上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.29 暑かった~
昨日から1泊で、オホーツク方面に出張してきました。
昨日の朝一のJRで出発し、遠軽で降りて、遠軽、興部と回って北見に宿泊。
今日は斜里へ。
sharidake
             今日の斜里岳です。山頂付近は雲がかかっていました。

そして、午後のJRで帰宅しました。
興部はさすがに霧が出ていて少し涼しかったですが、遠軽、北見、斜里は強烈に暑かったですね。
まだ6月なのに、5月が寒かった分までいっぺんに来たみたいですね。

そんなことで、今週は明日と金曜日が飲み会なので、平日の練習は今日と木曜日の2日しかありません。
エレキギターの進み具合がレッスン間隔が2週間あったのにもかかわらず思わしくないので、ちょっと焦ったりしています。
木曜日が先週の土曜日の代休で休みとなったので、木曜日に追い込みたいと思っています。

それから、8月ライブの曲ですが、ギターサポートする曲はまずまずです。
間奏とエンディングのリードは、ほぼOK、歌の方も音源を聞きながらメロディーを頭にする付けながら練習を積み重ねるだけになりました。(^_^)v

問題は、自分の弾き語りの曲です。
こっちは現在泥沼状態・・・(^^;)
まだスタイルが決まりません。
アルペジオをピックで弾くのか指で弾くのか。
カポなしでやるのか、3カポでやるのか
等々、全然決まりません。
歌の方も全然安定しないし、今日は声も出ませんでした。
ちょっと最悪なのかな~。(>_<)

曲を変えようかと真剣に考えましたが、今この曲より長く練習している曲はなく、新しい曲を始めても良いのですが、ギターと合わせて1ヶ月で仕上げる自信はありません。
なので、とりあえずは、この曲でがんばるしか選択肢はないので、とにかくひたすら練習しかないのかな~。
まあ、これ以上は悪くならないだろうというくらいダメなので、なんとかなるでしょう・・・・かな?

さて今回、新たな取り組みとして、ギターをスタンディングスタイルでやることにしました。
ただし、今のところはギターサポートの曲だけです。
もう、座って弾くのをうん十年やっていて、立ってギターを弾きながら歌うのは、実に35年ぶりくらいかな~。

初めて人前でギターを弾いて歌った時に立ってやったのですが、あれは確か、中学2年生の時、卒業生を送る会だっと思います。
幕間でやりました。
会場は市民大ホールのステージで、suger.nさんとかぐや姫の曲を2曲やった記憶があります。
その後に立って1、2回やったような、やらなかったような・・・そのくらい昔にやったきりです。

とりあえずは、ギターのストラップが必要なので、D28を購入したときにもらったストラップを付けてやってみました。
エレキギターはいつもスタンディングスタイルで弾いていますが、それとは全く違った感覚でした。
それでも、1時間くらいで慣れ、今日も立って練習しましたが、以外と座って弾くよりもたった方が弾きやすいのかな~と言った感じです。
ただ、ストラップがオマケのMartinとロゴが入ったいかにもというやつなので、私的には違うおしゃれなストラップを買おうと思っています。
エレキギターのストラップも付いてきたFenderのロゴが入ったのは使っておらず、DVDの中でクラプトンが使っていた黒のアニーボールのストラップを使っています。(^^;)
まあ、ギターが下手くそなので、せめてストラップくらいおしゃれにしなければネっと言った感じです。

さ~てどんなのにしようかな・・・・・と、こんなことを考えて気を紛らわせています。(^^;)
スポンサーサイト
2010.06.26 長い1日
昨日というか、夜中の1時頃帰宅し、昨夜は寝たのが1時半。
そして、今朝は6時前に起きて、仕事へ行きました。
さすがに、今朝は辛かったっす。(>_<)

おまけに今日の仕事は朝から夕方までほとんど休みなしでした。

今、帰宅してシャワーを浴びて、今日は、長い1日だったな~とまったりしていたら、急にまぶたが重くなってきたので、おちるまえに今日の日記を書き上げます。


夕方の5時には仕事を終え、今度は一路レッスンへ。

今日は、エレキギターレッスンがなかったので、少しは楽でした。(^_^)v

今日のボーカルレッスンでは、寝不足と、仕事でしゃべりっぱなしだったこともあり、声がガスガスで、声が出なくなる一歩手前の危険モードでしたが、最近そんな状態でも、自分なりにごまかしながらも歌えるようになりました。

今日指摘された点は、歌で子音と母音とで音がずれることです。
自分でも気づいていて、今少しずつ直しているところでした。
ここに来て日本語の壁にぶち当たっている感じです。

さて、今日はボーカルレッスンの後、8月ライブで一緒に演奏するmakiさんとの初めての音合わせだったので、アコースティックギターを持っていていました。
それで、いつものオケで歌う課題曲を今日は弾き語りしてみました。

先日の練習中のビデオでもおわかり通り、アルペジオが今一だったので、最初から最後までストロークで弾きましたが、弾き終わった後に、先生から「ここはアルペジオの方が良いんじゃない。」と最後の方のフレーズを指摘されました。
分かっているんですが・・・・最近、エレキギターとアコースティックギターとの微妙な違いから、ピッキングが上手くいかないんです。

