上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.28 歌い出し
今日の朝も、暑くて目が覚めました。
今年は、もう遠慮なくエアコンを使っています。
というか、もうエアコンがなければ、北海道人の私にはこの夏は越すことが出来ません。(>_<)

今日は、体力作りを兼ねて自転車で出かけました。
歩くよりも、運動量が多いので効率的に鍛えられます。
・・・が、暑いです。
日差しも強くてね~。
少し大きめのハットをかぶり日焼け対策をしていざ外出します。

ライブまであと1週間と言うこともあり、午後からスタジオを予約しました。
それで、近くに自転車の駐輪場を確認しに一旦、スタジオの付近を回りました。
おっ、けっこう近くに良い駐輪場を発見しました。(^_^)v

それでは、安心してランチへ行きます。
今日のランチは、平日の行列が出来るお店という口コミを見て、土曜日なら大丈夫だろうと行ってきました。
予想通り、行列はなくすんなり入れました。
今日のお店は市ヶ谷にある「らいむらいと」と言うお店です。

ライムライト2

注文は、チーズハンバーグランチです。

ライムライト

ここのハンバーグはソースが独特ですね。
私的には、苦手なガーリックが少しきつかったですが、なかなかのお味でした。
ごちそうさまでした。

昼食後は、予約時間まで少し間があったので、自転車でブラブラと時間つぶしです。

さて、時間が近くなったので、スタジオへ。
今日もピアノのある部屋を2時間予約しました。
たっぷり練習出来ます。


1週間前に来て悩んでいるのが、歌い出しです。
どの曲もそうなのですが、私、歌い出しがとても苦手なんです。
どうしようもないですよね。
とにかく難しくて。
今の先生には、歌の出だしで曲全体のイメージを表現するようにと言われています。
そんな・・・苦手な私には重荷です。

そして、未だにDesperadoの歌い出しは決まっていません。
あと1週間で決まるかな~。

今日の練習風景です。
歌い出しが決まらないので、途中からです。(^_^;)

[広告] VPS


ところで、この動画を見て気付いたのですが、右足で何かのタイミングをとっています。
何のタイミングなんでしょうね。
無意識なので私にも分かりません。(^_^;)


続いて、楓ですが、この曲はオリジナルより半音落としているのですが、それでもサビが少しだけきついです。
今日も、Desperadoを1時間ちょっと練習した後、本当はギターの弾き語りですが、ピアノで練習しました。
歌の練習にはピアノがとても便利なんですよね。
なので、けっこう歌の練習には、ピアノ使ってやっています。


楓もちょっとだけ

[広告] VPS


ねっ、サビがかなりきついでしょう。
声が出ません。
これでは、とても本番は無理かな~・・・なんて、実はDesperadoを1時間以上歌ったあとにこの曲を練習したので、高い声が出ていないだけです。
普通なら、もう少しまともに声が出ます。


少し悩みながら、帰宅して、今度はギターの練習です。
そして今日は、隅田川花火大会・・・て関係ありませんが・・・・(^_^;)
ギターを弾きながら、花火を見ていました。

花火

ちなみに、私の部屋のベランダからの景色です。
右にはスカイツリーが見えています。

おっと、集中して練習、練習っと・・・

さあ、明日は、帰省の準備を少しやらなければ・・・
スポンサーサイト
昨日の続きです。(^^;)

今日は、仕事のために、朝5時に起床しました。
仕事は夕方までで、日曜日なのにちょっと疲れています。
今日の振り替えは、金曜日の予定でしたが、急遽重要な仕事が入ったため、明日に変更です。

さて、昨日のボーカルレッスンで、何点か表現上のアドバイスを受けました。

一つは、言葉の表現です。
あるフレーズの言葉について「この言葉の意味を考えて表現しましょう。」と言われました。
なるほど、そう言われてみればこの言葉は曲の中だけではなく、深い意味のある言葉です。

二つ目は、最後のクライマックスの部分で、自分なりに考えて歌ってみたのですが、それはあまりにも自分本意の感情表現で、聞いている人の立場に立って見れば???となるとのことでした。

