上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、レッスンに向かう途中、猛吹雪で視界が10mくらいになりました。
一冬に何度もない猛吹雪が、この時期に来るなんて・・・・(-_-)
冷や汗をかきながらの運転でした。

さて、今週は、体調が悪くてどうなることかと思いました。
そろそろ、体にも気を遣わなければならない年齢となりました。(>_<)
そんな状態でのレッスンは気が重かったです。

ボーカルでは、とにかく声が出ません。
喉が詰まったような感じになり、無理に声を出そうとすると、喉が痛くなり声がかすれて・・×

それでなくても下手なのに、困ったものです。

そんなところで、今日の課題としては、

○ ファルセットから地声に変わるところをスムーズにする。
○ 発音する時に口の形をしっかりと作る。

です。

特に、オの発音の時の口の形がダメみたいです。
自分でもわかっていたのですが、自分の歌い方では、この形で発音すると変な声になってしまいます。
多分、この形を作る時に変な力が入っているのだと思います。

今週は、これが一番の課題ですね。
ただ先生からは、くれぐれも練習しすぎて口が筋肉痛にならないようにと釘を刺されました。(^_^;)

そういえば、最近低いところの声の出し方を変えてみました。
今までよりは出やすくなったのですが、歌っていると喉がかすれてきて、なんとなく喉に負担をかけているような気がしています。
少し改良の必要がありそうですね。


さて、ギターのレッスンはテクニカルを中心に練習しました。
ペンタトニックスケールの3連、4連弾きから始まり、m7thコードのアルペジオをやりました。
このm7thコードの時に、指が動かず、見かねた先生が、「いつも同じテクニカルばかりやると、指がその動きしかできなくなるので、毎日違う動きのテクニカルをやった方が良いです。」とアドバイスをくれました。

そういえば、私はギターを弾く時は、毎回、最初の10~15分くらい、ウォームアップを兼ねてテクニカルをやっていますが、いつも人差し指→小指、小指→人差し指の順番で弾いていました。
それで、いつの間にか順番に動かす癖がついてしまったみたいです。
明日から毎日違う動きのテクニカルを練習することにしました。

・・・・こんなことを書いていると、またギターが弾きたくなってきました。
そういえば、少年の頃、暇さえあればギターを弾いていて、試験勉強の前は「禁ギター」と決めていたくらいでした。
いくつになっても、ギターを弾いている時は少年の気持ちになれるんですね。
ただ、体は着いていきませんけどね。(^_^;)


ところで、最近、ギターも歌も、壁に当たっています。
練習しても、なかなか自分の思うように指が動かなかったり、歌えなかったりします。

まあ、趣味でやっているので、思い悩むことはありませんが・・・・・
できれば、ライブなんかで上手くやりたいな~と思う今日この頃です。
スポンサーサイト
2010.03.26 復活
昨日の肩痛ですが、昨夜、肩に消炎剤を塗って練習を1日休んだところ、今朝は肩が軽くなっていました。
なんとなく、快調な1日でした。

ただ、ここで調子に乗ってギターを弾きすぎると、また戻ってしまうので、今日は軽~く1時間で止めました。
その後、歌の練習をして、今日の練習は終了です。

明日は、ギター&ボーカルのレッスン日なので、今日も、消炎剤を塗って、早めに寝ることにします。
それにしても、いくら消炎剤を塗ったからといって、一晩で回復に向かうなんて、まだまだ体の自然治癒力は衰えていないということですね。
とりあえば、今のところは一安心です。(^_^)v
今朝から、猛烈に肩が痛くなっています。(>_<)
おそらく、ギターの弾きすぎだと思います。
3連休は、もちろんギターを弾きまくり、特に月曜日の振替休日の日は、6時間くらい弾いていました。(^_^;)

火曜日あたりから、違和感を感じ、今朝起きると肩と首が痛くて動きませんでした。
仕事中にずっと肩をぐるぐる回して、ようやく少し動くようになりましたが・・・

最近、思うように上手くピッキングや、運指ができなくて、ついつい練習に熱中していたら、この状態です。
そういえば昨年も今頃、発表会の練習でギター弾きすぎて同じような症状になりました。
全く学習能力がない、ギター親父ですね。