先生から指摘された後、私は先生に「実はこことここも・・・・」と本来アルペジオで弾いた方が良いところを素直に話しました。
先生も、「そうですね」と同意してくれ「そこは絶対にアルペジオでやりましょう」と釘を刺されてしまいました。(^^;)

この曲のコードワークは、指が太くて短い私にはハードワークで、アルペジオだと時々、カスッと音が出ないときがあります。
なので全部ストロークでごまかそうとしたのですが、先生には気づかれてしまいました。
やっぱり、先生は鋭いです。f^^;)

今のところ、上手くいかなかったときのことを考えて、オリジナルがFなので、楽に弾ける3カポでDでやろうかとも考えています。
いずれにしても練習するっきゃないですね。

ボーカルレッスンの後は、いよいよmakiさんとの初音合わせです。
makiさんとは、初めてのセッションになるので楽しみにしていました。
一人で弾き語りするのも良いですが、セッションは、弾き語りにはない楽しさがあります。
makiさんとやる曲は、先日アップした練習風景の曲です。

[広告] VPS


はじめに、曲の構成については打ち合わせをしました。
その後、何度が合わせましたが、私が一部まだメロディーを覚えていないところがあり、ちょっと汗が(^^;)
それでも、初めての音合わせの割には感じも良く、本番が非常に楽しみです。
これから、何度か音合わせをして少しずつ完成度を高めたいと思います。

まずは、次の音合わせまでに、私はメロディーをちゃんと覚えるのと、間奏とエンディングのリードを覚えること、それからできればイントロもリードをいれたいな~なんて思っています。

そんな感じで、makiさんとの初音合わせはとても楽しかったです。
これで明日から更に練習に熱が入りそうで~す。(^^)/・・ワクワク

2010.06.25 最終電車
に乗って、これから帰宅します。
今日は付き合いで、こんな時間になってしまいました。
明日は朝から仕事で、夕方にはレッスンです。
ハードな一日になりそうです。(^_^;)

あ〜あ、早く電車、出発しないかな〜。


ようやく帰宅。
久しぶりに最終電車に乗ったけど、以前よりは、すいていたな〜。
…って、そんなことはどうでもいいので、早く寝よっと。
先日、いつも拝見しているある方のブログで「Rainy Days And Mondays」という曲名を見て、ふと昔のことを思い出してしまいました。

私が本格的に洋楽を聴いたのは、中学1年生の時です。
今から何年前だったかな・・・・(^^;)
当時は、インターネットなどなく、ラジオの音楽番組から流れてくるいろいろな曲を聴いて、「あ~っこの曲良いな~」と色々な曲に感動したものでした。

そうそう、それで私が初めて聞き始めた洋楽の曲はCarpentersの「Yesterday Oncemore」でした。
この曲の歌詞ではありませんが、ラジオから流れてくるこの曲に聴き入ったものでした。
そして、直ぐに街のレコード屋さんに小遣いを持って駆け込みアルバムを買いました。
ところが、その初めて買ったアルバムのタイトルが思い出せません。(^^;)
当然、「Yesterday Oncemore」、「Sing」、「Superstar」、「Rainy Days And Mondays 」、「Top Of The World」等有名どころの曲は網羅されていました。
確か、そのアルバムを買った後に「 I Won't Last A Day Without You(愛は夢の中へ)」のシングルを買った記憶があります。
まあ、それはそれとして・・・

ところで、Carpentersの曲の中に「A song for you」と言う曲があります。
一時期、この曲にはまりました。
とても良い曲ですよね。



この曲のオリジナルはLeon Russellというレゲーぽいおじさんの曲です。
その曲をカレンが歌っていました。
オリジナルも中々渋くて良いのですが、やっぱりカレンのあの歌声が一番だと思っています。
本当に、彼女が他界したニュースを聞いたときは目の前が真っ暗になるくらいショックでした。
今、彼女のようなアーティストは探すのは難しいでしょうね。

この曲は、彼女の歌が一番ですが、2番がRay Charlesでしょうね。
彼のアレンジはオリジナルに近いもので、カレンとはまたひと味違った歌を歌います。
彼は目が不自由だったのですが、素晴らしいアーティストだったと思います。
私も彼みたいな歌が歌えたらいいな~と思っています。



「A song for you」~貴方のための歌・・・貴方のために歌う歌・・・・
私は、いったい誰のために歌っているのかな~



さて、前回に引き続き、只今練習している曲Part2です。
この曲は、前回ギターが上手くいかなくて、ワンコーラスのみでアップした曲です。
実は、8月のライブの曲にしました。
だけど、この曲、やっぱりギターも歌も難しいです。
こんな感じで、上手くいくかな~(^^;)

この曲の練習の時は、この日の練習の最後で、1時間以上歌っていたのでだいぶん声がかすれかかって声が出なくなってしまっていますが、なんとか最後にフルコーラス歌ってみました。
まだまだ練習不足な曲です。



これはあくまでも練習風景なので、正式には、この曲はライブの動画を完成形としてアップしたいと思っています。
昨日の弾き語りの後に、ビデオを切らないでそのまま練習していました。
編集の時に、その時の動画を見たら、おっ、これはブログに使えるな~と思い、ちょっとだけ編集してアップしてみました。

