライブで、私は、もちろんD-28にライトゲージを張って、更にピックアップを使って音を出ます。

さて明日は、サポート曲の最後の音合わせをやった後、コーラス練習に加わり先々週のリベンジに挑んできたいと思います。

今日の練習では、いつも通り弾き語り曲に苦労しました。
一人でギターを弾いて歌う難しさの壁を感じています。
ギターと歌切り替えが上手くできるかどうかです。
明日は、更に、ブレスの位置や強弱などを細かくチェックして、歌の最中に息切れしないように(^^;)、最後の詰めをしたいと思っています。

おそらく、本番までにはまとまらないかもしれませんが、それでもなんとかがんばってベストを尽くせるよう、あと8日間・・・・あれっ?本番まで練習できるのは、あと7日間しかないですね。(^^;)
とにかくがんばりま~す。(^^)/

2010.07.29 お城?
今日は、帯広方面に出張に行ってきました。
朝の時点での天気予報は雨・・・(-_-)
まあ、良いですけど。

帯広には11時少し前に到着、帯広から向こうの事務所の人の車に乗り換えて、浦幌まで行って、仕事を終わらせてきました。
その後、池田町で遅い昼食をとりました。

池田町と言えば、ワイン城ですね。(^_^)
まあ、仕事中なので、昼間っからワインを飲めませんが、ワイン城でランチをいただきました。
ところで、ワイン城は今外装工事中で、表から見ても???でした。
wine1
何となく、お城の雰囲気があるのかな~。

昔、帯広勤務時代に、何度か外からは見たことはありましたが、中に入ったのは今回が初めてでした。
さて、入り口はこの裏側で、こんな感じでした。
wine2.jpg
入り口からは、ワイン城という表記がなければ、ちょっと・・・・(^^;)

昼食が終わり、池田駅に向かおうとしたところ、同僚が、この下にドリカムの記念館があるから見ていかないかということになり、それでは、電車の時間まで少し余裕があったのでちょっとだけ寄ってみました。

dct.jpg

残念ながら、中は撮影禁止だったので、入り口だけで~す。
中には、ドリカムが過去に着た衣装がたくさん展示してありました。

さて、そろそろ、帰る時間です。
池田駅から、札幌に向け電車でGOです。

ikeda.jpg

ということで、実際の仕事の時間は、約30分で、残りは移動時間です。
札幌を朝の8時に出て、夕方5時半ころ到着、とんぼ返りの出張となりました。
まあ、いつものことですが・・・

ところで、私の携帯は、例のiphoneというやつで、それも初代の一番古いタイプでする
最近OSがアップデートして、もともと動きが緩慢だったのが、さらに拍車がかかり、時々止まってしまいました。
そこで、もう2年経つことから、新型のiphone4をオンラインで予約していました。
そして、今日帰宅すると届いていました。
予約してから3週間、まあ、発売になったばかりなのでそんなものですかね。
そこで、古い方のiphoneから新しい方へデーターを移動したのですが、ちょっとしたミスから、スケジュールのデータが消えてしまいました。(T_T)
たいしたデータは入っていなかったのですが、あったものがなくなるというのは、ちょっとショックでした。
また一から入力し直しです。orz


さて、ライブの練習は、今日も、弾き語り曲を重点的に練習しましたが、出口が見えそうで見えないいです。
息と声のバランスがつかめそうでつかめません。
ここに来て、ちょっと足踏みしています。
ライブまで、あと9日、時間は待ってくれませんね。
明日もがんばります。(^_^)
今月の日記が2日と7日を除いて毎日更新していました。(^_^)v

カレンダーでは、17日と20日も空いていますが、日をまたいで書いています。
ライブの練習が本格化してから、なんとなく、毎日の出来を書いておこうと、知らず知らずのうちにほぼパーフェクトです。
それにしても、ここまできたら、この2日は惜しいですね。
まあ、無理しても続かないので、自然体で書きたいこと書いた方が良いのでしょうかね。

今日は、少し仕事が遅くなったので、エレキギターの練習をお休みして、ライブの練習だけをやりました。
昨日の反省から今日は、念入りにストレッチをして・・・(^^;)

明日は出張で、いつもより30分早い電車に乗らなければならないので、今日は早めに切り上げてと思いながら、気づけば2時間経っていました。
どうしても、練習していて納得できないところは、納得できるまでやらなければ気が済まない性格なものですから。
だけど、結局は、納得のいかないところは、何度練習しても納得できないものですね。
今日は、まあ、そのうち良くなるでしょうと、将来への期待を込めて練習を切り上げました。

ライブまで、あと10日です。
いよいよカウントダウンが始まりました。

サポート曲もコーラス曲もそこそこのなのに、肝心の弾き語り曲が未だに安定して歌えないので、ちょっと不安になってきました。
明日も、がんばらなくては・・・・
2010.07.27 ストレッチ
皆さんは、運動する前にウォームアップでストレッチをしたりしますか?
私みたいに、年をとるといきなり運動をすると肉離れや腱を痛めたりするし、それ以上に次の日に筋肉痛がひどくて仕事に差し支えるので、必ず、運動の前後にストレッチをして体をほぐします。

それではギターを弾くときはどうでしょうか?
前にも書きましたが、ギターを弾くというのは、ウォーキングに匹敵する運動量なんです。

以前、何もしないでギターを弾き続けて、肩痛に遭いひどい目にあいました。
私は場合、長いときだと、調子に乗って3時間くらい連続して弾くときがあるので、それ以来、はじめと、少し疲れを感じたとき、そして練習が終わった時に、特に腕のや肩を伸ばすストレッチを入念にすることにしています。

さて、それでは歌を歌うときはどうでしょうか?
おそらく、普通は、少しロングトーンで声を出して見る程度ではないでしょうか。
私は、ボーカルレッスンの時は、最初に必ずストレッチをやってから発声やメロディーの練習をしたりしますが、普段の練習では、ストレッチはしていませんでした。m(_ _)m・・・ごめんなさい。

以前から運動した後に良く声が出ることがあり、なぜだろうと考えていましたが、おそらく運動することにより呼吸器系の動きが活発になり良く声が出るものだと思っていました。
しかし、結論から言えば、多少はそんな理由もあるかもしれませんが、運動することにより体全体の筋肉がほぐれて良く声がでるのではないかと、ふと思うようになりました。

試しに、昨日から練習前にストレッチをしてみると、いつもは声の調子が悪いのに昨日は、むしろ前日より調子が良かったのです。
そして、今日も、練習前にストレッチをしてみると昨日と同じ調子で歌うことが出来ました。
ということは、やっぱり歌を歌うときもストレッチをして体をほぐすことが大事なんだと実感しています。
なんか、もう1年もレッスンを受けているのに、今さら気づくなんて遅いですよね。
本当に、悪い生徒です。(^^;)

皆さんも、だまされたと思って、歌う前にストレッチで体をほぐして見てはどうでしょうか。
歌が上手くなることはないと思いますが(^^;)、声は出やすくなると思います。

ちなみに、私はストレッチはしていませんでしたが、必ず、毎日、歌う前には、リップトリルやロングトーン等することにしていました。
だからといって、歌が上手くなるわけではありません。
あくまでも声が出るようになったり、ピッチが安定するだけです。

えっ、どうしたら歌が上手くなるんだ~と言われそうですが、そなんこと私には分かりません。
だって、分かっていたら、もっと歌が上手くなっているはずですからね。(^^;)

ただ、私は、ギターも歌も、ハートが必要だと思っています。
いかに、自分のハートを聞いている人に伝えられるかだと思っています。
そのためのベースとして、声が出るようにとかピッチを安定させるとかがあるんでしょうね。

以前、先生から「ただ歌が上手いだけの人にはならないで、個性のある歌を歌う人になって」みたいなことを言われました。
難しいですよね~。(^^;)
私の個性っていったんなんなんでしょうね。
やっぱり、自分探しの旅は果てしなく続きそうです。


ところで、日曜日からコーラス曲のオクターブ上を練習していますが・・・・(^^;)
きつ~いです。(>_<)
なにがきついかというと、音域が高くなって、ほとんど地声ではなく、ミドルもどきの声になってしまいます。

今の私はGが限界です。
いつも歌う曲ではさびの盛り上がる部分にチラッと出てくるくらいなので、なんとか出したような感じでごまかしているのですが、今回のコーラス曲では、そのGが連続して出てきます。
オマケにG♯・・本当はA♭なのですが。
さらにB♭もあって、がなって出ないことはないのですが、さすがにB♭は、裏声にすることにしました。

そんな感じで、いつもの限界付近の音符がたくさんあって、時々限界以上も・・・(^^;)
だけど、けっして歌えないことはないのでがんばって歌わなくてはですね。

あっ、音はおおかたとれるようになりましたが、やっぱり、どうしてもとれないところが2カ所ほど。
ここは、ほんの一瞬で過ぎ去るところなので、ごまかし・・・・いや、まだ10日以上あるので、がんばるぞ~(T_T)/

2010.07.26 完治!(^o^)
先週の月曜日に怪我をしたも右手人差し指ですが、今日で完治しました。
昨日辺りから9割以上の調子でしたが、今日は、爪を折る前と同じタッチでギターを弾いても、痛みはありませんでした。

指
しかし、見る度に、よくこんな短い指でギターを弾いているな~と、我ながら感心します。(^^;)
というか、それにしても私の携帯(iphone)のカメラの解像度ってひどいですね。
まあ、もう少ししたら・・・

あま、それはそれとして。
おそらく、折れた部分が伸びて治ったんでしょうね。
私は、最近、爪の伸びるスピードか早くて、特に左手は少しでも爪が伸びると弦を押さえづらくなるため、頻繁に左手の爪をヤスリで調整していましたが、こんなところで爪の伸びる速さが幸いするとは思いませんでした。(^^;)
まあ、とにかく治ればこっちのものですね。