なるほど、私を含めアマチュアの場合、どちらかというと100%コピー、または自己表現・・・ある意味押しつけ・・・ようは自分勝手な部分が多くて、聞いている人のことはあまり考えていないことが多いのかな~と思います。

ところが、歌は聞いている人に対しては心地良さを与える必要があり、不必要なテンポの揺れや、ritで、人の気分を惑わしたり、息苦しくしたりしてはいけないことだということです。

昨日は、そのことをプロである先生に教えられました。

それは、歌だけではなく、私の場合ギターもそうだと思いました。

以前も「歌を表現する(人に聞いてもらう)のにプロもアマチュアもない」と言われ、その時は、プロとアマチュアが同じわけがない思いましたが、今は自分たちだけでやる場合はそれこそ好き勝手にやれば良いのだと思いますが、1人でも自分たちの演奏を聞いてくれる人がいれば、その人に対して心地よさを与えなければならないと思うようになりました。

ただ、それは、型にはまると言うことではなく、あくまでも自分の自由な気持ちを人に伝えるための手段としての最低限のルールだとも思っています。

この点については、先生は、テクニック的には、ここをこうやってという感じで教えてくれますが、表現の部分については昨日のレッスンのように「ここは、もっと自分なりに考えて・・・」とあくまでも私の自身で考えなさいと言ってくれます。
これは曲の表現に対して先生の形を押しつけるのではなく、私に裁量を与えてくれていることになり、それに対して自分が考えた解釈・表現を先生に聞いてもらい、また評価してもらうという、私にとっては、恵まれた環境を作ってもらっています。

結果的には、自分の表現をするためには、それなりのテクニックが必要となり練習するわけですから、それは押しつけられたものではなく、自ら必要にかられたものなので自分の血となり肉となります。

そんなことで、歌はギターの付録だと思っていた私が、ここ1年ちょっとのレッスンで、声や歌の変化だけではなく、歌うことに対する意識まで変化しています。

そんな、まだまだ成長途中の中途半端なtomoでした。(^^;)


話は、ちょっと飛躍しましたが、今日も昨日のレッスンでアドバイスされた点について、考えながら練習してみました。


さてエレキギターレッスンは・・・まだまだ長くなりそうなので、続きは、また明日書いてみようと思います。
2010.07.04 ヴィブラート
今日は、makiさんと8月ライブの音合わせをしてきました。

その前に、私だけでスタジオを借りて自己練習です。
まずは、自分の弾き語りの曲を練習します。
指がまだどのポジションで弾くのかを迷っていますが、これは、何度も練習を積み重ねて覚えさせるしかありませんね。

それと、課題だったPAを通した自分の声に慣れることですが、どうにも慣れませんでした。
普段聞こえる自分の声の周波数が聞こえません。
なんか物理の話をしているみたいですが、たとえばA(ラ)であれば440hzです。
これは、音叉でギターのチューニングをした経験のある人なら分かりますが、あの音叉の音が440hzなんです。
ところが人の声って、このAを発声しても2倍、4倍・・・、2分の1、4分の1と言った倍音が含まれています。
ギターの開放弦をミュートしないで鳴らすと、その音以外の色々な音が混じって聞こえますが、それは、元々の音に他の弦が共鳴して倍音を鳴らしているんです。
それと同じで、人間の声も発声するとその音以外の音も鳴ってきます。
不思議ですよね。やっぱり人間の声も楽器と同じなんですね。
それでおそらく私が普段聞いている声が、PAを通るときにある倍音がそぎ落とされて自分の声ではない他人の声に聞こえてしまうのだと思います。

もともとピッチが安定しなくて、何度も繰り返してピッチを合わせる練習をしてきて、最近ようやく安定しかかったところでしたが、次から次と壁が出てきますね。

そこで、今日は最初ゆっくりと自分の声を確認しながら発声しましたが、自分の出したい声が出ないという結果になってしまいました。
まあ、これも繰り返し練習して慣れればいいのかな~と思っています。

それから、本番ではピックアップを使うことになったので、それではとアルペジオはピックではなく指弾きでやることに決めました。
どちらかというと、指弾きの方が優しい音が出るのでこの曲には合っていると思います。