この曲は、8月のライブでギターサポートで演奏する曲で、今練習中の曲です。
ちょっとギターのリズムと歌のリズムを合わせるのに苦労しています。
まだ、メロディーも覚えていませんが、今のところは、なんとなくこんな感じなのかな~と思っているのです・・・。

[広告] VPS


自分の曲もあるし、そろそろ気合いを入れて練習しなければ間に合わないかな~(^^;)

ところで、これって結構おもしろいというか、参考になりますね。
この日のビデオは、もう少し続きがあるので、そっちも編集してみようかな~(^_^)v
今日は、エレキのみのレッスン日でした。
今日も、アドリブソロを弾くレッスンでした。
ここのとろこ、ずっとこのレッスンでしたが、今日は、途中から久しぶりにテクニカルのレッスンになり、最終的にはスイープピッキングまで行きました。
このピッキングテクニックは、早弾きするためのものなのですが、私にはちょっとハイレベル過ぎるような気がします。
まあ、それでも、少しずつ練習すればできるとは思いますが・・・(^^;)
来週は、レッスンがないので2週間たっぷり練習しようとおもいます。



さて、今日もyoutubeを見ていたら、久しぶりに「Hallelujah」を見つけました。
私はJeff Buckleyバージョンが好きなのですが、プロからアマチュアの人まで本当に色々な人がカバーしていますよね。

実は、私も3年くらい前にワンコーラスだけ録音したことがありました。
確か、旧ブログの記事に貼り付けたような・・・・
ありました。
http://wish-musican.seesaa.net/article/43181713.html

記事の中のhttp://wish-musican.up.seesaa.net/image/Hallelujah1.mp3をクリックしたら聞けます。
これは、私のバージョンですが、今聞くとなんか歌い方がいやらしい~、そして苦しそうに歌ってますね。(^^;)

これを聞くと何となく歌ってみたくなるのが今の私です。
当時のアレンジが、思い出せないので、軽~いタッチで同じくワンコーラスだけ弾き語ってみました。
そして、勢いでちょっとしたオマケの曲まで・・・あくまでもオマケなので途中で終わりです。(^^;)


歌ってみて気づきましたが、この曲、結構歌うの難しいですね~。
だから、3年前もワンコーラスしか歌っていなかったんですね。(^^;;)

最後に今日見たyuotubeの中でのベストチョイスです。



多分アマチュアの方だと思いますが・・・・
発音が、ちょっと違うな~と思ってプロフィールを見たらフランスの方でした。

なぜ、この人がベストチョイスかって・・・それは、あくまでも私の主観ですがギターも歌も上手いんです。
それに、カメラ目線がたまらないんです。
一発でやられてしまいました。(*^_^*)タイプです。
久しぶりに、心がときめく女性に出会いました。

なので、速攻でこの人のページを登録してしまいました。

ギターで弾き語りする女性ってかっこいいですよね~
2010.06.16 反省
先日のライブの動画を何度か視聴して、今後のライブに生かすために、いくつかの反省点をあげてみました。

まず、ギターのチューニングか甘かったです。
なぜか微妙に2人のギターのチューニングがあっていませんでした。
それぞれ、チューナーでチューニングしていたのですが、なぜなんでしょうね。
不思議です。
最終的には、2人のギターを鳴らしながら合わせた方が良いかもしれません。
2人でやっているときにチューニングが合っていなかったら、不協和音が鳴ってしまいますから、ちょっとですよね。(^^;)

2つめは、私のリードギターのタッチが弱かったです。。
これは、普段エレキギターを弾いているせいもあるのですが、前回も気づいていたことだったので、同じ失敗を2度繰り返してしまいました。
次回は、しっかりと音を出したい思います。

3つめは、私のコーラスですが、自分のラインを出すのに精一杯で、特に、「ささやかなこの人生」ではところどころメロディーよりも大きくなってしまいました。
もっとメロディーを聴いてコーラスをメロディーに調和させなければ、せっかくのコーラスが台無しになってしまいますよね。

4つめ、これは私しか分からないことなのですが、譜面がマイクスタンドのアームの陰になり、ちゃんと見なかったのに、調整せずにそのままで演奏してしまったことです。
時々、譜面が陰になって見えないときがあり、いい加減なコードを弾いてしまいました。暗譜すれ~
それから、歌でも、普段からフラットしたりシャープしたりするところを気をつけるように印を付けていたのですが、それも見えませんでした。
本当にアホみたいですね・・・いや、アホです。orz

まあ、ざっとこんなところですね。
えっ?、私の歌ですか・・・忘れてください。(^^;)
次回のライブでは失敗しないように気をつけたいと思います。


さて、反省ではありませんが、今後の取り組み課題として

歌では、今回のライブでまたまたピッチを安定させることができなっかことから、昨日から新たな試みとして、音階の発声練習をしています。
まずは、苦手な低いところを克服するためC3~C4までのロングトーンを発声して、ブレストとピッチの安定させるのと共鳴ポイントを探っています。
とりあえずは、単音でやり、慣れてきたところで、今度は同じロングトーンで2、3、4、5、6度と上下させてみたりしてみようと思っています。
とりあえずは、中低音でしっかりとしたピッチとブレスを身につけたいと思います。