今日は月曜日で、いつもならここから水曜日に向けて調子が落ちるところですが、今週は調子が落ちることなく、むしろ昨日より上がっている感じです。
ただ、月曜日特有の疲労感があるので、今日はムリをせずに、軽めの練習で切り上げました。
ここで、ムリして調子を落としても仕方ないので、ギターを少し長めにして、歌を少し軽くといった感じで調整しました。

弾き語りでは、ギターに意識が行くと歌がおろそかになり、歌を意識するとギターをミスってしまうという、非常に微妙な状態になりますか、少しでも歌に集中出来るように、ギターは譜面を見なくても弾けるくらいまでしたいのですが、今までの経験上、歌に入りすぎるとギターをミスるどころが、自分が今どこを弾いてるのかという意識すら飛んでしまうことが多々ありました。(^^;)
このバランスが難しいですね。
今は、歌とギターが五分五分くらいですが、最後は、7:3くらいの割合で歌に集中できるよう調整したいですね。

さて、今週は木曜日に帯広までの出張があるので、ちょっと調整が難しくなりますが、とにかく自分のペース出来たらいいな~と思います。





2010.07.25 隠し味
最近、今回のライブのためにラインでギターをアンプに繋いでを鳴らして練習しています。

私のピックアップは、マグネットタイプのハムバッカーとコンデンサーマイクの両方が付いているもので、マグネットだけのものよりは、かなり生の音に近いのですが、電気回路を通すとどうしても私の好みの音になりません。
そこで、隠し味としてエフェクターを使おうかと思い、今日、練習に行ったついでにショップを見てきました。
そこには、手頃なものとしてB社のアコギ用のエフェクターがありましたが、今一触手が動きませんでした。

すると店員さんがなにやら探して持ってきたのがこれです。

effect

なにせ値段が安い割にマルチエフェクターだったので、直ぐに「これください」と言って買ってきました。
とりあえず、コンプ、リバーブ、エコー、ディレイなど一通り付いていたので、まずは使ってみようと思いました。

帰宅してから、繋いでみると意外とヒスノイズが気になりました。(^^;)
それで、私はギターからアンプ直付けではなくプリアンプを通しているので、ノイズも増幅されるのかと思い、プリアンプを通さずに、エフェクターからアンプに繋いでも結局は同じでした。

う~ん、安かったからこんなものなのかな~と思い、エフェクターの説明書をよく見ると、ノイズリダクションも付いており、それを調整すると、気にならない程度までノイズを押さえることが出来ました。
私の感触では、ピックアップのコンデンサーマイクがハウリングの原因となることがあるので、もう少し、プリアンプの設定なんかも合わせれは、けっこう良い音がつくれるのかな~と感じました。


ところで、私の使っているプリアンプはD.I機能が付いているので、ライブや録音ではアンプからではなく、直接PAやオーディオインターフェイスにバランス接続することができるのでとても便利です。

これが、私の使っているプリアンプです。

preamp

ライブまであと2週間あるので、音作りもまた一つの楽しみになりそうです。


さて、今日は弾き語り曲とコーラス曲の練習に行ってきました。
弾き語り曲は、PAを使って歌う練習ですが、あまりPAを調整しないで、音量程度しかいじらなかったせいもあって、いつもように声がマイクに吸収されてしまい、いくら声を出しても声が通らないし、ピッチもあっているのかどうか分かりません。
歌うのが非常に辛かったです。(>_<)

ちゃんと、モニターを使っえばそんなことはないと思うのですが、これから今日の録音を聞いてみて、これからどうしたらいいかを考えたいと思います。
・・・と今聴きながら、ブログを書いていましたが、思ったよりもちゃんと歌えてました。(^^;)
声の出し方を色々と試してみましたが、結果的には、少し体力がいりますが、しっかりと声を出した録音が一番良い感じで歌えてました。
まだ、修正が必要な部分は色々とありますが、最初のAメロも以前より良くなったような気がします。
もう少しのような気がします。

なんとなく、スッキリしない気持ちのままコーラスレッスンに移ります。
今日は、ライブに出る人の先生のピアノとの音合わせだったので、自分でギターを弾く私は特に音合わせはせずに、コーラスの練習が始まるまで待機です。
その間、ちょうどレッスンの合間だったエレキギターの先生と色々とお話をしていました。

いよいよ、今日の音合わせに来た生徒さんとコーラス練習をはじめます。
前回は見事に打ちのめされて、この1週間必死で音を拾って準備万端で望みます。
それに、今日のメンバーは先週の方が1人いただけで、残りの方は全員は違う人、なのでなんとなく気が楽でした。(^^;)

実は、ここ1週間練習していたわけですが、低い音域ばかりなので、歌っていると段々と高い声を出したくなってフラストレーションがたまってしまいます。
それで、時々オクターブ上を使っていたのですが、今日は我慢して、ひたすら低い声を出し続けます。

練習の甲斐があってか、自分的には、ほぼOKでした。
あとは、先週の皆さんと合わせても上手くいくかどうかですね。
あの人達の中に入るとものすごいプレッシャを感じますからね。(^^;)

・・・と思っていたら、先生が、「声が良く聞こえないから、オクターブ上で歌ってみて」と言われます。
えっ?そんな~。(^^;)

オクターブ上なんだら、そんなの直ぐに出来るでしょうと思う人もいるかと思いますが、私はそう簡単にはいきません。
とりあえず、とれるところはオクターブ上で歌いましたが、低い音域で練習していたときに最後まで合わせずらかったところで、引っかかりました。(>_<)
ただ、先生からは、「オクターブ上の方が声が通るから、オクターブ上でやりましょう」と言うことになりました。
確かに、高いところは裏声で対応できるのですが、また一から音の取り直しです。(^^;)
まあ、本番までまだ2週間あるので大丈夫でしょう。

それにしても、先週の練習と言い、今日の練習と言い、みんなで歌うって楽しいですね。(*^_^*)

いよいよ来週は、ライブ1週間前です。
そして、サポート曲の最後の音合わせをやります。
私は、それが終わった後に、引き続きPAを使った弾き語り曲の練習するため、スタジオのレンタルを一時間延長してきました。

その後、先週のコーラスの人達に再挑戦します。
う~ん、また返り討ちに会いそうな予感がするな~。(>_<)

ライブまであと2週間、段々と先が見えてきました。
もう少しのところまで調子が上がってきているので、なんとかこのまま本番まで調整をしていきたいと思います。
今度のライブが終わったら挑戦したいことがあります。
それは、キーボードです。
えっ?毎日ブログを書いてるときに使っているだろ~って。
いや、そのキーボードではなく、鍵盤のキーボードです。
今でも時々、曲にストリングスやブラスを入れるときに、単音やコードでリアルタイムに入力して、全く弾けないわけではないんですが、最終的には、鍵盤で弾き語りができるようになりたいな~と思っています。

またまた、お前はギターが弾けるんだから良いだろうと言われそうですが、弾き語りのオプションはいくらあっても良いものです。

実は、大昔・・・・小学生の1年生の時に1年間くらい、町の音楽教室でオルガンを習っていたことがあります。
かなり昔のことなので、あまり詳しくは覚えてはいないのですが、発表会で弾いた曲は、片手ですが、今でも弾けます。
40年以上前のことなのに、体は覚えているんですね。

そんなことで、次の目標は、キーボードで弾き語りすることです。
・・・なんて、計画倒れに終わりそうなそんな予感がします。

そうそう、ライブが終わったら、イタリア語にも力を入れたいです。
ライブの練習が本格化する前は、通勤電車中で、iphoneに録音した音源を聴きながらテキストを読んでいたのですが、今は、ライブの曲を体に染みこませるため、通勤電車に乗っている時間中、ライブの曲を聴いているので、イタリア語の勉強をする暇がありません。

さて、明日は、少しだけコーラスの練習にいきます。
それで、せっかく行くのだから、コーラス練習だけではもったいないと思い、始まる前1時間、レンタルスタジオを予約して、PAを使って弾き語り曲の練習をすることにしました。
予約が取れるかどうか心配でしたが、ちょうどコーラス練習が始まる1時間前から空いていたのでラッキーでした。

いよいよ、あと2週間か・・・・(^^;)
がんばらなくては・・・・。
月曜日が休日だったので、今週は仕事も4日間で終わりました。

ライブを目前にして指の爪を折ったり、なかなか調子が上がらない今の状況で、時間が早く進むというのは微妙なのですが、こればかりは逆らえないので、時の流れに身を任せるしかないですね。

折った爪も、切った後、少しずつ伸びてきてアルペジオも約7割くらいの出来になってきました。
今週末には、折る前の状態に戻りそうです。

さて、明日は、急遽同僚の家族の葬儀に参列することになり、レッスンにいけなくなりました。
となると、ライブ前日までレッスンがないことになりますが、弾き語り曲はなるようになれ~状態なので、まあそれでも良いのかな~と思っています。
とにかく、丁寧に、だけど大胆にを目指して、自分のこの曲に対する気持ちを表現できたらと思っています。

サポート曲は、来週、最後の音合わせをやります。
最後は、私がどれだけmakiさんのギターと歌に、気持ちを素直に合わせられるかが、勝負のポイントだと思っていますので、そこでなんとかケリをつけたいです。

一番不安なのが、コーラス曲です。
これだけは、どうにもならない唯一の曲で、先生から日曜日に練習するのでというお話をいただいたので、時間を作ってこの1週間の練習の成果をぶつけ、更に修正を加えてみようと思います。