ということで、今日は久しぶりに練習を休みました。
たまには良いかも・・・・(^_^;)
2010.03.21 練習曲
最近、色々な曲を練習していますが、そのうちの1曲です。
この曲は、レッスンでも課題曲にしている曲で、とりあえず中間で今後の練習の参考にと録画してみました。

今までは、オケを作って練習いていましたが、最終的にはギターで弾き語れるようになるのが目標なので、最近はギターを弾きながら歌っています。
この曲は、歌のレンジが広くて、高いところにキーを合わせると低いところの声を出すのがかなり苦しいです。
先生からは、もっと子音を出して歌えば楽になるとアドバイスをもらい、ちょっと改善されましたが、まだまだです。



こうして、自分の歌を録画して聞いてみると、先生がいつも「もっとリズムを感じて。」っと言われる意味がわかります。(^_^;)
それと、所々に癖が出てます。
今後の練習の課題が見えました。
2010.03.20 ピッキング
とは言っても、あちらの方のことではありません。
ギターのピッキングです。

最近、ギターを弾いていて、ピッキングが上手くいきません。
なぜでしょうね。(-_-)

毎日弾いているのに、ギターを弾くこと自体が、感覚では全然上手くなりません。
不思議ですね。
やっぱり、年をとると何をやってもダメなのでしょうかね~。

さて今日は、エレキギターのレッスンでした。
今日も、アドリブを弾くための練習で、主に、ペンタトニックのバリエーションを教えてもらいました。
基本時に、ペンタトニックスケールは1弦につき2音しかないので、リズムに変化を付けたり、弦を移動したりしなければならないそうです。
なのでリズム練習や、弦飛びや早い移動などの練習が必要だといわれました。

しかしね~、なかなか指が動かないんですよね。
昔は、弦を見ないでも感覚で弦の位置がわかったのに、最近はよく関係のない弦を引っかけます。
まあ、ぼやいても上手くならないので、とにかく時間をかけて練習するしかないのでね。

ところで、今日、いつも行っている楽器屋さんでネックの調整をしてもらいました。
そこで、店員さんから「フレットがかなり減ってますね~」といわれました。
えっ?、このギターは昨年買い換えたギターなのに・・・なぜでしょう。
最初から減っていたのか~。(-_-#)
いや、待て待て、そういえば、このギターを買ってから、10ヶ月間、ほぼ毎日1~2時間弾いていました。
店員さんに話をすると、「それは減って当たり前ですね。」と言われました。

それにしても、そこまで弾いているのに、なぜ上手くならない・・・・・・・
あっ!また最初に戻っちゃいましたね。(^_^;)
最近、ギターでペンタトニックスケールを中心にアドリブの練習をしていて、自分でメロディーを作るのも良いのですが、自分で気に入ったメロディーを取り入れてはどうかと、ふと思いました。
私の好きなギターリストは、クラプトンで、彼のフレーズはとても心にしみる良いものばかりです。
そのなかでも、「OLD LOVE」は最高にお気に入りです。



泣きのギターとでも言いましょうか。
あと、泣きのギターと言えば、私的にはこの曲です。



Gary Moore のStill Got The Bluse です。
この人のギターも痺れますね。(^_^;)

いつか、こんな風に人の心に響くギターを弾いてみたいものです。
今日は、就活中の息子が、東京へ会社説明会へ行きました。
それで、朝、空港まで送り、レッスンが終わってから今度は空港まで迎えに行き、今帰宅しました。
ふ~っ、帰りは、路面が凍結してしたので、運転に少し気をつかい、疲れました。


今日は、レッスン日です。
今日は、ギターが休みでボーカルだけです。
ここのところ調子が悪くて、どうしようもなかったのです。
何が調子悪いのかというのがわからず、途方に暮れていたのですが、今週に入り、ふっと気づいたのが、声の響きでした。
先週のライブの時に、自分の声を聞いて、何か違うな~と思い、今週の練習で少しずつ探ってみたところ、いつの間にか、声の響きを忘れていたんです。(^_^;)
まだ、そんなに響かせることは出来ないのですが、出来るのと出来ないのとでは、全然声が変わってきます。