昨日からやってみて気づいたのは、息漏れです。
低いところではかなり無駄な息を吐いているので、今日は意識して息の量を抑える練習をしました。
これができないと、中低音のメロディーでワンフレーズを歌いきれず、息が苦しくてフレーズの終わりが尻つぼみになってしまいます。
省エネブレスも当面の課題としたいと思います。


ギターでは、ハイフレットを多用する曲では左の握力が弱くなって、コードが甘くなってしまうことです。
最近、ずっとエレキギターばかり弾いていたせいもあって、コードを押さえる持久力が落ちてしまったみたいです。
それで、これも昨日から、昔使っていた握力をつけるグリップを左手で使って鍛えています。・・・いつまで続くかな~(^^;)

まだまだ、改善の余地はたくさんあるので、少しずつ取り組んで次回のライブでは、ほんの半歩でもいいから前進したいと思っています。




2010.06.14 ライブ終了!
昨日、歌酔倶楽部「ありがとう」で、2月以来4ヶ月ぶりにsuger.nさんとライブをやってきました。
今回も、前回に引き続き、オール「風」のプログラムを組みました。
前回で、ほとんど出尽くしたと思いましたが、まだまだ良い曲がたくさんありました。
とて、結果は、後ほど動画をアップしますので、そちらを見てください。(^^;)


昨日は、朝一でギターの弦を張り替え、自己練習をしました。
ところが、声が出ない~(>_<)
前日に少し声を出しすぎたせいもあってか、Eも出ません。
やば~い、ちょっとパニックです。(^^;)

とにかく、少しずつ発声練習をしてストレッチしますが、なかなかでない・・・・どうしよう。

まあ、ここで時間を使っても仕方ないので、最後の音合わせのために家を出発します。
途中車を運転しながら引き続き発声練習を続けました。

suger.nさんのところについて、最初に合わせたのが、今回急遽入れることになった「君と歩いた青春」です。
まず、どっちが歌うのか、アレンジはどうするのかを決めました。

歌は、suger.nさんにお任せして、私はイントロのリードを担当、ところが、風のアレンジだと間奏やエンディングのリードはちょいとインスタントにはできる代物ではないので、間奏は太田裕美バージョンに切り替え、suger.nさんが担当、それから、途中のワンフレーズのコーラスを私が担当することになりました。

ところが、コーラスを担当すると言っても、いままで、私はコーラスをちゃんとやったことがないので、ここでもちょっと合わせるのに一苦労でした。
本番できるかな~と一抹の不安を抱えて、最後に1通り合わせて終了し、会場へと向かいます。


さあ、いよいよ本番です。
今回の試みとしては、いつも私がリードを担当しているのですが、今回は、私に変わってsuger.nさんがリードを担当しました。
リードをやりながら歌というのは大変なので、suger.nさんが歌う曲では私が担当しました。

それと、最近suger.nさんが、MartinのD-28を買ったこともあり、2人で同じD-28でやってみました。
ほかの参加する人からは、「お~っ!今日は2人でD-56だね」と言われました。(^_^)v

それから、私は今まで、あまりコーラスでハモるということはしませんでした・・・というかハモりは苦手だったのですが、今回は、少しがんばってコーラスにも挑戦することにしました。
前回も、「ささやかなこの人生」でなんちゃってで入れてみましたが、今回は、気合いをいれて入れてみました。


それでは、1曲目は「ささやかなこの人生です。」
2人でコンタクトをとり、よし!と弾き始めますが、いきなり「えっ?変な音が出ている」と私の手元を見てみると全然違うコードを押さえていました。(^^;)
とりあえず、やり直し~m(_ _)m





2曲目は「君と歩いた青春」です。
不安を残しながらもカウントをとっと、リードを弾き始めると、あっチューニングが狂っている・・・(^^;)
もう、後戻りはできません。
それをひきづりながら、最初のコーラスでしたが、最初の音がとれず、あわわわ・・・・大失敗(>_<)
ここで、気を取り直して、2回目のコーラス、引き攣りながらもなんとか合わせました。(^^;)




3曲目は「なんとなく」です。
私が、正やんの曲が苦手だからというわけではありませんが、2人でやるライブでは、初めて大久保君の曲をやりました。
ほのぼのとして好きな曲です。
ちょっとキーは高いのですが、なんとか私守備範囲なのでやってみました。




4曲目は「あの唄はもう唄わないのですか」です。
リードは私が担当です。
最後のサビで、1フレーズ私がコーラスを入れいます。
う~ん、今聞いてみると、もう3度下でも良かったみたいですね。(^^;)
どうしても高い方が出やすいので、ついつい・・・




5曲目は「地平線の見える街」です。
この曲は、男の友情というか、そんな感じのいい詞です。
最初のイントロから何度が出てくる6弦のチョーキングで指が上手くかからず、結局、ちゃんとできたのは、最後のフレーズだけでした。(^^;)
それから、この曲はハイフレットを多用するので、途中で左手が攣りそうになりました。
修行が足りませんね。
それと、昨日の音合わせで、suger.nさんから歌が歌いづらくなるので、途中で入る♪う~う~♪というフレーズをやってくれないか言われで急遽私が担当することになり、なんとかフィーリングで、こんなものかな~とてみました。
聞いてみると、できればもう一人いてハモるともっと良かったかもしれませんね。