こんな感じで、あと2週間・・・・今日も、練習を始めて気がつけば3時間になっていました。
完全に本気モードに入ってきました。
2010.07.22 根気!
今日は、怪我からちょうど3日目となり、アルペジオで右手人差し指がどの程度使えるようになったか調子を見ることにしました。

まずは、ギターのチューニングから・・・・バッツ~ン(-_-#)
いきなり、G弦が切れました。

実は、怪我をした3日前にも10日前に張り替えたばかりのG弦が切れ、買い置きしていた弦と交換したばかりでした。
出足をくじかれてしまいました。
普段は、1週間に1~2回しかチューニングしていませんでしたが、ここのところ毎日チューニングしては緩めての繰り返しです。
いくらなんでも3日しか持たないなんて・・・参りました。

以前、D-28を購入したばかりの時もG弦が頻繁に切れるた時に、ブログの友達が、ナットの溝を鉛筆でなぞると良いと教えていただき、試してみたところ、これが以外と効果的でそれ以来必ず弦を交換する時は、ナットの溝を鉛筆でなぞっていたのですが、今回は全然ダメです。
エレキギターもフレットが3弦のところだけ減っているので、もしかしたら、私の弾き方に問題があるのかもしれませんね。

それで、もうG弦の買い置きがなかったので、ピックアップは付いてませんが、古女房のS.yairiをチューニングしました。
約1ヶ月ぶりにyairiを弾きます。
D-28ほどの派手さはありませんが、何となく懐かしい音色を響かせてくれます。

さて、チューニングが終わり、アルペジオで右手の人差し指の爪を、そろ~っと(^^;)少しずつ引っかけて弾いてみます。
まずまず回復しているみたいです。
右手人差し指の爪は、折った次の日に切ったため、そんなに深くは引っかけることは出来ませんが、今の爪の長さでは、問題ないみたいです。
ただ、調子に乗ると痛い目にあうので、今日はそこそこで止めました。

続いてストロークでは、まだ少し痛みが残っています。
おそらく、今の感じでは、あと2~3日で完全復帰出来そうなそんな雰囲気です。
まずは、一安心です。(^_^)

弾き語りのギターの方はとりあえず光が射してきましたが、歌の方は未だに闇の中を彷徨っています。(^^;)

安定感が全くなく、いつものように、ゆら~ゆら~・・・です。
とりあえず、安定されるために、ロングトーンで発声練習をしています。
この練習の時は、自分の前にチューナーを持ってきて、自分の声のピッチを確認しながらやります。

昨日は、ミドルのEが自分の感覚より4分の1くらい下がっていました。
ギターの弦を弾い自分の声を合わせようとしますが、合うのは最初だけで、直ぐに4分の1くらいピッチが下がって安定します。
自分の体が持っている感覚がそうなんですね。

ところが、今日は、昨日ダメだったEが安定していました。
お~っ、昨日の練習の効果が早速出たなと喜んだのもつかの間。
その下のDが同じ状態です。(-_-)

こんな感じで、ピッチは本当に苦労しています。
ここまで苦労している人はあまりいないですよね。(^^;)

長年あまりピッチなんて気にしないで、いい加減に歌っていたツケですね。
特に、フレーズの終わりは、なんとなく気を抜いてしまうために、ピッチが下がってしまうことに気づきました。
しかし、意識すると逆にシャープしてしまうので、とにかくフレーズの終わりには集中しなければダメです。

まあ、こんな感じで、少しずつ感覚を体に覚えさせるしか近道はないですね。
自分的には、集中して歌えばそこそこ合わせられるようになってきているので、これからも根気よく練習していきます。

今度のライブまで完璧に歌えるようになることは不可能ですが、その時の自分のベストで歌って気持ちを伝えられれば、自分なりに合格点を付けたいな~と考えています。

ライブまであと2週間と少し、とにかくがんばります。
2010.07.21 1日5分
以前、あるサイトで書いたことのある日記です。

1日5分で良いからギターを弾こう~

です。

仕事など、いろいろとスケジュールがあったりすると、1日5分でもギターを弾くってなかなか難しいのですが、この1日5分の積み重ねが、後々に効いてくるものと信じています。

私は、少しくらい仕事が遅くなっても、1日5分はギターを弾くぞ~と心に決めています。
飲んだり、本当にギターを弾くと迷惑になる時間に帰ったときは弾いていませんが、それ以外は、ほとんど毎日弾いています。
まあ、私の場合、時間がなくて、とりあえず5分でも良いから弾いてやろうとはじめてしまうと、止まらなくなり、最低でも30分は弾いてしまうんですけどね。(^^;)

そんな時間なんてない~という人は仕方ありませんが、なんとか5分くらいなら時間がとれそうという人は、是非1日5分を実行してみたらいいと思います。

そして、少しずつでいいですからギターと友達になってください。
保証は出来ませんが(^^;)、今よりもギターが上手くなると思います。・・・・何の根拠もありません。m(_ _)m


私は、中学生のころギターをはじめましたが、もともと指が短く、自分の演奏に限界を感じました。
そして、20歳くらいの頃から、段々とギターから遠ざかっていました。
ところが何かの拍子に、突然ギターを弾きたいという気持ちが湧いてきて、再び40歳を超えてから弾き始めました。

20年間のブランクがあったので、昔のように指が思うように動かず、ピッキングも全然ダメで、年をとったらもうダメなのかな~と思いましたが、それでもやっぱりギターを弾くことが好きだったので、べつに下手でも良いから弾き続けようと心に決めました。

それから、10年近く経ちますが、未だに若いときに弾いていたようには弾けませんが、ギターを愛する気持ちだけは昔と変わらない、誰にも負けていないぞ~と、自分自身に言い聞かているうち、下手くそながらライブに出させていただき、人前で演奏することができるようになりました。

1日5分の時間が作れる人で、ギターが上手くなりたいな~と思っている方は、まずは、1日5分でいいからギターを弾いて、そしてギターと対話して友達になってみてはいかがでしょうか。
けっしてギターは裏切らないと思いますよ。(^_^)v

2010.07.21 ギターの音
昨日、アップした弾き語りのギターの音ですが、昨日は動画のギターの音はライン入力で録音した音です。
非常にまとまって良い音でなっているのですが、私の気持ちが十分に音に出ていませんでした。
そこで、ビデオで録画した音を聞くと、こっちの音を私が出したかったのですが、なかなか上手くいかないものですね。
そのうち、ビデオ録画の方の音だけを取り出して、昨日の動画の音に隠し味としてミックスしてみたいと思います。
とりあえず、ギターの音だけ比べてもらうために、動画の一部をアップしました。

まず、昨日のラインで録音したギターのです。
[広告] VPS

ちなみにボーカルを録音したマイクからもギターの音を少し拾っているので、まったくのラインの音だけと言うわけではないと思います。


続いて、ビデオのマイクで録音した音です。
[広告] VPS


さすがにギターの音が大きくてボーカルがほとんど聞こえてませんね。
まあ、ある意味こちらの方が良いかもしれませんね。(^^;)

ほんの少しの音の違いですが、どちらの音が良いのかというのは、個人的な好みがあると思いますが、私の昨日の気持ちとしては、マイクで録音した音の方でした。
Martin独特の倍音豊かな音が昨日は欲しかったです。

ところで、この曲について私は何も書いていませんでしたが、知らない人のために原曲の紹介を。
オリジナルはこの曲です。


雰囲気が少し違いますが、昨日のアレンジは私のカバーということでお願いします。


さて、昨日右手人差し指の爪を折りましたが、そんなことにもめげず、根性と気合いで今日も練習しました。
今年は、発表会ライブが出られなかったり・・・など、もろもろあって、そのくらい今回のライブは私にとって特別なんですよね。
まあ、それはそれとして・・・

あんな爪でギターが弾けるのか~ということですが、それは当然、血染めのギターですよ・・・ウソ(^^;)

今日、少し痛みが和らいだところで、少し伸ばしていた右手人差し指の爪を切り、さらに人差し指で弾く時に、爪が弦に引っかからないように指の腹に近い部分で弾きました。

人差し指だけ爪が引っかからないように集中するため、かなり疲れますが、痛みが引くまではこの方法で弾くしかありません。
この方法で全く痛くないのなかというとウソになりますが、まあ、なんとなく痛いかな~という程度です。

ピックを持ったときも、なるべく人差し指の爪が弦に擦らないように注意して、なんとか今日の練習は確保できました。

これは練習限定奏法なので、あまり長時間はもたないと思います。

明日はもう少し痛みが和らぐのかな~と思いますが、いずれにしても爪を切ったので、10日くらいは爪で引っかける音は出せないと思います。
ちょっとの辛抱ですね。
連休最終日の今日は、天気は雨が降ったり止んだり、パッとしない天気でした。
まあ、こんな時は、家でギターを弾くのが一番ですね。

さあ、昨日のアップした下手くそなギター

http://tomsakai.blog21.fc2.com/blog-entry-170.html

を反省して、今日はたっぷり2時間エレキギターを練習しました。
う~ん、こんなに弾いたのは久しぶりです(*^_^*)
まだまだ弾きたかったのですが、その後ライブの練習も控えているので、渋々打ち止め。

さて、ライブの練習ですが、どうしてもこの前からのモヤモヤが消えなくて・・・
こんな時は、思い切ってギターを弾いて歌い、憂さ晴らしするのが一番、ついでにビデオに撮ってやれと半分開き直って、久しぶりの弾き語り動画を作りました。
何を歌おうかと、スコアーほをパラパラとめくり、よしこれだ!と決めて、2~3回自分のイメージで弾いてみてアレンジ決め、いざ開始。