続いて、約束の時間となりmakiさんが来ました。
最初に教室からピックアップを借りてmakiさんのギターに装着します。
ところがmakiさんのギターはoooタイプみたいで、ホールが小さく取り付けにちょっと苦労しましたがなんとかピックアップの取り付けが終わり、音合わせをしてみます。

途中で、ギターの先生が見に来てくれて、間奏のリードのアドバイスをしてくれました。m(_ _)m
さすがに、的確なアドバイスでした。

私の分担は、全体のリズムギターと間奏とエンディングのリード、それから2コーラスめからのボーカルです。
それにしても、makiさんは、さすがに歌が上手いです。
なんか私が一緒に歌うなんて申し訳ないような気がします。

ところで、今日makiさんの歌を聴いていて気づいたのが、ヴィブラートです。
makiさんはきれいにヴィブラートをかけていました。
それで、ふっと思ったのが、私はヴィブラートのかけ方を知りません。(^^;)
なんとなく自然にかかることはあるのですが、意識してかけたことはありません。
どうやってかけるんでしょうね?
来週、先生に聞いてみよう~と。
まあ、そう簡単にはできないと思いますが、makiさんの歌を聴いていて、私もきれいなヴィブラートをかけたくなってきました。

今日の最後の合わせを録音して、帰宅してから聞いてみましたが、2コーラス目からは、makiさんがハモるのですが、私がまだこの曲のメロディーを覚えきっていないせいか、ところどころ音を探ってみたり、つられたりします。
まあ、これも慣れればOKなのかな~と思ってます。
ただ、ありま音合わせの回数がないので、後は音源を聞いて自己練習ですね。

ギターはまだまだサポート仕切れていない部分や、リードのミスタッチ、それとギターの先生からアドバイスをもらって修正したところなど、帰ってきてからも少しギターの練習をしました。

なんとか、後1ヶ月で自分の曲とこの曲と2曲がんばって練習したいと思います。
とにかく、2曲とも良い曲なので完成させたいです。

それにしても、昨日買ったストラップギターに付けてみるとまた一段と良いです。
本当にお気に入りになってしまいました。(^_^)v
とにかく、色々な人にこのストラップを見てもらいたいです。
来週のレッスンからは、D28を持ち込んで本番と同じスタイルでやろうと思っていますので、まずは先生にギターに取り付けたストラップを見て・・・いや歌を聞いてもらおうと思います。(^^;)
今日は、エレキのみのレッスン日でした。
今日も、アドリブソロを弾くレッスンでした。
ここのとろこ、ずっとこのレッスンでしたが、今日は、途中から久しぶりにテクニカルのレッスンになり、最終的にはスイープピッキングまで行きました。
このピッキングテクニックは、早弾きするためのものなのですが、私にはちょっとハイレベル過ぎるような気がします。
まあ、それでも、少しずつ練習すればできるとは思いますが・・・(^^;)
来週は、レッスンがないので2週間たっぷり練習しようとおもいます。



さて、今日もyoutubeを見ていたら、久しぶりに「Hallelujah」を見つけました。
私はJeff Buckleyバージョンが好きなのですが、プロからアマチュアの人まで本当に色々な人がカバーしていますよね。

実は、私も3年くらい前にワンコーラスだけ録音したことがありました。
確か、旧ブログの記事に貼り付けたような・・・・
ありました。
http://wish-musican.seesaa.net/article/43181713.html

記事の中のhttp://wish-musican.up.seesaa.net/image/Hallelujah1.mp3をクリックしたら聞けます。
これは、私のバージョンですが、今聞くとなんか歌い方がいやらしい~、そして苦しそうに歌ってますね。(^^;)

これを聞くと何となく歌ってみたくなるのが今の私です。
当時のアレンジが、思い出せないので、軽~いタッチで同じくワンコーラスだけ弾き語ってみました。
そして、勢いでちょっとしたオマケの曲まで・・・あくまでもオマケなので途中で終わりです。(^^;)


歌ってみて気づきましたが、この曲、結構歌うの難しいですね~。
だから、3年前もワンコーラスしか歌っていなかったんですね。(^^;;)