ラストは「お前だけが」です。
いよいよ最後の曲です。
この曲は、詞が・・・(*^_^*)となるくらい、くすぐったい詞となっています。
正やんの曲は、どちらかというと男と女が別れる詞が多いのですが、こんな照れくさいラヴソングも書けるんですね。
この曲は、私にとっては難関でしたが、歌いたかった曲です。

特に、低いところの音程が定まらないため、全体的にフラフラした歌になってしまいます。
本番でも、モニターから出てくる自分の声に聞き慣れていないため、合わせるのに必死でした。(^^;)

サビの部分でGとG#が出てきます。
朝にはどうなることかと焦ってしまいましたが、本番では、なんとか出すことができました。(^_^)v

正やんは、この部分をファルセットで歌っていますが、私はファルセットを上手く使うことができないので
ね地声で歌ってみました。
ちなみに、私の下手くそなファルセットは、上のコーラスで出した♪う~う~♪がそうです。

それから、以前この曲をG#が出ないので、ファルセットで弾き語りしたことがありますが、こんな感じでした。
http://zoome.jp/tomo0909/diary/13/

最初、練習しはじめの頃は、張り上げなければ出なかったのですが、少しずつ力を抜いて出せるようになり、本番でも苦しそうに見えますが、以外とそうでもありません。
最初が苦しかったので、なんとなく苦しそうに歌う癖が付いてしまったからでしょうかね。

最後のリピートの部分で、小さく歌うアレンジにして歌ったつもりですが、今聞くと全然小さくなっていませんね。
不思議です。(^^;)失敗かも・・・




ラストの曲が終わると、まだ少し時間があるとのことで、「あいつ」を歌い、私たちのライブが終了しました。

今回も、「ありがとう」のマスターの絶妙なミキシングに助けられ、なんとかやりとげることができました。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

ここでの2人のライブも3度目となり、私も下手くそながら、回を追うごとに少しずつですが慣れてきたみたいです。
ただ未だにマイクを使って歌う自分の声には慣れなくて四苦八苦していますが、これも経験を重ねて慣れるしかないですよね。
そもそも、レッスンの時も、マイクを使って歌うと自分の声がちゃんと聞こえないんだからどうしようもないです。(>_<)
少しカラオケでも行って、マイクを使って歌う自分の声に慣れなければダメですね。
そう言えば、もう何年もカラオケに行ってないな。


ライブに参加した皆さんの演奏が全て終わると、皆さんビールなどを片手にギターを持ち寄って、第2弾が始まります。
皆で楽しくギターを弾きながら歌いました。これがまた楽しかったですよ。
私も、ソロでなんかやってということになり、2曲ほど弾き語りをしたりして、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

suger.nさん、そしてライブに参加した皆さんお疲れ様でした。

また、いつもサポートしていただいていマスターそしてママさん、ありがとうございました。m(_ _)m

次回もよろしくお願いします。


さて、次は8月のライブですね。
がんばるぞ~(^^)/
8月のライブでギターサポートを頼まれ自分の曲とは別に、1曲、ギターを演奏する予定でした・・・あくまでも私の中での予定です。
ところが、それは私の勘違いで、実際は、2人でギターを弾きながら2人で歌うということでした。

まずは、先日、サポートしてあげる方とお会いして、音源と譜面をもらいました。
それから先週は、こんな風にハモりますという音源をいただき、そうか、私がギターを弾きながらハモるんだな~と完全に思っていました。(^^;)
この曲は、ギターは簡単なシャッフルリズムの曲なのですが、歌がそのシャッフルリズムの裏から入るので、ギターを弾きながらコーラスを入れるとなると少し慣れが必要かな~と思っていました。

今も思えば、最初にお会いしたときに・・・確かに・・・・歌はユニゾンで・・・・・と聞いたようなそんな気がします。
私は、最初から、ギターサポートだから、ギターだけという先入観があったので、上の空でした。
ごめんなさいm(_ _)m

さて、その曲ですが、音源をもらって初めて聴いた曲で、まだ、全然音がとれていませんが、ブルース調のかっこいい曲です。

ところで、一緒に歌う方は、すごく歌が上手い方なんですよね。
昨年、rosemaryさんのクリスマスライブで、
http://tomsakai.blog21.fc2.com/blog-entry-75.html
ソロを歌ったのを聞いて、お~っ!、この人上手くてかっこいいな~という印象が残っているんです。

なので、今からプレッシャーが・・・・と後ろ向きに考えても仕方ないので、自分のレベルアップを図る良い機会だと前向きに考えて、がんばってみようと思います。


さて、今日は、週一のレッスン日でした。
先週は、仕事でレッスンを休んだので、2週間ぶりのレッスンでした。

ボーカルでは、昨日ネットで仕入れた情報を試してみました。
それは、ブレスです。

歌うときは腹式呼吸をするわけですが、今までは、お腹含ませて呼吸するものだと思っていたのですが・・・正確には横隔膜で肺を押し上げて呼吸するんですけどね。
昨日ネットで、「背中に息を入れる」と書かれていました。
私は、は~っ、背中に息が入るわけないじゃん!と鼻であしらってしまいましたが、なんとなく気になりました。