ビデオをセットして・・・ちょと待てよ、ギターを思い切り弾いたら歌が聞こえなくなるな~。
なんて冷静になり、Macbookを持ってきて、ボーカルはマイク録り、ギターはラインで録りと、音だけをPro Toolsで録音編集して、あとから同時に撮影しているビデオにかぶそうと、こちらも久しぶりに手の込んだことを考えました。
ちなみに、動画で私の後ろにチラチラと見えるのがMacbookの画面です。


同時録画録音が終わり、音は、ギターとボーカルのバランスを調整して、コンプとリバーブを少しかけてできあがりです。
そして、ビデオ編集ソフトでビデオの音と、録音した音の波形を合わせて・・・ダメだ、ちょっとずれてしまう。(^^;)
そう、どうしてもデータの性質上なのか、編集ソフトの限界なのか分かりませんが0.01秒単位でしか移動できず、ほんの少し、本当にごくわずかですが、ずれてしまいます。
まあ、このくらいは仕方ないですね。

さて、出来具合ですが・・・・まあ、憂さ晴らしで歌ったんだから、こんなものですね。(^^;)
今回は、これで許してください。m(_ _)m

立ってギターを弾きなから歌ったのですが、体全体を使ってストロークしたため、息が切れています。
なので、いつもよりピッチがフラフラ~かな。

ところで、歌ったあとに気づきましたが、この曲のトップはhiB♭です。
ちょっときついですが、何も考えずに勢いで歌うと出るものですね。(^^;)
いや、今聞いてみたら、ちゃんと出てない、出ていてもAとB♭の中間くらいかな~。(-_-)



もっと練習してから・・・いや、これで良いんです。(*^_^*)
その代わりに終わったあとはスッキリ~♪
これで、気分はリフレッシュ、モヤモヤも全て吹っ切れて練習に打ち込めます。


まずは、昨日やらなかったサポートの曲です。
間奏とエンディングのギターの練習を重点に、これをミスったらちょっと・・・なので、何度も繰り返しやりました。
この部分は本番までは、毎日繰り返して練習して、目をつぶってでも弾けるように・・・ムリ・・・練習したいと思います。
その後、いつもの~上の弾き語りのように(^^;)~歌のフレーズの終わりがフラットしないように、何度か歌ってみました。


次はコーラス曲、最初にCDを聴きながら、昨日と同じようにギターで音をとりながら、これも何回も練習しました。
まだ、一部とれないところがありますが、かなり自分の位置が分かるようになりました。
もう少しだと思います・・・多分

さあ、メインの弾き語りの練習の前に一休みし、先ほどの機材を片付けようしたときに・・・・
やっちゃいました。
指先に激痛が・・・爪を引っかけて折ってしまいました。(>_<)
それも、右手の人差し指です。
爪


参りました。(>_<)
痛くて指でアルペジオが弾けないどころか、ピックでも響きます。
そう、私はピックを使うときも人差し指の爪が弦に擦るんです。
ピックの方は1週間くらいで出来るようになると思いますが、アルペジオは、ちょうど弦を引っかける部分なので、おそらく1週間以上はダメかな~と思ってます。

本番までは治るとは思いますが、ライブまであと3週間を切ったっていうのに、ギターと合わせた練習が出来なくなって、今、途方に暮れています。(T_T)

まあ、最後は根性で弾く(血染めのギターだ~!)しかないのかな~。

ということで、今日は弾き語り曲の練習は出来ませんでした。やば~い!
2010.07.18 気分転換(^^;)
なんか、皆さんがエレキギターのフレーズなんかを録音しているのを聞いて、自分も録音してみたくなり、今日は、エレキギターを録音してみました。

オケはBand-in-a-Boxと言うsoftを使い、コードを打ち込んでリズムとちょっとした楽器を入れたものを作ります。
その後、midiを出力してデーターをSonarで読み込み、プラグインシンセで音を割り当てます。
Pro toolsもあるのですが、プラグインやmidiの扱いやすさでは、やっぱり慣れているSonarが使いやすいです。
だから、midiを扱うときは、いつもSonarを使っています。

最後に、作ったオケをバックにギターを録音してみました。
ギターは、クリーンで録音し最終的にプラグインのFXをかましてます。

オケのモデルは、リズムが少し違いますがクラプトンのOLD LOVEという曲です。
演奏はAmペンタ+♭5thのアドリブです。


[VOON] balld

実は、エレキギターのためだけに録音したのは初めてで、どんなものかと聞いてみたら・・・・いや~、こんな下手くそなんですね。

いざ録音するとなるとなかなか上手くいかないものですね。
フレーズは、リズムがワンパターンだし、タメを作りすぎてリズムに乗れていないところがありますね。

まだまだ、練習が足りないぞ~。(>_<)
あっ、そうそうギターはこれです。
strat1


さて、今日は休みだったので、いつもよりゆったりとしてライブの練習が出来ました。
昨日の反省を踏まえて、弾き語り曲の最初のAメロとサビの高い部分のピッチの調整、ブレスの位置や強弱など、自分がこの曲で感じている表現ができるようにと念入りにやってみました。
更に、ギターと歌との絡みもチェックしました。

昨日、撃墜された(^^;)コーラス曲は、ギターを抱えながら借りてきたCDを聴いて、自分のパート練習します。
CDの歌と実際にみんなの中に入って聞く歌とは迫力が違いますが、まずはそこからはじめました。
これは、自分の中で自分の音を持たなければ絶対に出来ないと思っています。
時間が許す限り練習したいな~と思いますが、あと3週間は短いかも・・・(^^;)

明日も休日なので、少し時間をかけて練習したいと思います。

そうそう、エレキギターも、これじゃ情けないですからね。(T_T)
2010.07.18 う~ん(-_-)
今日は、レッスンに行ってきました。
エレキギターは休みだったので、ボーカルのみのレッスンとなりました。
ライブまで3週間となり、少しスイッチが入りかけ、練習にも気合いが乗ってきましたが、どうも空回りしてしまいました。

昨日、練習中により声を響かせるような口の中の形を見つけたので、少しずつ曲に生かせるように今日から試しています。
声は出やすくなったのですが、声質が少し変わったように聞こえ、音程を合わせるのに少しだけ苦労しています。
どうして、自分の声なのに自分の思うとおりにコントロールできないんですかね。
本当に不思議です。(-_-)

そんな感じで、レッスンの中でライブの弾き語り曲をやりましたが、先週上手くいったフレーズの終わりの部分の維持が出来ませんでした。
ブレスとの関係もあると思いますが、再度練習のやり直しです。

弾き語りのギター方は、まずまずで、今のパターンに慣れてきました。
今日は、最後のさびの部分での表現方法について、先生からアドバイスをもらい、自分でも納得して修正しました。
やっぱり、ギターも歌も呼吸が大事なんですね。

ここに来てメインの弾き語り曲が少し崩れはじめているので、もう少し練習時間をかけなければ、本番まで仕上がらないような気がします。


その後、サポートの曲の音合わせを少しだけやりました。
今日は、最初の弾き語りの曲の出来が今一だったことなどから、ちょっと気持ちに迷いがあり、サポートの曲も全然、納得できる状態ではありませんでした。
前回は合ってきたと思っていましたが、それは気がしただけで、今日はギターも歌も合わせることができず、フラフラ状態でした。
途中、ピックは飛ばしてしまうし・・・(-_-)
気持ちが出たのかな~。
もう少しがんばらなくては・・・・


さて、今日はもう一つ、コーラスの練習に参加?しました。
結果は散々。orz

自分のパートをまだ覚えていない上に、他の人の歌に圧倒されて・・・・(^^;)
なんとなく、場違いなところに入ってしまった感じです。

曲の途中で迷子になって、先生に保護されてしまうし・・・(>_<)

それと私のパートが低く苦手な音域なので、声が上手く出ません。
なんか試練を感じました。
コーラスをやるには、まだまだ私には力不足だということを痛感しました。
明日から、こっちの方もがんばらなくちゃ。


そんなことで、今日は、少し頭の中が混乱状態で、ちょっと気持ちの整理中です。

こんな気持ちの時には、不思議とギターを弾きたくなります。
おっと、この時間ではもう無理ですね。(^^;)
あ~、ギターが弾きたい~。(T_T)

さて、8月ライブで燃え尽きるわけにもいかないので、そろそろ次の計画も考えなくてはね。
また、曲作りもしてみたいし、宅録もしてみたい。
いや、やっぱり今はライブの練習に集中しましょう。
2010.07.16 ちょっと一服
今日は、採用同期と一杯やってきました。
もう採用から28年経つと、当時は若造だった皆が一人前のオヤジになっています。
そして、昔話に花を咲かせてきました。
たまには、いいですね。
自分だけではなく、皆の姿を見ると、う~ん、やっぱり自分も年をとったんだな~と実感します。

そんなことで、今日は、練習は一休みしました。
今週からは少し、時間を延長して練習しています。
延長しているというか、練習したい曲を全部やると必然的に、それだけの時間が必要になってきます。
さすがに、深夜までになるとみんなに迷惑がかかるので、あまり遅くまでは出来ませんが、確実に30分くらいは練習時間が延びています。

来週からは更に気合いが入ってくると思うので、さらに時間延長の予感が・・・(^^;)

さて今日は、またまた私のお気に入りの曲を1曲紹介します。
The EaglesのDesperadoです。
この曲は、非常に重たい?思い出がある曲です。
オリジナルを聞く度に、思い出して涙が出てくる曲です。
実際に彼らのライブを聴きに行ったときに、例のピアノのイントロが流れた瞬間から終わるまで涙が止まりませんでした。
自分のなかでは、未だに心の整理ができていない、そんな思い出がある曲です。