最後に今日見たyuotubeの中でのベストチョイスです。



多分アマチュアの方だと思いますが・・・・
発音が、ちょっと違うな~と思ってプロフィールを見たらフランスの方でした。

なぜ、この人がベストチョイスかって・・・それは、あくまでも私の主観ですがギターも歌も上手いんです。
それに、カメラ目線がたまらないんです。
一発でやられてしまいました。(*^_^*)タイプです。
久しぶりに、心がときめく女性に出会いました。

なので、速攻でこの人のページを登録してしまいました。

ギターで弾き語りする女性ってかっこいいですよね~
2010.05.23 探し物
・・はなんですか~♪、見つけにくい物ですか~♪・・・・(^^;)違うって・・・

今日は、suger.nさんのところへ、ライブの練習をしに行きました。
各曲の細かなところをチェックしながら、2クール合わせました。
それと、昨日アドバイスをいただいた曲も、こんな感じでやろうと打ち合わせをしてきました。
ライブの前の週は仕事なので、来週、もう一度合わせに行って、本番に臨みます。

さて、昨日、あるサイトを見ていたら、「自分の声は好きですか」という記事を見ました。
どうも、その方は自分が歌って録音した声が嫌いらしいです。
まあ、どう感じるかは人それぞれなのですが、直接コメントするとね・・・・そこで、ちょっとここで一言。

録音した声というのは、おそらく客観的に自分の声を聞いたんでしょうね。
私も、歌いながら聞く自分の声と、録音した声とのギャップを感じた経験があります。
こんなはずじゃなかったと・・・(^^;)
そして、私も自分が歌う声に????
その後、いつの間にか歌うのが苦手になりまた。

まあ、歌は苦手でしたがギターが好きだったので、ご存じの通り、宅録した演奏をマイサウンドにアップしたりしていました。
さすがに、いつも聞いていると、聞き慣れたせいもあって、声が嫌いという感情はなくなりました。(^^;)
自分の声ですから、変えようがないのですが、嫌いというのは・・・・

ところが、変わらないと思った声が、練習しているうちに変わったことに気づきました。
どのように変わったのかというのは、後ほどに。
とにかく変わってしまいました。

それで、いつの間にか歌うときの自分の声がわからなくなっています。
いったい、どんな声が自分の声だっのかな~状態です。

この記事を見ている人は、こいつ、いったい何を言っているんだろうと思うかもしれませんが、本当に、歌うときに自分の声がわからなくなっているんです。
そんな感じで、最近はずっと自分の声探しの旅に出ています。
お~い、私の声はどこ行った~。


さて、声の話題ついでにもう一つ、先日紹介した玉置浩二の「メロディー」ですが、今日、動画の音に自分の声を合わせてみたのですが、いくら聞いて合わせようとしても、同じ音が出ないんです。
たとえば、最近歌っているミスチルやレミオロメンだと、CDに合わせて同じ音が出せるのに、どんなにがんばってもダメでした。
音程が合っているのに、同じ音が出ないなんて・・・・不思議です。

いったい、何が違うんだろうと考えてみました。
その結果、多分、声の質が違うんだろうという結論になりました。

ここで、最近変わったことについてですが、歌うときに自分が出している声とは違う声が混じり始めたのです。
これって心霊現象か・・・違うって(-_-)
これが、また大変で、音程を合わせるときに、いったいどの音を合わせるんだと迷うときがあります。
ただでさえ、音程が不安定なのに、私を惑わせないで~って思うときがあります。

それで、自分の声の質と彼の声の質が、つまりその音が違うんだろうなということです。
これは、あくまでも私の私見ですが・・・、結局は、それはその人の個性だと結論づけました。

私の個性ですが、やっぱり早く自分の声を探さなくちゃね・・・・

最後に、今の自分の声が好きかどうかということですが、はっきり言うと好きです。(*^_^*)
まだまだ自分の声の良いところが見いだせませんが、約50年付き合っている自分の声ですからね、愛着がわいています。
だから、嫌いなんて申し訳なくて言えないです。
歌は下手でも、全てが自分の個性なので好きです。

その記事を書いた人も、いつか気づいて欲しいです。
物まねは別として、その声を出すことができるのは、世界で一人しかいないと言うことを。
そして、まずは自分の声を好きになって、その個性を大事にして生かして欲しいです。

あ~あ、言っちゃった・・・(^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。