ちょっと待てよ、腹式呼吸だって、実際にお腹に息を入れるわけではないよな~・・・・・
試してみようかなと、息を吸うときに、意識してお腹を押し下げてみると、ちょうど背中の腰を上の辺りの筋肉が伸びて膨らむことに気づきました。
感覚としては、食べ過ぎてお腹がパンパンになったときに、息をするとベルトを内側から押し出すような感じです。(^^;)
おっ!これが背中に息を入れるってことか~。
さて、実際に、背中を膨らませることができましたが、これからどうしたら良いんだ。
背中を膨らませたんだから、今度はそのエネルギーを使って横隔膜を押し上げれば良いんだよな・・・・
ところが、膨らませた背中のエネルギーをコントロールするには、結構な腹筋と背筋を使うことになります。

さあ、これで歌がどんな風に変わるんでしょうね。

今日は、最初のブレスの練習ではロングブレスでした。
ゆったりした曲に合わせて、最初の1拍で息を吸って、残り7拍で息を吐く練習です。
お~っ、これは早速試す機会ができたと、昨日の背中を膨らませて、腹筋と背筋を使ってコントロールしてみます。

練習の曲はかなりゆったりした曲で、今までだと最後の2拍くらいは息が続かないような感じですが、背中を膨らませた方法だと、びっくりするほど余裕で息が続きます。
これだったのか~と、自分でも感心してしまいました。

その後、発声練習でも、ロングトーンをやりましたが、楽勝でした。
それどころか、時々ブレスを失敗して背中を膨らませられなかったときは、最後の1小節が苦しくて息が続かないくらいでした。
いかに、この腹式呼吸の方法が重要かを知りました。

後は、この方法を実際の歌でもできるように練習を積み重ねるだけです。
息を安定すると言うことは、かなりフレーズを歌うのが楽になると言うことですよね。
今日も、練習曲で、完全にブレスを失敗して、上手く歌えないフレーズがあったので、練習あるのみです。

ところで、ブレスの方法を変えると、今度は胸から上の方の感覚が変わりました。
今まで、歌っていた曲で外さなかったところまで外れるようになりました。(>_<)
これも、練習して慣れるしかないですね。
これが一番の難敵になりそうです。

最後に、先生に、息を吐く時にどの程度腹筋と背筋を使うか聞いてみたところ、その人にもよりますが、だいたい6割程度だと説明してくれました。

当然、歌うときのシチュエーションにもよりますが、高いところを出すときは、最初のとっかかりとして腹筋と背筋を使って出した方が良いとのことでした。
もしかして、これが声を支えるという感覚なんでしょうかね。

レッスンを受け始めて、まもなく1年、まだ自分の声もコントロールできず、未知の部分も一杯です。



続いて、エレキギターです。
最近、ずっとアドリブソロのレッスンで、前回の課題では、フュージョン系の曲にアドリブソロを付ける課題が出ていました。
それで、今日も、レッスンに行く前に、念入りに、コードトーンを入れたフレーズを何パターンか、弾いて指に覚えさせました。
だけど、そんなときに限って、スルーされるんだよな~・・・・・

いやな予想は、結構当たるもので、予想通りスルーされてしまいました。
いきなり、さあ今日は、○○ページの○番の曲にアドリブを入れましょう・・・・、ひぇ~っ(>_<)

キーがDの曲だったので、最初は、Dのメジャースケール(ペンタではありません)だけで弾く指示です。
続いて、テンションノート(♭5th)を入れて弾く指示です。

だいたい、オケを聞きながら譜面の尺を見て、自分の指が動くまま弾きます。
そこで、先生から
「テンションノートは不安定な音だから、必ずその後に解決しなければならないだよ。」
とアドバイスがありました。
あまりにも、指が動くままに弾いてしまったために、テンションノートを弾いても解決してなかったんですね。(^^;)
確かに、テンションノートを弾いた後に、通常のメジャースケールに戻るとなんとなく、音を聞いていてもほっとしますね。
ただ、メジャースケールに戻す音も、だいたいは隣の音で、あまり離れた音にならないようにと説明されました。

後は、装飾音で、スケール外の音もありだということも、演奏しながら教えてもらいました。

エレキギターは、レッスンを受け始めてもう3年目に突入しますが、ここのところ、段々と高度になってきています。
特に、アドリブソロは、当たり前ですがテキストに手本がないので、本当に難しいですが、練習していて楽しいし、これこそがギターの醍醐味という感じがします。

それにしても、前にも書きましたが、アドリブでのフレーズか中々出てこないです。
イメージが貧困なんですね。
もっと、たくさんのソロフレーズを弾いて、少しずつ自分の中に取り込まなければならないと、最近痛感しています。


さあ、明日はいよいよ3ヶ月ぶりのライブです。
今から、ワクワクしています。
ところで、歌がブレスの方法を変えたので、上手くいくかどうか・・・・って、これって失敗したときの言い訳の前振りになってませんか・・・・(^^;)
まあ、いつもの通りですので。
精一杯、楽しんできま~す。(^^)/
明日の金曜日と週明けの月曜日の二日間は、前週末の休日出勤の代わりに休めることになりました。(^_^)v
とりあえず、明日はゆっくり過ごして体を休めます。