ということで、今日はThe Eaglesオリジナルではなく、私が、日本のシンガー中でこの人は上手いと思っている越智志帆(Superfly)のカバーを紹介します。
素晴らしい、メロディーを堪能してください。

今回の8月ライブ、1人で弾き語りをやります。
そんなこと、何度もここに書いてあるんだから、分かっているぞ~と言われですね。

ところが、昨年からライブは何度がやっているので、別に何も考えていなかったのですが、今日、練習していて、突然
~あれ?ライブで1人でギターの弾き語りってやったことあったかな~(^^;)
 えっ?いつだっただろう~。
なんて、考えてみたら、高校1年時に学校祭でやった、たったそれ1回だったことに気づきました。
今から遡ること34年前・・・・f^^;)
oldpic2
そう、この時以来です。
しかし、この写真を見る度に、今の自分と見比べて面影なんてこれっぽっちもなく、本当に年をとったな~といつも思います。
まったくの別人です。(-_-)


最近、弾き語りの動画を撮ったりしていたので、なんの抵抗もありませんでしたが、ビデオカメラの前と大勢の人の前ではちょっと違うぞ~って、今さらながら考えてしまいました。

そういえば、レッスンでも先生の前で弾き語りしたときに、妙に、何かいつもと違うぞ~と感じたのはそのせいだったんですね。
まあ、最後はなるようになるので、思い切りやるだけですね。

それにしても、まだまだ時間があると思っていましたが、本番まで3週間とちょっととなりました。
まもなく、本番モードのスイッチが入りそうです。
今週末の3連休で、少し完成度を高めたいですね。
最近、エレキギターの練習はテクニカルばかりでした。
課題もスィープピッキング以外に、曲など出ておらず、ひたすら、指を動かす練習ばかりしていましたが、実はここに落とし穴がありました。
時々、ソロを弾いていたものの、いつのまにか、練習の大半が同じ指を動かすことばかりしてしまい、
今日、~そういえば、最近同じ指ばかりだから、たまには違う指使いをしてみよう~
と思い、いつもとちょっと違う指使いをしたところ、動かね~!

ほんの2週間くらいなのにね~。
そういえば、先生も、同じ指の動きばかりしていたら、違う動きが出来なくなるから、毎日違う指の動かし方をした方がいいって言ってたっけな・・・・
バカでした。orz

また、しばらくは、ぎこちない千鳥足の指と付き合わなければなりません。
最近なんか、中指の動きが悪いな~と思っていたのは、これだったんですね。
反省です。


さて、弾き語りの練習は、昨日よりは少し調子が上向きになってきました。
今週は、回復が少し早いような気がします。

コーラス曲も、何度も何度も聞いて、8割くらいは流れがつかめました。
ただ、途中、つかみづらいところがあるので、そこのクリアーに少し時間がかかりそうです。
あとは、実際に他の人に合わせてコーラスで歌えるかどうかが一番の問題ですね。(^^;)

私自身まだ、自分の歌い方はこれだっていうのを持っていないので、常に、歌い方を変えながら試行錯誤しているのですが、インターネットとかの情報では、ギターと同じで最初は好きな歌をコピーするといいとのことです。

歌をコピーってなんかピンと来ません。
別に声のものまねをするわけではありませんよね。・・多分
歌い方のまねかな~。
これはギターをコピーするより難しそうですね。(^^;)

そういえば、先生もオリビアをコピーしていたって言ってました。

好きなアーティストね・・・・そこからして選ぶのが難しいです。
とりあえず、今はレミオロメンの曲を練習しているので、彼のコピーでもしてみようかな。
あとは、桑田、桜井に・・・おっClaptonやBryan Adamsもいいな~。

こう考えてみると、結構、題材がありますね。
8月のライブが終わったら、少しずつやってみようかな~。
2010.07.13 3曲目
今日は、火曜日、昨日よりも調子が落ちています。
しかし、ここまでくると本当に、何が取り憑いているんだ!言いたくなりますね。
まあ、いつものパターンだと、あと1日の辛抱です。
木曜日からは、調子が上がってくると思います。

ところで8月ライブで、私が参加する曲は、1人で弾き語りの曲、2人でギターサポートの曲、そして何人・・全員かな・・よく分かりませんがコーラスの曲と3曲です。

それで、問題のコーラスの曲ですが、今、一生懸命に曲を覚えている最中です。
何せ、英語の曲なので、曲の流れをつかむのに少し時間がかかっています。
全部歌うわけではないのですが、曲全体の流れが今一つかめていないので、必死です。(^^;)

さて、その曲は「ain't no mountain high enough」という曲で。
どんな曲かというと、知っている方でしたら「天使にラブソングを2」のエンディングの曲です。

色々な人がカバーしている曲で、流れをつかむため、Youtubeで良い手本になる動画はないかと探してみました。
本当にたくさん、出てきました。
けっこう、日本の方達が歌っている動画もありましたが、サビ以外、ほとんど何を歌っているのか分かりません。
理由は、・・・・ここでは控えます。(^^;)
それで、ちゃんと聞くためには、本物の英語で歌っている動画を見なければなりませんでした。

そんな中で、プロではないと思いますが、とても楽しそうに大勢で歌っているこの動画が一番気に入りました。



こんな感じの曲です。

こんな感じで金髪の・・・失礼、きれいなお姉さん達と歌えたら楽しいでしょうね。(^^)
やば~っ、完璧におやじモードに入っています。(^^;)

ところで、この人達、何者なんでしょうね?
素人ぽいのですが、歌は微妙に上手いです。


さて、もう一つ、番外編としThe Doobie BrothersのメンバーだったMichael McDonaldがカバーした動画もありました。



私は、この人のハスキーな声がとても好きで、I Keep Forgettin' を良く聞きました。
雰囲気は違いますが、すごくかっここいいな~。

全体の流れがつかめたら早いと思うのですが、正直なところ、あと1ヶ月を切ったので、ちょっとだけ焦っています。(^^;)
大丈夫かな~。
声の調子が悪いですね~。(-_-)
あっ、雨の日は声の調子ではなくて、気分が乗りません。

なぜか、月曜日になると日曜日の調子がリセットされてしまうのが惜しいです。
もしかしたら、土、日とかなり集中して練習するので、その疲れが月曜日の憂鬱な気分と相まって、体が「おい、少し休めよ」と言ってくれているのかもしれませんね・・・・って勝手な解釈はいけませんね。
ただ、最近は、1週間に1回不定期で休養日を設けています。
肉体的にも、精神的にも一息入れた方がいいのかな~と思っています。

まあ、このサイクルは分かっているので調子が悪くても、悪いなりに次の日に向けて練習すればいいのかな~と開き直っています。
その点、ギターは、曜日も天気も関係なく良いところもあれば悪いところもあり、ならせばいつものとおりです。(^^;)

さて、最近ちょっと悩んでいるのが、エレキギターとアコースティックギターのタッチの違いです。
今まで、アコースティックギターだと弦のタッチは強めになりますが、エレキギターはタッチが軽くなります。
その違いに時々戸惑うわけです。

特に、最近速弾きが出来るように本当に軽いタッチで弾く練習をしているせいもあって、エレキギターからアコースティックギターに持ち帰ると、時々ピックが指からポーンと飛び出してしまいます。
今日も、かなり弾いている途中でピックを飛ばしてしまいました。
あちらをたてれば、こちらがたたずと困ったものです。

ところで、最近知ったのは、エレキギターで音の強弱は、ピックが弦に触れる深さを変えて付けるとと言うことです。
小さい音を出すときは浅く弦にタッチし、強い音を出すときは少し深く弦にタッチするんです。
今まで知りませんでした。(^^;)

私は30年以上もギターで強弱を付けるときは、弦のタッチの強弱だと思っていました。
アコースティックギターの場合はどうなんでしょうね。
試してみていませんが、やっぱりピックの深さなのかな~、タッチの強弱なんでしょうか・・・・
それぞれの方法があるとしたら、またまた戸惑ってしまいますね。(>_<)

さ~て、調子の悪い日は、明日に備えて早く寝たほうが良いですよね。(^^)
昨日、肩が痛くて消炎剤を肩に塗りましたが、今朝になってもまだ痛みが残っていました。
う~ん、ちょっと今回は、重症かな~(T_T)
まあ、そのうち治るでしょう。

さて、今日は、makiさんと3回目の音合わせでした。
今日は、お店のギターフェアーをやっている都合、スタジオを借りることが出来ず、空いているレッスン室を借りて音合わせをしました。
ただ、このレッスン室にはギターのアンプはありましたが、PAがないので歌の感覚がつかめないままの練習でしたが、ギターの練習にはなったので良かったと思います。

練習では、makiさんのギターの音を聞きながら、タイミングをとることに集中しました。
良く聞いていると、makiさん先週よりギターが上手くなっていました。
特に、間奏のリズムが先週より上手く弾けていて、私もリードを入れやすかったです。
かなり練習したのかな~。
私も間奏のリードは、この1週間、かなり練習しました。
音的には単純なフレーズなのですが、油断すると弦移動するときに空振りしてしまうので、注意しました。

それから、makiさんが、ギターの先生からギターコードの変更についてアドバイスを受けたということで、そのコードでやることにしました。
ただ、このコードだと最後のファルセットを今までよりも長~く出さなければならないんです。
makiさんは、楽に出していましたが、私は、苦しくて延ばせませんでした。(^^;)
ブレスの位置を考えれば延ばせるよな気がするので、とりあえず練習します。