今週の練習では、その修正をしていました。

さて、レッスンでは、自分の声の響きを確認しながら、声を出していましたかが、発音練習の時に、先生から「まだ声が前に出ていないです。」と言われました。
そう、この発音練習の時は、さすがに口を動かすのに精一杯で、そこまで余裕がありませんでした。
ただ、修正は可能なので、練習の時に意識して見ようと思います。

そのほかに今日のアドバイスとしては、

 ○ メロディーにフレーズを乗せる
 ○ メロディーに合わせて音色を変える

だったと思います。
何かというと、歌の表現の部分で、いかに歌で人に話しかけるか、うったえるかが大事だと言うことです。

確かに、ギターでフレーズを弾いている時、ロメディーの中で、ここはこんな感じで音を出したいということで、ギターの音色を変えて表現しますが、歌も同じだそうです。
歌は言葉があるだけに、一見簡単そうに感じますが、実際には、表現するためには、声を出す色々なテクニックを身につける必要があり、声を出すだけで精一杯の私にはまだまだ難しいですが、これも意識してがんばりたいと思います。


練習曲では、ギターを弾きながら歌ってみました。
そういえば、先生の前でギターを弾いて歌うのは初めてでした。

元々ギター弾きの私は、やっぱりギターがないと調子がでません。
といいながら、弾きながら歌って、先生にだめ出しされたらどうしようかと心配していました。

途中、コードを間違ったり、ピックを落としましたが(^_^;)、先生からは、細かな課題はありますが、この曲は、このスタイルでやりましょうとOKをいただきました。
一安心です。(^_^)v
なんとか、ギター弾きの面目は保てました。

まあ、そんなことで、次から次へと課題が出てきますが、その課題をエネルギーにして一つ一つクリアして、前に進みたいと思います。

昨日やったライブのビデオを今日編集しましたが、聞いてみると、かなり歌がギターに負けていました。
昨日は、PAの必要がないところだったので、ギターのストロークで鳴らす曲は、薄いピックで控えめに弾いていたのに、その音に声が負けていました。

もともと、地声は大きい方ですが、大きな声を出すと、音程が外れやすくなるので、その辺のバランスを考えながら声を出してみたら、あららら・・・・でした。
声を張り上げると喉にムリがかかるので、もっと楽に声がでるように声を響かせることが出来なければ、ここでは厳しいですね。

さて、今回のライブのビデオは、ギターがあまりにもひどかったので、途中、中抜けしました。
ほとんど前回と同じ曲なので、最初の2曲と、今回追加して演奏した曲3曲をアップしました。

まず、オープニングと2曲目は前回と同じです。

そう、「でいどりーむ」の2コーラスの最後の部分、ファルセットを失敗して地声で歌ってしまいました。
かなり、ムリして出してしまったみたいです。(^_^;)



2曲目は、「あいつ」です。
前回よりは、声のうわずりが無くなりました。(^_^;;)



3曲目は、「赤ちょうちん」です。
suger.nさんのボトルネック演奏があまり聞こえないのが残念です。



4曲目は、「あの唄はもう唄わないのですか」です。(公開に時間がかかってます。)
間奏のリードの入りを間違えてしまい、とっさになんちゃってアドリブでしのぎました。(^_^;)



最後は、「ささやかなこの人生」です。(公開に時間がかかってます。)
本番前の音合わせで、私がコーラスを入れることになりましたが、普段コーラスなんて入れることがないので、はっきり言って下手くそです。(-_-)



2010.03.07 練習不足
今日のライブです。
ギターが全然ダメでした。(>_<)

いつもは、指版上にスケールが見えるのですが、今日は全然見えませんでした。
もろに、練習不足がたたりました。

とは言っても、アコギを弾く時間は土・日くらいしか取れないので、なかなか練習する時間がないのですが、前回、今回とやった曲はレパートリーとして弾けるように、頻繁に練習するようにします。