そして、いよいよ日曜日のライブに向けて最終調整のため、明日から練習にも力を入れたいな~と思っています。
それから、土曜日のレッスンに向けた練習もあるし・・・・
なんて言っていると、ゆっくりは休めないかな~(^^;)
まあ、ギターも歌も私にとっては、明日へのエネルギー源なので、たっぷり充電したいと思います。

そうそう、日曜日のライブは、急遽、1曲追加となりそうなのですが、全然練習していない曲なので、明日からの練習にも熱が入りそうです。
果たして上手くいくかどうか不安ですが、がんばりたいと思います。

さて、日曜日のライブが終われば、次は8月のライブに向けて練習をシフトしなければなりません。
こちらの方はまだまだ準備段階で、これからという感じです。
曲数は2曲やります。
曲は、今までのジャンルとは少し変わり、楽しみでもあり、不安でもあります。
1曲は、一人で弾き語りとなり、ギターはそう難しくはないのですが、いかに歌を上手くまとめるかが最重要課題です。(^^;)
もう1曲は、ギターのサポートです。
こちらは、いくらか気分的に軽くなりそう・・・・・かな?


というようなことで、明日から4日間は、ギター漬けの休日となりそうです。(^_^)/
2010.06.08 再確認
今日は、先日の仕事の打ち上げの飲み会でした。
なので、練習はお休みです。
その代わりに、ちょっと音楽理論をおさらいしてみました。

というのも、昨日、エレキギターの課題を弾いていて、まるっきり当たりを付けることができませんでした。

課題は、

DM7 DM7 GM7 GM7 F#m7 FM7 Em7 Em7

の8小節のアドリブソロをコードトーンを意識して弾くことでした。

レッスンの時に、このコードの時は、この音と教えてもらったのですが、頭の中のどこを探しても見つかりません。(^^;)

そこで、基本に立ち戻り、スケールからひもときました。

とりあえず、このキーはDですから、スケールは

D E F# G A B C# D

となります。

え~っなんでそうなるの~という方がいたら困りますので、とりあえず、スケールの原理を

普通のメジャースケール(長調です)は、
音と音の間隔が、

長 長 短 長 長 長 短

となります。

これは、音と音の間の幅というか、とりあえず、音と音の間の差です。

普通のハ長調(Cメジャー)に当てはめると

C-長-D-長-E-短-F-長-G-長-A-長-B-短-C

となります。

ここで、長と短のイメージが分からないという人は、ギターのフレットを思い浮かべてください。
長はその音から数えて2フレット目の音、短は次のフレットの音です。
階段でたとえるなら、長は1段飛ばした段、短は次の段です。

これをさっきのDメジャーに当てはめると

D E F# G A B C# D

となるわけです。

ちなみに、これがマイナースケールになると
長 短 長 長 短 長 長
となります。


さて、コードの話に移りますが、通常三和音と呼ばれている、3つの音によるコードは、
Cメジャーでたとえると、先ほどのCメジャーのスケールからCを基準とするコードは

C(ド)E(ミ)G(ソ)~Cメジャーコード

となります。

皆さんおなじみのコードですね。


ここで、勘のいい人は、なるほどそうか~と気づくと思いますが、Cメジャースケール

C D E F G A B C

から今のコードの3つの音を見るとCから1つずつおいた音を集めていることが分かりますよね。

これで当てはめると
D F A ~Dmコード
E G B ~Emコード
F A C ~Fコード
G B D ~Gコード
A C E ~Amコード
B D F ~Bm♭5コード
となり、全て、ハ長調(Cメジャー)の曲で使えるコードになります。

これに、4和音にすると
C E G B~CM7コード
D F A C~Dm7コード
E G B D~Em7コード
F A C E~FM7コード
G B D F~G7コード
A C E G~Am7コード
B D F A~Bm7♭5コード
となり、7thコードとなります。


ちょっと回り道をしてしまいましたが、最初のDメジャーのスケールに戻ります。
Dメジャーのスケールを上の7thのコードに当てはめると

D F# A C#~DM7
E G B D  ~Em7
F# A C# E~F#m7
G B D F# ~GM7
A C# E G ~A7
B D F# A ~Bm7
C# E G B ~C#m7♭5

となり、一番最初の8小節のコードDM7、GM7、F#m7、Em7を含むことが分かります。

イレギュラーになっているのは

FM7~F A C E

で、まあ、転調みたいな感じだと思ってください。

ここまで理解できれば、もう8割終わったも同然です。

次に、Dメジャーの曲のソロを弾くわけですから、普通はペンタトニックスケールを使いますよね。
そこで、Dメジャーのペンタトニックスケールはの音は
D E F# A B
となります。

次に、各小節ごとのコードを構成する音とペンタトニックスケールの音を比べてペンタトニックスケールに入っていない音を入れてやれば、コードを意識したソロとなります。


DM7~C#
GM7~G
F#m7~C#
FM7~F、C
Em7~G

がそうですね。

今まで、あまりコードトーンを意識していなかった人は、是非参考にしていただければ幸いです。

こうして、ようやく、前回レッスンで先生から教えてもらった音が判明しました。
よし、明日からがんばるぞ~。
今朝、目覚めた時は、さすがに体が言うことを聞かず、できれば仕事を休みたいな~という気持ちで一杯でしたが、そこは、なんとか気力を振り絞って仕事に出かけました。