それからエンディングにソロのフレーズを入れることにして、少し格好よくなりました。(^_^)v

最後に、今日の成果を確認するために、PAがなかったことから、ギターをアンプラグドにして演奏を録音しました。
ギターの音にボーカルが隠れ気味でしたが、まずまず確認は出来る状態です。
帰ってきてから音源を聞きましたが、まだ私の歌が少しふらついているというか、まだメロディーを覚えきってません。m(_ _)m
ただ先週よりは良くなっていると思います。
ギターも、先週よりは良くなっていて、もう少しという感じです。
全体的に、息が少しずつ合ってきたような気がします。

あと何回練習できるか分かりませんが、音合わせの度に演奏が進歩しているので、この調子でいければなんとかなりそうな、そんな雰囲気になってきました。

残り4週間になりました。
弾き語り&ギターサポの曲は6割~7割くらいの出来になりました。
今週からは、少しコーラスの方にシフトして練習しようと思います。
なんたって、これが一番やばそう~(^^;)
ここ2~3日前から肩が痛くなっています。
原因は、もうあれしかありません。
そうギターです。
最近、スイープピッキングの練習をしていて、妙に力か入ってしまい、肩に負担がかかってしまったみたいです。
慣れない動きをするのってダメなんですね。
まあ、そのうち慣れた動きになってくれるでしょう。
なので、今日は肩に消炎剤を塗っています。(>_<)

さて、今日はレッスン日でした。
今回は、エレキギターが思ったように弾けていなくて、覚悟してレッスンに望まなくてはなりませんでした。
ただ、こんな時に限っていつものパターンのような気もしないではないですが、期待しないでレッスンに向かいました。

まずはボーカルからです。
今日の声の調子は上々でした。
ただ、こんな日は調子に乗ると思い切り外してしまうことが多いので注意しなければなりませんね。

ブレス、発声練習と終わり、メロディーエクササイズは、5度のメロディーを先生のピアノ伴奏で歌います。
ただ、この伴奏が、えっ?このメロディーでこんなコードを使うの~と言いたくなるような、ちょっと意地悪な箇所が1、2カ所あります。
前回は、そこで伴奏につられて外してしまい、今回再度挑戦という具合になりました。

伴奏につられないでメロディーを歌うなんて、今の私の課題を克服するためのタイムリーな練習のような気がしました。
そういえば、この前の8月ライブの練習の時に、さすがにまだメロディーを覚えていないせいもあって、makiさんのハモりにつられて音を外しましたが、前回のsuger.nさんとのライブでは、つられないでだいぶん歌えるようになった気がします。
なぜ、そんな気がするのかというと、今まで私はハモることが出来なかったのですが、なんか知らないうちにハモることが出来るようなったからです。
これも、レッスン&練習の成果でしょうかね。

おっと話がずれてしまいましたが、今日は、その意地悪なコードの箇所でも伴奏につられることなく、歌うことができました。
前回は全然ダメだったのに、少し前に進めてホッとしました。(^^;)

次に、8月ライブの弾き語り曲でもある、練習曲です。
今日は、D28を持ち込み、本番と同じくラインで弾き語りしました。
前回までの課題だった最初のAメロは、1週間みっちりと繰り返し練習したのですが、その成果がちょっと出たみたいで、良い感じで最初の難関を通過できました
それにしても、この曲を入れて今まで4曲の練習曲をやってきましたが、こんなに良い感じで最初のAメロを歌えたのは初めてのような気がします。

やっぱり最後は練習がものを言うのかな・・・・そう思いたいです。

特に、気をつけたのがフレーズの終わりで、私は、フレーズの終わりが息がたりなくて中途半端になったり、フラットしてしまう癖があるので、今日は意識してブレスコントロールに気を遣い、そしてフラットしないようにブレスで支えるようにして丁寧に歌いました。

それが、歌っている自分でも、今日はいいな~と感じるほどはまりました。
そのくらい今日は、いつもより歌いやすかったです。

何が違うんだろうと思い歌いながら、自分の声をよ~く聞いてみると、今日は少しだけリバーブをかけてくれていたみたいです。
リバーブをかけるだけで、こんなにも違うものなんですね。

そして、練習曲も最後のクライマックスに・・・・あ゛っ!やっちまっただ~。
今日は調子が良いから、気をつけなければと思っていたのに、最後の最後でグラッといってしまいました。
こんなところで失敗したことがないのに、不思議ですね。f^^;)

歌い終わった後に先生からは、自分のアレンジでritをかけたところについて、そのかけ方についてアドバイスを貰いました。
ritの部分は、まだ試行錯誤の段階で、なんとなく躊躇していたこともあって、不自然なかけ方だったのだと思います。
これは、これからの練習で少しずつ自分の気持ちの表現としてかけていけたらな~と思っています。


続いて、エレキギターです。
レッスンでは、まず最初に、makiさんとの8月ライブの曲の話になり、先週の練習の時も色々とアドバイスをして貰いましたが、今日も、あそこのところは・・・等という話で、途中6度の和音を鳴らすところがあるのですが、その話から、インターバル(音程)の話につながり、結局は、その話で今日のレッスンは終わりました。

2度から7度まで色々とその音色を確認しながら、3度と6度は結構使えるから形を覚えた方が良いと言い、実際のオケに合わせて、使い方の例を示してくれました。

知っている方も多いと思いますが、3度と6度はメロディーの3度上に音があるか、メロディーの1オクターブ上から3度下に音があるかの違いで、度数的には3度みたいなものですよね。
色々聞き比べてみると、この2つが一番きれいな和音になります。

最後は、3度飛ばしのスケール(ド、ミ、レ、ファ、ミ、ソ・・・・・)をやり、「これは指の練習にもなるし、ソロでも使えるから覚えておいた方が良いよ」と言われました。
確かに、指の動きはトリッキーなのですが、慣れればそうでもないのかな~なんて思っています。

そなんことで、今日のエレキギターのレッスンは、期待通りにスイープピッキングの練習なしで無事終わりました。
来週はエレキギターのレッスンがないので、とりあえず、まだ2週間練習する時間が増えたので、明日から、またコツコツとスイープピッキングの練習をして少しでも弾けるようにしたいと思います。


今日はレッスンから帰ってきてから、そろそろG弦が切れそうな予感がしたので、弦交換をしました。
今の弦を補張ってから1ヶ月が経つし、最近はほぼ毎日チューニングをしているので、中途半端な時期に弦が切れて交換すると、ライブの時に良い状態の弦で演奏できないので、今回は早めに交換しました。

あわせて、ボディーにポリッシャーをかけ、指板にオイルを入れてメンテもしました。

さあ、明日は、makiさんとの音合わせです。
前回は演奏の形作りまではいかなかったので、明日はある程度形を作りたいと思っています。
まだまだ、完成まで道のりが遠い割には、本番まであまり2人で練習する回数がないので、少し焦っています。(^^;)・・・・が、私が焦っては元も子もないので、どっしりと構えていきたいな~・・・・いや、いきたいと思います。

あとは、コーラスの練習だけか・・・・・(^^;;)
ようやく一週間が終わりました。
今週は、函館の日帰り出張があって、ちょいと疲れましたが、なんとかこの週末で疲れを癒したいと思います。

さて、今日の帰りの電車の中で、突然思い出して、無性に聞きたくなった曲がありました。
Foreignerというグループの曲です。
私が20代から30代にかけて聞いたグループです。
ちょうどMTVが流行っていたころだと思います。

特に好きだった曲が、この曲



とこの曲


2曲とも大好きな曲です。
なんたってタイトルが良いですよね。
当時のことを思い出します。
若かったな~。(^^;)

それにしても、今あらためて聞くとこのボーカルの人すごい声出しますね。
見習いたいものです。

さあ、明日はレッスン日です。
ボーカルはいつもの感じですが、エレキギター・・・ちょっとやばいかな~(^^;;)

なんたって、速弾きで気持ちが先に走って、左手がピッキングの早さに追いついていません。
本当は、テンポを落としてゆっくり目からスタートしたいのですが、レッスンでは、いきなり早めのリズムで来ますからね。
明日も、冷や汗必死です。(>_<)
2010.07.08 根気強く
今日は、北海道でもゲリラ豪雨らしきものが降ったみたいで。
6月が好天だと、7月はいつも雨ばかりなんですよね。
やっぱり蝦夷梅雨なのかな・・・・

さて、最近の声の好不調のパターンがなんとなく分かってきました。
今日気づいたのですが、毎週水曜日が最悪のコンディションで、そこから徐々に良くなり、日曜日がピークになるみたいです。
そして、また月曜日から下降するという、パターンを繰り返しているみたいです。
バロメーターは、声の共振で、調子の良いときは倍音がたくさん出て、高い方も楽に出ますが、調子が悪く共振しないと、歌うことさえ苦痛になります。
しかし、この調子の悪いときも根気よく、発声することによって調子が上向いてピークに向かうみたいです。
何事も根気よくがんばることが大切みたいです。

今週も昨日が最悪のパターンで、今日の朝から調子が回復し、同僚と会話をしていても、おっ!調子よくなってきたなと分かります。

どうしてこんなサイクルなったかは分かりませんが、日曜日がピークだというのは助かります。
なぜかというと、大体ライブをやるのが日曜日なので、この日が声の調子のピークだと下手くそなりに、コンディションの良い状態で歌えます。

そして、今度のライブも8月の第2日曜日です。
この調子のサイクルが続くことを祈っています。

さて、今日もギター中心に練習しました。
いつもは、エレキギターが1時間、歌が30分くらい練習しているのですが、先週辺りから歌をプラス30分多く練習しています。
それでなければ、とうてい練習量が足りません。
まあ、練習していると自然と時間が延びてしまっているんですけどね。。

それらか、先週までは、ライブの練習もエレキギターの練習後、そのままエレキギターで弾き語りの練習していたのですが、今週からは、アコースティックギターを毎日チューニングして、アコギで練習しています。
やっぱり、エレキとアコギの感触が違うので、そろそろ本番を想定して練習しなければと思い、やっています。