歌の方は、ビデオを今チェックしていますが、最初の2曲まで聞いたところでは、この前よりは声のうわずりは無いのでまずまずかなと思っています。

ところで、オープニングは、前回と同じ、でぃどりーむをやりましたが、さびの最後をファルセットで歌うのですが、2コーラス目の時に、地声からファルセットへの切り替えを失敗して、地声で歌ってしまいました。
さすがに、Bは出ていませんが、Aが無理矢理でしたが出てました。
だけど、もう二度と出ません。(^_^;)
どうやって出したのかな~。

今回のビデオはちょっと全部はお見せできないくらいギターがダメだったので、厳選して明日あたりにアップしたいと思います。

今日、聴きに来てくださった皆さん、ごめんなさい。m(_ _)m
次回、聞いていただく機会があったら、今日よりは良いギターを聞かせたいと思います。


2010.03.06 明日はライブ
前回と同じように、suger.nさんと2人で、suger.nさんの地元でやります。
っと言っても、そこは、私の生まれ故郷です。(^_^;)
今回は、スケジュールの都合上、音合わせは明日の本番前1回だけです。
前回と同じ曲を中心にやるのであまり不安はありませんが、それより、調子が上がらない方が心配です。
せっかく聴きに来てくれる人がいるので、上手くできればいけばいいのですが・・・


さて、今日は、レッスン日でした。
今日は、ボーカルとギター両方です。

ボーカルでは、低い声を出す時に息が漏れていると指摘されました。
そういえば、低い声ではあまり長く出せないことに気づきました。
声を出す時に、響かせると効率よく息を使えるのですが、低い声の響かせるところが今のところわからないので、無駄な息を使っているようですね。
練習曲では、子音を使ってビートを表現するようにアドバイスをもらいました。
最近、ピッチを保つために出来るだけ母音を意識して出すようにしていたのですが、ちょっと方向転換です。
まあ、一つに固執しないで、色々と試してみようと思います。


ギターは、今日もいきなり、先生が「私が伴奏に合わせて簡単なフレーズを弾くので、私が弾いた後に続いて、コピーして弾いてください。」・・・・えっ!今日もまたハードなレッスンだ~。
先生はペンタトニックスケールを使ってフレーズを弾きはじめ、最初は簡単なリズムでしたが、そのうち裏拍から始まるフレーズなど、少しトリッキーなフレーズになり、当然あらららら・・・になってしまいました。(^_^;)
それでも、色々とペンタトニックスケールを使ったフレーズの作り方を教えてもらい、更におもしろさが増してきました。

さて、明日はどんなライブになるのかな~。
楽しみな日曜日です。(^_^)v
2010.03.04 今週は不調
今週は、日曜日が休日出勤となり、おまけに明けて月曜日の朝3時ころトイレに行くのに目が覚め、そのまま寝られなくて・・・(-_-)
体調不良のまま週後半を迎えています。

体調が不良だと何をやってもダメなのが、ほぼ50才の体です。
ギターを弾いても、歌っても全然調子がでません。
次の日曜日にはライブがあるというのに・・・困ったな~(>_<)

今日あたりから、ようやく戻り始めましたが・・・(^_^;)


さて、最近、ギターを弾いていて気になるのが、ミュートです。
やたら、不要な開放弦やチョーキングの時に引っかかる弦の音が気になります。
そこのところは、一旦ゆっくりと指の動きを確認しながら、フレーズを弾いてみて、上手くミュートができたら、少しずつ速度を上げていくというやり方をしています。

それと同じく、歌もそうですね。
音程が狂っている時は、ギターで音を確認しながら、ゆっくりとフレーズを確認して、何度も感覚に覚えさせます。
そして、少しずつ速度を戻していきます。

そういえば、ギターの先生が、ゆっくり弾けないものは絶対早くは弾けないって言ってました。
なるほど、考えてみれば当たり前のことですね。
調子が悪いと、なんとなく調子に流されてしまいそうですが、そんな時こそ、急がず、慌てず、ゆっくりと自分の演奏や歌を見直してみる、良い機会かもしれませんね。

そんな感じで、あと3日ですが、悪い時は、悪いなりに調整してみたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。