今日の仕事を気力で乗り切り帰宅して、まずは楽しみにしていたギターを4日振りに弾きました。
ところが、なんとなく集中できず、ギターを弾いても、歌を歌っても調子は最悪です。
ただでさえ・・・・・

予想してはいましたが、ライブまで6日しかないので、調子が戻るかどうかが心配です。
おまけに、明日は、仕事の打ち上げで飲み会です。
ひえ~っ、本当に、間に合わないぞ~。(>_<)

まあ、こんな時は焦っても仕方ないので、無理をしないで早めに寝て、体力の回復を待つしかないですよね。
・・・分かっていても焦ってしまいます。(^^;)
とりあえず、早く調子が戻ることを天に祈るしかないですね。



金曜日から2泊3日の泊まり込みで仕事をしてきました。
時々ハードな仕事があるのですが、今回は久しぶりに疲れ切ってしまいました。

3日間、早朝から深夜までで、今日の夕方で終わりましたが、気を張り詰めていたため、終わったとたんにスッと力が抜けて抜け殻状態になってしまいました。

言うならば、身も心もヘロヘロです。(>_<)

そんな放心状態でも、今日の大事なイベントは忘れてはいませんでした。
私の通う音楽教室の発表会ライブです。
昨年、とても楽しい思いをさせてもらい、今年もと思っていましたが、仕事でやむなく不参加したライブです。
ステージに立てないのなら、せめて観客席側でと思い、疲れた老体に鞭を打って、職場からお泊まり荷物を持ったまま行ってきました。
とても、人にみせられる格好というか風貌ではなかったので、とにかくこっそり行って、終わったらさっと引き上げてこようと、とりあえず会場へ向かいました。

ところが、会場に着いて偶然にもボーカルの先生を発見、反射的に「がんばってください」と声をかけてしまいました。
・・・あっ、疲れ切ったヨレヨレの情けない私を、先生に見せてしまった・・(^^;)
もしかしたら、いつもの変わらないかもしれないので、まあ、いいっか・・・

さてステージは、時間的には、第2部が始まって間もなくといったタイミングで、生徒6組の演奏と講師演奏を見ることが出ました。

今年は、参加する生徒が少ないのか、小グループのバンドが多かったですね。
ただ、基本はギター、ベース、ドラム、ボーカルがあればいい話で、あのクラプトンのクリームも3人ですばらしいパフォーマンスを披露しているので、問題はありませんね。

演奏内容はともかく、参加している皆さんそれぞれ一生懸命プレイしていのが、ひしひしと伝わってきました。

昨年参加した経験からお話しをさせてもらえば、バンドメンバーはインスタントで組まれ、初めて顔を合わせたメンバーと4~5回の音合わせ、リハで本番という過酷な?条件でステージに立つことを考えれば、皆さんのレベルはとても高いと思っています。
なにより、参加されている皆さんが楽しんでいるというのが、とても素晴らしいことだと思います。

皆さんの演奏を見ていると、私の場合どうしてもギターに目がいくのですが、この3日間ギターを弾いていなかったこともあり、突然、「ギター弾きて~」という、とてつもない欲望が・・・・・・
まあ、今日は帰ってきても、そんな余裕というか、時間も体力も残っていないので、また明日から、その気持ちをギターにぶつけたいと思っています。

さて、生徒の演奏が終わると、講師演奏です。
演奏レベルは当然高く、楽しみの一つでもあります。
そして、今回は、私の先生がボーカルをつとめていることもあり、楽しみにしていました。
曲は2曲、東京事変の「この世の限り」とオリジナルはMarvin GayeとTammi Terrellの「Ain't no Mountain High Enough」です。
2曲とも、ほかのボーカルの先生と2人での熱唱です。
息もぴったりでした。
東京事変の曲では、個性的な椎名林檎の曲をどう歌うのか興味津々でしたが、なんなく歌ってしまう先生に、さすがの一言。

「Ain't no Mountain High Enough」は、テンポの良いかっこいい曲です。
この曲も、迫力ある歌で会場を盛り上げていました。

皆さん、お疲れ様でした。

ところで、実は私のギター先生も講師演奏に出ていて、演奏が終わってから司会の方にインタービューを受けました。
そのなかで、司会の方が「どうしたら長くギターを続けられるんですか?」と質問され、「ギターを好きになることだと思います。」の答えに、妙に納得して首を縦に振ってしまいました。(^^;)

今年は、観客席からの参加でしたが、来年は昨年みたいにステージで楽しめたらいいな~と思いながら、余韻に浸るまもなく、速攻で会場をあとにして地下鉄駅へ向かい、JRに乗り継いで帰宅しました。

さて、明日からまた普通に仕事が始まります。
・・・・なんて考えたら、疲れた体に追い打ちのようなものですね。
さあ、さっさと寝よう~と。
う~ん、3日振りのマイベットも恋しかったです。
今夜はぐっすり寝れそうです。
お休みなさい(^_^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。