そのおかげで、アコギの調子がすこぶる良くなってきました。(^^;)
やっぱり音は弾けば弾くほど良くなるんですよね。

ギターは主に、弾き語り曲ではハイコードに切り替えるタイミング
そして、サポート曲では、間奏のリードの練習と、エンディングのリードのイメージづくりです。
ちょっとこだわったエンディングにしたいので、アドリブを入れてみようと思っています。
その辺は、日曜日に相方さんに聞いて貰って、相談しようと思っています。

歌の方は、弾き語りの最初のAメロを何度も繰り返して練習しています。
最初は、ゆっくりとメロディーを確認しながら歌い、特にフレーズの終わりのピッチを最重点に練習していますが、今のところは上手くいかないです。(>_<)

ところで、このAメロの各フレーズ、特に、2つめのフレーズが上手くいきません。
何が上手くいかないかというと息が続かないのです。

最初のフレーズは、なんとか持ちますが、2つめになると途中で息が切れ、中間くらいでブレスを入れないと歌えません。
何度も繰り返し、1つめと2つめ間にたっぷり息を吸ってもダメでした。
それも意識して、息をたくさん吸ったときに限って全然持たないのです。

何でだろうと思い、何度か繰り返しているうちに、息をたくさん吸おうとする気持ちが空回りして、お腹全体に力が入っていることに気づきました。

そこで、ブレスをする時に、スッとみぞおち辺りの力を抜いてやると、それまでよりも少し楽になりまた。
おそらく、息をたくさん吸うためにお腹を膨らませたときに、変な力がみぞおち周辺にかかり、力が入った瞬間に、その力で横隔膜を押し上げて、無駄な息が出てしまうのか、それとも最初から力が入っていて、横隔膜が下がらないため、肺にたくさんの息が入っていかないものと推測しました。

いずれにしても、その辺りの力を抜くことで、とりあえずは改善されそうなので、少し探ってみようと思っています。
ただ、力を抜くといっても、下腹部の方はある程度の支えが必要なので、力の加減が難しいですね。
根気強くがんばらなくちゃ~♪

とにかく、最後は練習した分だけ演奏に出ると信じていますので、まずは1ヶ月後のライブに向けてがんばっています。
2010.07.06 あうんの呼吸
先ほど函館から帰宅しました。
いや~っ、やっぱり疲れますね。
唯一の楽しみだった、噴火湾越しの羊蹄山も見られなかったし、ちょっと残念でした。
今日の出張は、八雲、函館、木古内と3カ所回ってきました。
そして、ちょうど木古内から津軽海峡を見渡せる場所があったので、ちょっと1枚

hakodate
中央の遠くにうっすらと見える山が函館山です。


そして、函館に来ると、いつも思い出すのが私の伝説?です。

私が幼稚園の時に、家族で新潟の親戚のところへ行ったときの話です。
当時は、青函連絡船が北海道と本州を結んでいたのですが、夜函館を発って、朝方青森に着く便に乗りました。
その時夏だったので、船内は暑く、看板で涼んでいたのです。
すると、母親が怖い顔をして「あんたこんなところで何やってるの!もう皆降りる準備をしているのに。」とこっぴどく怒られました。
話によると、下船しようとしたところ、当時幼稚園だった私の姿が見えないので、皆、血相を変えて探していたらしく、怒られて当然ですね。

そして、私は、甲板の上で涼しい顔をして、当時流行していた「函館の女」を歌っていたので、母親もあきれてしまったのだと思います。

今でも、時々母親が笑い話として「お前だったら、皆が必死で探していたのに、看板の上で函館の女を歌っていたもんね・・」とその話をしますが、親にしてみれば当時はとんでもない心配をしたんだろうな~と、その話を聞くたびに反省しています。


さて、次はギターの話です。
私の今のギターの相棒は、ご存じのとおりsuger.nさんです。
彼とは、中学のころからの相棒で、途中20年以上のブランクがありましたが、昨年から活動を再開して、最近ようやく昔の感が戻ってきました。

ギター2本でやっているときに大事なのが、「あうんの呼吸」です。
たとえば、ボーカルを担当すると、どうしても歌にのめり込んで、リズムが崩れて走ったりするのですが、その時に、ボーカルを担当していない方は、しっかりリズムを刻みます。
すると歌っていても、相方のギターのリズムを感じ取り、スッとリズムを戻したりします。
また、バラード系の歌を歌うときは、ここは溜めるんだよなとか、何度か練習しているうちに癖が分かってきて、言葉を交わさなくても、自然と合わせたりします。

特に注意しなければならないのが、2本のギターのリズムで、ギターのリズムが崩れると、2本のギターの音がバラバラバラ・・・と悲惨なことになってしまいます。
その辺も、あうんの呼吸とでもいうのでしょうか、どちらともなく一方のリズムに合わせて上手くいきます。
そして、時折、アイコンタクトだけで次に何をするのかも感じ取ることが出来ます。
多分、これは長い間、一緒にギターを弾いていたからでしょうね。

さて、今度の8月ライブでコンビを組むmakiさんとは、先日の音合わせが2回目で、正味、2回合わせても1時間くらいしか一緒に弾いていませんので、当然、あうんの呼吸はありません。
2回目の音合わせの時に録音した音源を聞く限りは、極端に走ったりすることがなかったので、私がリズムをリードすることにあまり気を遣うこともなさそうです。

実は、この音合わせの前に、ギターの先生が「この曲のリズムは走りやすいから気をつけた方が良いですよ。」とアドバイスを貰っていたんです。
この曲は、少し遅そめのシャッフルなのですが、裏拍で16分音符を感じながらのリズムなので油断すると走ってしまうのかな~と思いました。
それで、とにかくリズムだけを気をつけていたのですが、かえってそれが裏目に出て、時々2人のリズムが崩れてしまいました。
それと、私のストロークもけっこう癖のある溜を作るので、それも殺さなければならないことに気づきました。

そんなこともあり、とにかく、私がボーカルのmakiさんのリズムを掴んで合わせなければ、せっかくの演奏も台無しになってしまうので、今日の出張の往復の電車の中で、繰り返し音源を聞いてリズムを耳にすり込みました。

まあ、行き帰りの電車の中は退屈で、せいぜい本を読むか居眠りをするくらいなので、ちょど良かったです。
往復で約6時間、びっちり聞きました。
今でも、なんか耳の奥から聞こえてきそうです。(^^;)

とにかく、音合わせの時間があまりないので、もう一工夫必要な気がしました。
今度は、次の日曜日・・・・がんばらなくちゃ~♪(^^)/
昔は、ちょっとやそっとでは折れなかった心が、細くなったのか、骨粗鬆症になったのか折れやすくなっています。
見かけでは、ポーカーフェイスを装って、回りからみると何事にも動じない人みたいに見られていますが、それはみせかけで、めっきり気持ちが弱くなってきたのかな~って時々思います。

まあ、いつまでも強気で突っ走る体力も気力もなくなってきたような気がします。

そんな時に折れかかった心を癒してくれるのはやっぱり音楽ですよね。
それも昔聞いた、妙になつかしく、今でも心の支えになってくれる音楽です。

ただ、昔の曲で懐かしくても、思い出が大きすぎでかえって落ち込んでしまう曲もあるんですけどね。
また、それはそれで良いんでしょうね。

ここのところ、ずっ~と、そんな音楽を聴きたい気分なので、今日はいつものようにyoutubeで検索しました。

この曲は、私が10代の後半に、いつも聴いていた曲です。
良い曲ですね。
私には歌うことは出来ませんが、聴いて癒されたいと思います。




色々な人がカバーしていますが、やっぱり本家本元のこの人のオリジナルが一番心に染みますね。

さて、明日は、函館の日帰り出張です。
日帰りですよ~。きついな~。
そんな明日のために、今日は、この曲を聴いて心の疲れを癒して、明日に備えたいと思います。~♪(T_T)
2010.07.04 ヴィブラート
今日は、makiさんと8月ライブの音合わせをしてきました。

その前に、私だけでスタジオを借りて自己練習です。
まずは、自分の弾き語りの曲を練習します。
指がまだどのポジションで弾くのかを迷っていますが、これは、何度も練習を積み重ねて覚えさせるしかありませんね。

それと、課題だったPAを通した自分の声に慣れることですが、どうにも慣れませんでした。
普段聞こえる自分の声の周波数が聞こえません。
なんか物理の話をしているみたいですが、たとえばA(ラ)であれば440hzです。
これは、音叉でギターのチューニングをした経験のある人なら分かりますが、あの音叉の音が440hzなんです。
ところが人の声って、このAを発声しても2倍、4倍・・・、2分の1、4分の1と言った倍音が含まれています。
ギターの開放弦をミュートしないで鳴らすと、その音以外の色々な音が混じって聞こえますが、それは、元々の音に他の弦が共鳴して倍音を鳴らしているんです。
それと同じで、人間の声も発声するとその音以外の音も鳴ってきます。
不思議ですよね。やっぱり人間の声も楽器と同じなんですね。
それでおそらく私が普段聞いている声が、PAを通るときにある倍音がそぎ落とされて自分の声ではない他人の声に聞こえてしまうのだと思います。

もともとピッチが安定しなくて、何度も繰り返してピッチを合わせる練習をしてきて、最近ようやく安定しかかったところでしたが、次から次と壁が出てきますね。

そこで、今日は最初ゆっくりと自分の声を確認しながら発声しましたが、自分の出したい声が出ないという結果になってしまいました。
まあ、これも繰り返し練習して慣れればいいのかな~と思っています。

それから、本番ではピックアップを使うことになったので、それではとアルペジオはピックではなく指弾きでやることに決めました。
どちらかというと、指弾きの方が優しい音が出るのでこの曲には合っていると思います。


続いて、約束の時間となりmakiさんが来ました。
最初に教室からピックアップを借りてmakiさんのギターに装着します。
ところがmakiさんのギターはoooタイプみたいで、ホールが小さく取り付けにちょっと苦労しましたがなんとかピックアップの取り付けが終わり、音合わせをしてみます。

途中で、ギターの先生が見に来てくれて、間奏のリードのアドバイスをしてくれました。m(_ _)m
さすがに、的確なアドバイスでした。

私の分担は、全体のリズムギターと間奏とエンディングのリード、それから2コーラスめからのボーカルです。
それにしても、makiさんは、さすがに歌が上手いです。
なんか私が一緒に歌うなんて申し訳ないような気がします。

ところで、今日makiさんの歌を聴いていて気づいたのが、ヴィブラートです。
makiさんはきれいにヴィブラートをかけていました。
それで、ふっと思ったのが、私はヴィブラートのかけ方を知りません。(^^;)
なんとなく自然にかかることはあるのですが、意識してかけたことはありません。
どうやってかけるんでしょうね?
来週、先生に聞いてみよう~と。
まあ、そう簡単にはできないと思いますが、makiさんの歌を聴いていて、私もきれいなヴィブラートをかけたくなってきました。

今日の最後の合わせを録音して、帰宅してから聞いてみましたが、2コーラス目からは、makiさんがハモるのですが、私がまだこの曲のメロディーを覚えきっていないせいか、ところどころ音を探ってみたり、つられたりします。
まあ、これも慣れればOKなのかな~と思ってます。
ただ、ありま音合わせの回数がないので、後は音源を聞いて自己練習ですね。

ギターはまだまだサポート仕切れていない部分や、リードのミスタッチ、それとギターの先生からアドバイスをもらって修正したところなど、帰ってきてからも少しギターの練習をしました。

なんとか、後1ヶ月で自分の曲とこの曲と2曲がんばって練習したいと思います。
とにかく、2曲とも良い曲なので完成させたいです。

それにしても、昨日買ったストラップギターに付けてみるとまた一段と良いです。
本当にお気に入りになってしまいました。(^_^)v
とにかく、色々な人にこのストラップを見てもらいたいです。
来週のレッスンからは、D28を持ち込んで本番と同じスタイルでやろうと思っていますので、まずは先生にギターに取り付けたストラップを見て・・・いや歌を聞いてもらおうと思います。(^^;)
先日お話ししていた、アコースティックギター用のストラップを今日のレッスンの時に、お気に入りのを見つけて買ってきました。
ストラップ

なかなか、おしゃれだと思うのですがいかがでしょうか?(^^;)


さて、今日はレッスン日です。
今週は、なかなか練習ができず、不調のままでレッスンに望みました。

まずは、ボーカルです。
ブレス、発声の練習をした後、8月ライブでやるコーラスの曲(ここに書くのは初めてですね。)を先生がCDを書けてくれ、その後ピアノで弾いてくれ、こんな風にと教えてくれました。
もしかしたら、今回の曲の中では一番強敵かもしれませんね。
せめてもの救いは、1人で歌うのではなく、何人かで歌うことでしょうか。(^^;)

今日は、あれこれと練習して、あっという間に練習曲まできてしまいました。
今日の練習曲では、アルペジオの練習も兼ねてエレキギターで弾き語りました。

アコギとエレキでは感触が違うのですが、少しでも練習にと弾いてみました。
まだ、コードをハイフレットで弾くかローフレットで弾くか迷っている部分があるため、コードミスを何カ所かしましたが、これから練習をしていけばなくなると思います。

それと、最重要課題の最初のAメロは、今日も失敗でした。(>_<)
よくよく考えてみると、マイクを通して聞く自分の声がやっぱり耳慣れないんです。
それと、力の配分がつかめず、無駄な息を吐いてしまい1フレーズ息が持ちません。
おのずと、フレーズの最後では息切れしてフニャフニャ・・・・

今日もレッスンに行く前に、念入りに最初のAメロを練習して、なんとなくいけそう~と思っていたのに残念です。
ただ、歌っていくにつれて、自分のペースがつかめてきたので、最初の入りについては、モニターから聞こえてくる自分の声に惑わされずに、自分のペースを死守して歌えばなんとなくいけそうな感触がつかめました。


続いて、エレキギターです。
前回、スイープピッキングをやるからと予告され、結構練習したのですが、そんなに簡単に弾ける代物ではないことに気づきました。
とにかく、リズムが変則的になるし、ピックのコントロールも難しくなります

それなのに、レッスンでは容赦なくいきなり、そしたら・・・・といって、次から次と、スイープピッキングの練習をしました。

おまけに、早く弾くのと同時に弾いた音が重ならないように、弾いて直ぐにミュート・・・・m(_ _)mごめんなさい、私にはム・・・・・リ・・・・・
先生いわく、早く弾くためにやるピッキングなのでオルタネートピッキングより早く弾けるようにしましょう。
先生・・・ムリ・・・です。
右手のスピードに左手がついて行きません。(>_<)
指板上で右指がもつれて千鳥足状態になってしまいました。
そんな感じで、今日のエレキギターのレッスンは、30分間ヘロヘロになるまで弾かされました。

私は、速弾きは望んでいなかったのですが、先生はそんなこと許してくれるはずもなく、自分の主義に反しますが、あきらめて速弾きに取り組むことにしました。
それに、やる前から出来ないというのは、私の性格が許さないので、また新たな挑戦をしたいと思います。

さて、明日は、8月ライブの曲をmakiさんと音合わせをします。
前回は、なんとなくこんな感じでやりましょうと、ぼわっとしたところで終わったので、明日は少し突っ込んで練習したいと思っています。

気がつけばライブまで後1ヶ月です。
段々と気合いが入ってきましたよ~。(^_^)

2010.07.01 今日はお休み
先週の土曜出勤の代休でした。

昨日はちょっと飲み過ぎたので、今日は起きるのもちょっとだけ遅かったです。(^^;)
昼過ぎにちょっと買い物に出て夕方からギターを弾き始め、夕食時間だけ休憩して、今まで弾いていました。
8月ライブの弾き語り曲、ギターサポート曲、それと普段のエレキギターの練習と、たっぷり5時間は弾いていました。
おかげで、久しぶりに左の指先が痛くなりました。


まず8月ライブの弾き語り曲は、アルペジオの練習です。

ところで、私はアコースティックギターを弾くときはいつもおにぎり型のピックを使っています。
ONOGIRI

ところが先日、ギターサポート曲のリードの練習をしているときに、どうもピックが上手く弦にタッチしないので、どうしたものかと思い、そばにあった、いつもエレキギターを弾くときに使っているティアドロップ型のピックを使ってみました。
TEARD1
はがれているのは滑り止めのカバーみたいな物です。
滑り止め付きのピックを使うと、付いていないピックを使えません。


さて、これがドンピシャっとはまり、リードを弾くときはおにぎり型よりもティアドロップ型のピックの方が弾きやすいことに気づきました。
もしやと思い、同じピックでアルペジオを弾いてみると、やっぱりおにぎり型よりも弾き易いのです。

なぜかと考えてみたのですが、ほぼ毎日このピックを使ってエレキギターの練習をしているので、いつのまにか、
このピックの形になれてしまったのかもしれません。

ただ、エレキ用のピックは少し厚いので、リードを弾くときは良いのですが、ストロークを弾くときは今一感触というかギターの響きが好きな音でないための、普段使っているおにぎり型と同じ厚さのティアドロップピックを、今日買いに行きました。
が、私の街にある楽器屋さんには、おにぎり型と同じ素材のピックはなく、とりあえず、厚さが同じくらいのティアドロップ型のピックを買ってきました。
TEARD2

普段使っているおにぎり型は、0.73mで今日買ってきたのが0.8mなので、ほんの少し厚いのですが、実はこのピックのロゴの部分が滑り止めになっていたので、とりあえず買ってきました。

使い心地は、まずまずです。
本命のピックは今度の土曜日のレッスンの時に探してみようと思っています。

さて、話を弾き語りの曲に戻して・・・・

今日はアルペジオを弾きながら、そして歌のピッチを確認しながら合わせました。
今まで、アルペジオで歌うとどうしても、ギターにばっかり意識がいって歌が今一でしたかが、今日はその辺も気をつけて、できるだけレガートで歌うように意識してみました。

それと、いつもの課題である最初のAメロは、特に何回も繰り返し練習しました。
それにしても、どうして最初のAメロっと、間奏の後のサビって歌いづらいんでしょうね・・・・って、私だけ?

その後、コードのポジションを弾きやすいポジションに変えてみたり、声の音色を色々と変えてみたり、ギターも歌の1コーラス目を全部アルペジオ、2コーラス目からさびの部分をストロークなどと、弾き語りなりにアレンジを色々と変えて歌ったりしてみました。
まあ、火曜日よりは少しマシになったような気がします。

続いて、ギターサポート曲は、私が入るところの最初のフレーズのメロを確認しながら歌ったのと、間奏のリード、それから、エンディングのリードなど練習しました。
こちらは、今のところは順調なので、調子を崩さないように気をつけなければ・・・・(^^;)


さあ、明日も・・・・と思いましたが、明日は、また飲み会です。(-_-)
もともと、あまり飲まない私には、これだけ飲み会が続くと苦痛になってきます。
それより、明日、練習しないと次の日のレッスンがきついんだよな~。
多分声も出にくくなるし・・・・良いことなしですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。